いよいよ夏本番となりました。
休日まで蒸し暑い外には出掛けたくない。クーラーの効いた部屋で……そう、
猫たちみたいにゴロゴロと小説幻冬を読んでいたい!

そんなあなたに朗報です。

今月号の小説幻冬猫特集!
大人気の猫マンガ家、そにしけんじさん猫だからね発売に合わせて、
小説幻冬を猫たちがジャックしちゃいました!

【編集部発「猫がかわいすぎる」でスタート】

【もう一冊はどの猫マンガにするニャ?】

【なんと小説の扉にも猫が!】

そにしけんじさんの今までの猫マンガ作品解説に加え、藤田香織さんと吉田大助さんが「猫と本を愛する二人が選ぶ“マイベスト猫マンガ”10」と題し猫マンガを熱く語り、また、猫愛に溢れるたくさんの方々にエッセイをご寄稿いただきました!

〈Essay 猫だからね〉
石黒由紀子「ほんとのことを教えて」
角田光代「トトという個性」
いくえみ綾「シアワセはこうして作られる。」
大山淳子「そしておばさんは作家になった」
井上荒野「猫と睡眠」

清水ミチコ「世界中の猫は私のもの」
今日マチ子「スマホで「ちゃちゃっと」とは言いますが…」
山田稔明「三毛猫ポチ実はかく語りき」

 

「小説幻冬」ならではの超豪華、猫特集!
犬派のあなたも、きっと猫が好きになることでしょう。


◆特集2つ目は、わたなべぽんさん『やめてみた。』

累計15万部のベストセラー!

わたなべぽんさんやめてみた。
この夏に続編もっと、やめてみた。も発売となりました。
感動の輪が全国に広がっています。

「おもわず泣いてしまいました」
「ぜったい手元に置いておきたい!」

ただ物を減らすだけじゃない。
心の中もすっきりしてくる「やめてみた」とは何なのか。
その内容をダイジェストでご紹介。
また新刊もっと、やめてみた。より第1話を掲載します。


◆「平成」とは? 新連載は骨太の論考

慶應義塾大学教授である片山杜秀さんによる「平成という時代」が連載スタートです。
6月16日に公布された「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」。
居酒屋でも「“平成”の次って何になんのかな?」なんて声が増えてきたように思います。
そんな今こそ「平成って何か?」を知り、考えてみてはいかがでしょうか。


◆小説も大人気連載目白押し!

直木賞&本屋大賞受賞作蜜蜂と遠雷後日譚
恩田陸さん「祝祭と掃苔」

映像現場を舞台にしたお仕事エンターテインメント
有川浩さん「イマジン? contents2 罪に罰」

また、

小川糸さん「キラキラ共和国 ツバキ文具店

上田秀人さん「妾屋の四季 夏の章

せきしろー又吉直樹さん「ザーサイがでかい」

小林賢太郎さん「こばなしけんたろう」


などなど、話題の連載が目白押しです!

花火大会に海に盆踊りもいいけれど、
今年の夏休みは部屋で小説幻冬で決まりだニャ!

かわいい猫たちをぜひ書店で手に取ってご覧下さい♪

<「小説幻冬」2017年8月号 目次>

<「小説幻冬」2017年8月号執筆陣(掲載順・敬称略)>
【特集】猫だからね<そにしけんじの猫マンガの世界>/(対談)藤田香織×吉田大助/(エッセイ)石黒由紀子、角田光代、いくえみ綾、大山淳子、井上荒野、清水ミチコ、今日マチ子、山田稔明
【小説】有川浩、髙田郁、恩田陸、小川糸、中村文則、原田マハ、川上弘美、坂井希久子、神永学、上田秀人、澤田瞳子、増田俊也、葉真中顕、あさのあつこ、鈴木おさむ、歌野晶午、能町みね子、石原慎太郎
【エッセイ】中谷美紀、せきしろ―又吉直樹、町田康、群ようこ、曽野綾子、ブラックマヨネーズ吉田敬、ハルノ宵子、角幡唯介
【創作】小林賢太郎
【評論】片山杜秀、井上章一
【コミック】きびちゅー
【対談】ジェーン・スー/田中俊之、
【インタビュー】瀧井朝世/澤村伊智
【ブックガイド】KIKI、細谷正充、西上心太
【from 小説幻冬】わたなべぽん『もっと、やめてみた。』刊行記念特集

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

プレゼント

小説幻冬の創刊1周年を記念し、創刊号から最新の創刊1周年号までの計13冊をセットにして、幻冬舎plusの無料会員様の中から抽選で3名様にプレゼントいたします。
会員でない方も会員登録(無料)をしていただくと今すぐご応募できます!奮ってご応募ください。(11月26日締切)

関連雑誌

→小説幻冬の購入はこちら(Amazon)
→小説幻冬の購入はこちら(Fujisan)