抜群の人気を誇る時代小説作家・風野真知雄氏の新シリーズ「極道大名」。 2016年8月に完結した大人気シリーズ「大名やくざ」の、7年後が舞台です。 ここでは本シリーズがもっと楽しめる最新情報などをお知らせいたします。

~『極道大名』シリーズ刊行予定~
『極道大名』2017年9月14日(木)発売!

『極道大名』あらすじ

『極道大名』あらすじ

『極道大名』

久留米藩主・有馬虎之助には裏の顔がある。
なんと江戸のごろつきで知らぬ者はない極道 〈水天宮の虎〉なのだ。
そんな虎之助だが八 歳の将軍家継にはなぜか懐かれ、このかわいい将軍を支えて自分は副将軍にと目論んでいた。だがある日を境に事態は急変、かつて散散殴りつけた男の影がちらつき始め……。
帰ってきた伝説の暴れん坊、新シリーズ始動!

Amazonはこちら

電子書籍はこちら

このページの上へ▲

風野真知雄メッセージ

風野真知雄メッセージ

 お待たせいたしました。天下無敵のろくでなし、有馬虎之助が帰って参りました。じつは、物語はここからが本番。やくざ対将軍というとんでもない戦いが始まるのです。「大名やくざ」シリーズは一部読者に、これはやくざ礼賛ではないのかという誤解があったみたいですが、ちゃんとお読みになった方ならおわかりのように、ちっとも礼賛などしていません。虎之助は自分がろくでなしで、いずれこの世からいなくなるべき人間だというのをちゃんと自覚しています。そのうえで、悪が巨悪をやっつけるという、痛快な物語を繰り広げるのです。
 現実の世界もそうであるように、善人が巨悪に立ち向かうのはまず不可能。そんなときこそ、虎之助の出番でしょう。
 この極道者こそが、まさに現代のヒーローなのです!

このページの上へ▲

これまでの大名やくざ
これまでの大名やくざ

続々重版!『大名やくざ』あらすじ

虎之助は大身旗本・有馬家の次期当主。ところが屋敷を一歩出れば着流しを大きくはだけさせて目つき鋭く、「若親分!」と方々から声が飛ぶ。
じつはこの虎之助、侠客の大親分を祖父に持つ根っからのやくざだった――。
敵との縄張り争い、主筋の藩の跡目騒動、次々と舞い込む難題に稀代の暴れん坊がはったりと剣戟で対峙する!
痛快シリーズ第一弾

Amazonはこちら

電子書籍はこちら

 

続々重版!『大名やくざ 2 火事と妓(おんな)が江戸の華』あらすじ

やくざの若親分でありながら大名となった虎之助。だが藩士はみな軟弱で、これでは藩に任された火の御番も覚束ないと直々に鍛え始める。
そんな中、将軍の菩提寺で付け火騒動が起こり、火消しで名高い加賀藩と腕の優劣を巡る睨み合いに。雄藩相手に一歩も引かぬ虎之助だが、一方で風変わりな酒飲み太夫に惚れてしまい……。
痛快シリーズ第二弾!

Amazonはこちら

電子書籍はこちら

 

続々重版!『大名やくざ 3 征夷大将軍を脅す』あらすじ

藩に三十万両という莫大な借金があると知った虎之助。やくざなら踏み倒すところだが大名ではそうもいかない。そこで、恋仇で大金持ちの大商人・紀伊国屋に借金を押し付けて、ついでに二升太夫から振られるように仕向けようとあれこれ策を練る。
一方では祖父の遺言から将軍・綱吉の弱みに気付き、ある悪だくみを企てて――!? 
痛快シリーズ第三弾!

Amazonはこちら

電子書籍はこちら

 

重版出来!『大名やくざ4 飛んで火に入(い)る悪い奴』あらすじ

赤穂浪士の生き残り・寺坂吉右衛門が吉良の血筋・上杉家から命を狙われているという。虎之助は祖父と親しかった寺坂を守ろうと動くうち、やくざも驚く上杉家の狡猾な策に辿りつく。
一方で、家中の敵対派からは藩主として命を狙われ、やくざの縄張り抗争も激化の一途――。
虎之助の暴れっぷりに磨きがかかる、人気爆発の痛快シリーズ第四弾!

Amazonはこちら

電子書籍はこちら

 

『大名やくざ5 徳川吉宗を張り倒す』あらすじ

久留米藩の懐はまだまだ火の車。そこで藩主・虎之助は〈馬鹿につける薬〉という大儲け間違いなしの商いを思いつき、薬作りに自ら奔走する。
そんな折、丑蔵一家を束ねる母・辰の行方が知れなくなった。江戸最大のやくざ・万五郎一家の仕業と睨んだ虎之助は、怒り心頭で殴り込んでゆき……。
腕っ節と機転が武器の破天荒大名、痛快シリーズ第五弾!

Amazonはこちら

電子書籍はこちら

 

『大名やくざ6 虎の尾を踏む虎之助』あらすじ

参勤交代をさんざん先送りしてきた藩主・虎之助。
さすがにもう国入りしないとまずいがやくざの抗争が一触即発の今、実家の丑蔵一家から離れることもできない。
そんな折、虎之助はある偶然の出会いからこの難題を解く妙案を思いつく。
一方国許では〈陰の藩主〉が虎之助を早く殺したくて、うずうずしながら待っていた……。
痛快シリーズ第六弾!!

Amazonはこちら

電子書籍はこちら

 

『大名やくざ7 女が怒れば虎の牙』あらすじ

参勤交代をすっぽかし、やくざの若親分として江戸に留まる久留米藩主・虎之助。
勢力拡大を目論みスリの親分に近づくが話はすんなりまとまらず、虎之助の懐にある巾着を賭けて対決をすることに。
一方、藩主の虎之助を恨む有力者連合はあの手この手で失脚を画策し、その執念深さがついには将軍・綱吉の心を動かして……。
痛快シリーズ第七弾!

Amazonはこちら

電子書籍はこちら

 

『大名やくざ8 将軍、死んでもらいます』あらすじ

久留米藩主・虎之助がついに江戸の町に戻ってきた。まずはやくざの若親分として最大勢力の万五郎一家を潰したいところだが、相手は千二百人もの大軍勢。そこで虎之助が勝機を狙って挑んだのは、なんと相手の得意な舟いくさだった。
その一方、将軍綱吉に不審を抱かれたと察した虎之助は、とうとうこの国の首領とも戦うことに……!? 
度迫力の最終巻!

Amazonはこちら

電子書籍はこちら

 

このページの上へ▲

風野真知雄の本
風野真知雄の本

『爺いとひよこの捕物帳』 シリーズはこちら

『女だてら 麻布わけあり酒場』 シリーズはこちら

『大名やくざ』 シリーズはこちら

このページの上へ▲

『極道大名』地図
『極道大名』地図

このページの上へ▲

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定