わたしたちは相手の印象を、ほぼ90%の確率で、目元をみて判断しているといわれています裏を返せば、「こんな美人になりたい」という印象をかなえるためには、そのイメージに合った目元をつくればいい、ということになります。(『なりたい美人になれる秘密の目元テクニック50』より
 実は、ちょっとした目元メイクのテクニックや適切なケア方法、プロならではのパーツバランスの考え方を取り入れるだけで、誰でも簡単に「美人」に近づくことができるんです。第5回では、30代以上の女性必読! イタくならないカラコンの選び方・取り入れ方を紹介します。


 

 

 白目と黒目の理想的なバランスは1:2:1。アイメイクでバランスを整える方法もありますが、もっと手軽なのがカラコンです。カラコンは盛るためのものと思いがちですが、心強い手抜きアイテム。

 30代、40代の大人に合うカラコンが今はたくさん出ています。毎日でなくても、大事なプレゼン、デートなど、よりきれいな目元で出かけたいときにぜひ試してみてください。

 カラコンは必ず専門店で、お店の人に相談しながら自分に合ったものを購入してください。「私の顔は上心顔でクールに見られやすいので、印象を柔らかくするにはどんなコンタクトがいいですか?」といった、自分の見せたい印象を相談するのがベストです。

【カラコン選びのポイント】

1. 直径は13~14㎜くらいがベストバランス。

2. おすすめは、縁がくっきりしすぎないサークルレンズ。ナチュラルな印象で黒目を大きくすることができます。

3. 自分の瞳と重なったときに、黒々しくなりすぎないものを。黒目の色素を薄くしたほうが、マスカラやまつ毛エクステの黒さは際立ちます。

【なりたいイメージ別おすすめカラコン】
 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

『なりたい美人になれる秘密の目元テクニック50』
アイ・オブ・ザ・イヤー実行委員会・著
書籍はコチラ