1 「マツイ棒」まで使ってお掃除する女って怖くない?

「いや~、こんなきれいなお姉さんと飲めて」

「お姉さんって歳でもないですけど……」

「そうだね。もう、おばさんか」

カウンターで冷えた日本酒を飲みながら、私より8つ年上の男は軽く笑う。自分で卑下する分には何の問題もないことが、他人からあえて口にされることで刺さるように感じる。続けて彼は言う。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

山口真由『ハーバードで喝采された日本の「強み」』(扶桑社)
山口真由『リベラルという病』(新潮新書)