• お知らせ
  • あらすじ
  • 著者紹介
  • 大鐘稔彦の本
  • SPECIAL
  • 立ち読み
お知らせ
  • 2017.08.01 シリーズ完結! 『孤高のメス 完結篇 命ある限り』発売!
TOP
『孤高のメス』あらすじ

『孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第1巻』

当麻鉄彦は、大学病院を飛び出したアウトサイダーの医師。国内外で腕を磨き一流の外科医となった彼は、琵琶湖のほとりの民間病院で難手術に挑み患者達の命を救っていく。折しも、大量吐血して瀕死の状態となった「エホバの証人」の少女が担ぎ込まれる。信条により両親は輸血を拒否。一滴の輸血も許されない状況で、果たして手術は成功するのか。

Amazonでのご購入はこちら
電子書籍でのご購入はこちら(幻冬舎plus)

『孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第2巻』

当麻の評判は日ごとに高まった。そんな時、近江大の実川助教授から二歳の幼児の「肝臓移植」を手伝って欲しいと頼まれる。一か八か、残された方法はそれだけだった。快諾する当麻だが、抜け駆けは許さんとする他の外科医の妬み、手術の失敗を恐れる大学病院の保守的な壁にぶつかってしまう。風前の灯となった生命を前に当麻達の苦闘が始まる。

Amazonでのご購入はこちら
電子書籍でのご購入はこちら(幻冬舎plus)

『孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第3巻』

実川の上司である卜部教授は、頑として肝臓移植を認めなかった。だが定年後のポストに不安を覚えていた卜部は、手術が成功すれば有名国立病院の院長に推挙するというある人物との裏取引により態度を一変させる。かくして幼児の手術にゴーサインが出され、極秘に本邦初の生体肝移植が始まる。当麻も駆けつけるが、そのとき母危篤の知らせが…。

Amazonでのご購入はこちら
電子書籍でのご購入はこちら(幻冬舎plus)

『孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第4巻』

実川は一躍マスコミの寵児となり、母親と一緒に映る幼児の元気な姿が新聞を賑わした。だが喜びも束の間、容態が悪化していく。この手術の成功に定年後のポストがかかった卜部教授は、最悪の結果となった場合、当麻の手術に原因があったと発表しろと実川に言い渡す。折しも幼児の心臓が停止した。果たして、この小さな命を救うことはできるのか。

Amazonでのご購入はこちら
電子書籍でのご購入はこちら(幻冬舎plus)

『孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第5巻』

卜部大造が急死した。すぐに後任の教授選が始まり実川も名乗りを上げる。折しも、実川のもとに脳死肝移植の依頼が飛び込んだ。成功すれば間違いなく教授の座を射止められるが、失敗すれば万事休すだ。一方、当麻の身辺も慌ただしくなる。翔子の父大川町長は肝硬変が進んで危篤に陥った。当麻は肝臓移植が救命し得る最後の手段だと告げるが…。

Amazonでのご購入はこちら
電子書籍でのご購入はこちら(幻冬舎plus)

『孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第6巻』

前人未到の脳死肝移植を成功させた当麻は、達成感に身を震わせた。しかしそれは激しいバッシングの始まりでもあった。院内の医師からの抗議、県警からの査問、肝移植研究会の除名勧告など予想外の出来事が起きる。理解者だった島田院長も、近江大が医師派遣停止の通達をするや支え切れなくなる。孤立を深めた当麻は、ついにある決断を下す―。

Amazonでのご購入はこちら
電子書籍でのご購入はこちら(幻冬舎plus)

『孤高のメス 神の手にはあらず 第1巻』

前人未踏の脳死肝移植を成功させながら激しいバッシングにあい、病院を辞した当麻鉄彦。彼を守りきれなかった病院からは次々と医師が去り、経営に暗雲が垂れこめる。一方当麻は、後を追ってきた矢野とともに、台湾で患者の命を救い続けていた。そんな折、日本での手術が絶望的になった「エホバの証人」の癌患者が一縷の望みで当麻を訪ねてくる…。

Amazonでのご購入はこちら
電子書籍でのご購入はこちら(幻冬舎plus)

『孤高のメス 神の手にはあらず 第2巻』

当麻は台湾でも着実に評価を高め、日々多くの患者が訪れていた。そんな折、台湾の国際外科学会に、彼が日本を去る一因を作った反当麻の急先鋒、徳武が顔を見せ、不穏な空気が流れる。一方、当麻を失った病院では、医療の質が落ち、患者の数は減るばかり。経営が悪化する中、島田院長の言動に明らかな異変が現れ、事務長らは追い込まれて行く…。

Amazonでのご購入はこちら
電子書籍でのご購入はこちら(幻冬舎plus)

『孤高のメス 神の手にはあらず 第3巻』

恩師・羽島から自らの癌手術に立ち合って欲しいとの依頼を受け、久しぶりの日本で手術に臨んだ当麻。かつてのライバルとのわだかまりも消え、心地よい一献を傾ける。一方古巣の甦生記念病院では、盲腸の手術中に起こった麻酔事故で患者が脳死状態に陥ってしまう。患者の弁護士と外科医長・荒井は激しく対立、ついに訴訟問題に発展してゆく―。

Amazonでのご購入はこちら
電子書籍でのご購入はこちら(幻冬舎plus)

『孤高のメス 神の手にはあらず 第4巻』

死亡肝移植によって一命をとりとめた大川が拒絶反応を起こし、再手術のため台湾へ来る。当麻は翔子もまた病魔に侵されていることを告げ、自らメスを執った。最愛の翔子と共に生きるため、古巣の甦生記念病院へ戻る決心を固める当麻。しかし病魔は静かに翔子の体を蝕んでいた…。

Amazonでのご購入はこちら
電子書籍でのご購入はこちら(幻冬舎plus)

『孤高のメス 遥かなる峰』

練達の外科医・当麻の噂を聞きつけ、甦生記念病院には難しい患者たちが次々と訪れる。ある日、やせ衰えた患者を見かけて驚愕する当麻。それはかつての部下、江森京子の変わり果てた姿だった。死を目前にした京子に当麻は亡き妻の親友・富士子が勤めるホスピスへの転院を提案するが―。

Amazonでのご購入はこちら
電子書籍でのご購入はこちら(幻冬舎plus)

『孤高のメス 死の淵よりの声』

当麻鉄彦のもとに末期癌の患者が訪れる。苦慮の末、選択した抗癌剤が劇的に効き、患者はめざましい回復を見せるが、折しもその頃、日本癌治療学会では、癌と戦うなと唱えて一躍時の人となった菅元樹の発言をめぐり、シンポジウムが紛糾するのだった――。

Amazonでのご購入はこちら
電子書籍でのご購入はこちら(幻冬舎plus)

『孤高のメス 完結篇 命ある限り』

劇症肝炎で死の淵をさまよう藤城の生体肝移植を、かつての上司、久野の制止を振り切って敢行する当麻。一方、衆院選を目前に控えた鉄心会の理事長、徳岡は病魔に侵されていた。かつて会を追われ復讐を目論む荒井の立候補を知り、対抗馬として当麻の亡妻の父、大川松男を擁立するーー。医学界の現実を鋭くえぐる医療ドラマの最高峰、完結。

Amazonでのご購入はこちら
電子書籍でのご購入はこちら(幻冬舎plus)

TOP
著者紹介

大鐘稔彦

1943年愛知県生まれ。京都大学医学部卒。早くより癌の告知問題に取り組み「癌患者のゆりかごから墓場まで」をモットーにホスピスを備えた病院を創設。手術の公開など先駆的医療を行う。「エホバの証人」の無輸血手術をはじめ手がけた手術は約六千件。現在は淡路島の診療所で僻地医療に従事する。小説、エッセイなど著書多数。

TOP
大鐘稔彦の本

『緋色のメス』(上・下)はこちら

『緋色のメス(上)』
Amazonでのご購入はこちら
電子書籍はこちら(幻冬舎plus)

『緋色のメス(下)』
Amazonでのご購入はこちら
電子書籍はこちら(幻冬舎plus)

TOP
SPECIAL

映像化作品紹介 「孤高のメス」

DVDはこちら(幻冬舎plus)

TOP
完結フェア

『孤高のメス完結記念フェア』を8/4(金)~8/17(木)の期間限定で開催いたします。
この機会をお見逃しなく!

①『孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第1巻』を期間限定で無料公開いたします。
立ち読みは→こちらから

②『孤高のメス シリーズ13冊完結セット【電子版限定】』を期間限定で30%OFF!
※詳しくは各電子書籍ストアでご確認ください。

TOP
  • お知らせ
  • あらすじ
  • 著者紹介
  • 大鐘稔彦の本
  • SPECIAL
  • 完結フェア
お知らせ
  • 2017.08.01 シリーズ完結! 『孤高のメス 完結篇 命ある限り』発売!
TOP
『孤高のメス』あらすじ

『孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第1巻』

当麻鉄彦は、大学病院を飛び出したアウトサイダーの医師。国内外で腕を磨き一流の外科医となった彼は、琵琶湖のほとりの民間病院で難手術に挑み患者達の命を救っていく。折しも、大量吐血して瀕死の状態となった「エホバの証人」の少女が担ぎ込まれる。信条により両親は輸血を拒否。一滴の輸血も許されない状況で、果たして手術は成功するのか。

Amazonでのご購入はこちら
電子書籍でのご購入はこちら(幻冬舎plus)

『孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第2巻』

当麻の評判は日ごとに高まった。そんな時、近江大の実川助教授から二歳の幼児の「肝臓移植」を手伝って欲しいと頼まれる。一か八か、残された方法はそれだけだった。快諾する当麻だが、抜け駆けは許さんとする他の外科医の妬み、手術の失敗を恐れる大学病院の保守的な壁にぶつかってしまう。風前の灯となった生命を前に当麻達の苦闘が始まる。

Amazonでのご購入はこちら
電子書籍でのご購入はこちら(幻冬舎plus)

『孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第3巻』

実川の上司である卜部教授は、頑として肝臓移植を認めなかった。だが定年後のポストに不安を覚えていた卜部は、手術が成功すれば有名国立病院の院長に推挙するというある人物との裏取引により態度を一変させる。かくして幼児の手術にゴーサインが出され、極秘に本邦初の生体肝移植が始まる。当麻も駆けつけるが、そのとき母危篤の知らせが…。

Amazonでのご購入はこちら
電子書籍でのご購入はこちら(幻冬舎plus)

『孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第4巻』

実川は一躍マスコミの寵児となり、母親と一緒に映る幼児の元気な姿が新聞を賑わした。だが喜びも束の間、容態が悪化していく。この手術の成功に定年後のポストがかかった卜部教授は、最悪の結果となった場合、当麻の手術に原因があったと発表しろと実川に言い渡す。折しも幼児の心臓が停止した。果たして、この小さな命を救うことはできるのか。

Amazonでのご購入はこちら
電子書籍でのご購入はこちら(幻冬舎plus)

『孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第5巻』

卜部大造が急死した。すぐに後任の教授選が始まり実川も名乗りを上げる。折しも、実川のもとに脳死肝移植の依頼が飛び込んだ。成功すれば間違いなく教授の座を射止められるが、失敗すれば万事休すだ。一方、当麻の身辺も慌ただしくなる。翔子の父大川町長は肝硬変が進んで危篤に陥った。当麻は肝臓移植が救命し得る最後の手段だと告げるが…。

Amazonでのご購入はこちら
電子書籍でのご購入はこちら(幻冬舎plus)

『孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第6巻』

前人未到の脳死肝移植を成功させた当麻は、達成感に身を震わせた。しかしそれは激しいバッシングの始まりでもあった。院内の医師からの抗議、県警からの査問、肝移植研究会の除名勧告など予想外の出来事が起きる。理解者だった島田院長も、近江大が医師派遣停止の通達をするや支え切れなくなる。孤立を深めた当麻は、ついにある決断を下す―。

Amazonでのご購入はこちら
電子書籍でのご購入はこちら(幻冬舎plus)

『孤高のメス 神の手にはあらず 第1巻』

前人未踏の脳死肝移植を成功させながら激しいバッシングにあい、病院を辞した当麻鉄彦。彼を守りきれなかった病院からは次々と医師が去り、経営に暗雲が垂れこめる。一方当麻は、後を追ってきた矢野とともに、台湾で患者の命を救い続けていた。そんな折、日本での手術が絶望的になった「エホバの証人」の癌患者が一縷の望みで当麻を訪ねてくる…。

Amazonでのご購入はこちら
電子書籍でのご購入はこちら(幻冬舎plus)

『孤高のメス 神の手にはあらず 第2巻』

当麻は台湾でも着実に評価を高め、日々多くの患者が訪れていた。そんな折、台湾の国際外科学会に、彼が日本を去る一因を作った反当麻の急先鋒、徳武が顔を見せ、不穏な空気が流れる。一方、当麻を失った病院では、医療の質が落ち、患者の数は減るばかり。経営が悪化する中、島田院長の言動に明らかな異変が現れ、事務長らは追い込まれて行く…。

Amazonでのご購入はこちら
電子書籍でのご購入はこちら(幻冬舎plus)

『孤高のメス 神の手にはあらず 第3巻』

恩師・羽島から自らの癌手術に立ち合って欲しいとの依頼を受け、久しぶりの日本で手術に臨んだ当麻。かつてのライバルとのわだかまりも消え、心地よい一献を傾ける。一方古巣の甦生記念病院では、盲腸の手術中に起こった麻酔事故で患者が脳死状態に陥ってしまう。患者の弁護士と外科医長・荒井は激しく対立、ついに訴訟問題に発展してゆく―。

Amazonでのご購入はこちら
電子書籍でのご購入はこちら(幻冬舎plus)

『孤高のメス 神の手にはあらず 第4巻』

死亡肝移植によって一命をとりとめた大川が拒絶反応を起こし、再手術のため台湾へ来る。当麻は翔子もまた病魔に侵されていることを告げ、自らメスを執った。最愛の翔子と共に生きるため、古巣の甦生記念病院へ戻る決心を固める当麻。しかし病魔は静かに翔子の体を蝕んでいた…。

Amazonでのご購入はこちら
電子書籍でのご購入はこちら(幻冬舎plus)

『孤高のメス 遥かなる峰』

練達の外科医・当麻の噂を聞きつけ、甦生記念病院には難しい患者たちが次々と訪れる。ある日、やせ衰えた患者を見かけて驚愕する当麻。それはかつての部下、江森京子の変わり果てた姿だった。死を目前にした京子に当麻は亡き妻の親友・富士子が勤めるホスピスへの転院を提案するが―。

Amazonでのご購入はこちら
電子書籍でのご購入はこちら(幻冬舎plus)

『孤高のメス 死の淵よりの声』

当麻鉄彦のもとに末期癌の患者が訪れる。苦慮の末、選択した抗癌剤が劇的に効き、患者はめざましい回復を見せるが、折しもその頃、日本癌治療学会では、癌と戦うなと唱えて一躍時の人となった菅元樹の発言をめぐり、シンポジウムが紛糾するのだった――。

Amazonでのご購入はこちら
電子書籍でのご購入はこちら(幻冬舎plus)

『孤高のメス 完結篇 命ある限り』

劇症肝炎で死の淵をさまよう藤城の生体肝移植を、かつての上司、久野の制止を振り切って敢行する当麻。一方、衆院選を目前に控えた鉄心会の理事長、徳岡は病魔に侵されていた。かつて会を追われ復讐を目論む荒井の立候補を知り、対抗馬として当麻の亡妻の父、大川松男を擁立するーー。医学界の現実を鋭くえぐる医療ドラマの最高峰、完結。

Amazonでのご購入はこちら
電子書籍でのご購入はこちら(幻冬舎plus)

TOP
著者紹介

大鐘稔彦

1943年愛知県生まれ。京都大学医学部卒。早くより癌の告知問題に取り組み「癌患者のゆりかごから墓場まで」をモットーにホスピスを備えた病院を創設。手術の公開など先駆的医療を行う。「エホバの証人」の無輸血手術をはじめ手がけた手術は約六千件。現在は淡路島の診療所で僻地医療に従事する。小説、エッセイなど著書多数。

TOP
大鐘稔彦の本

『緋色のメス』(上・下)はこちら

『緋色のメス(上)』
Amazonでのご購入はこちら
電子書籍はこちら(幻冬舎plus)

『緋色のメス(下)』
Amazonでのご購入はこちら
電子書籍はこちら(幻冬舎plus)

TOP
SPECIAL

映像化作品紹介 「孤高のメス」

DVDはこちら(幻冬舎plus)

TOP
完結フェア

『孤高のメス完結記念フェア』を8/4(金)~8/17(木)の期間限定で開催いたします。
この機会をお見逃しなく!

①『孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第1巻』を期間限定で無料公開いたします。
立ち読みは→こちらから

②『孤高のメス シリーズ13冊完結セット【電子版限定】』を期間限定で30%OFF!
※詳しくは各電子書籍ストアでご確認ください。

TOP
この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定