国内外で美味しいものを食べまくっているツレヅレハナコさん。食い意地全開のアジア食べ歩きレポートです。GW真っ只中ということで今まさに香港、台湾にいる!という方はもちろん、旅行気分が高まっている方にもオススメです。

 

日本で「お粥」と言えば、体調が悪いときに食べる味気のないもの……。
でも香港では、お粥=外食の立派な一ジャンル。
街を歩けばお粥の専門店が多数あり、早朝から真夜中までにぎわうのだそう。

留美子さんも「香港に来たら必ず行くお粥屋さん」があるそうで、
さっそくおじゃましたのは「威記粥店」。→威記粥店の詳細を見る(食べログへ)。
私たちが伺ったのは昼過ぎだったので割とすいていましたが、
朝食の時間帯はものすごい混雑なのだとか。

メニューを眺めても私はよくわからないものの、
具は定番の油条だけでなく魚のすり身団子、チャーシューなどよりどりみどり。
でも、ふと目に入った「広東スタイル」と書いてあるものが面白そう…。
なんなのかは確かめもせず、これに決めた!
留美子さんは「定番のピータン入り一択!」だそうで、サクッと注文。
すると、1分くらいで出てきました。早い。

おおー、この粒が見えないほどのどろっと具合。消化によさそう。笑
ひと口食べてみると、ものすごくだしが効いています! 
お、おいしーい!

水だけで炊く日本のお粥と違い、スープに油をまぶした米を入れ、
米の花がパッと咲くまでどろりと煮こむのが香港式。
だしに使われる貝柱や鶏などのうま味をぎっしり吸い込んだ米は、
「さすが湯(スープ)文化!」と手をたたきたくなるほど悶絶のおいしさです。

 

そして、スプーンを器の底まで入れてすくってみると……
ええっ!? これって……生のひき肉!?

なんと熱々のお粥の熱で、肉に火を通すらしい。
ビックリしつつも一気に混ぜてしばらく置いたら、
きちんと肉の色が変わっていた。へー、面白いなあ…。
それにしても、これほど滋味深い味のものを、
ファーストフード感覚で食べられるなんてすばらしすぎる。
お値段も1杯200~300円。

お粥を食べたものの、「まだまだいけるわ~」というわけで次のお店へ。
香港に来たなら「皮がパリパリに焼かれた肉」を食べたーい!
「それならここ」というわけで、評判も名高い「一樂燒鵝」へ急ぎます。→一樂燒鵝の詳細を見る(食べログへ)

驚いたのは、なんと店頭に行列ができていること。
入り口の張り紙を見るとミシュランをとっているそうで、
香港の人にとってもグルメスポット的なお店なのかしらね……。

店の中はぎゅうぎゅうで、皆が一心不乱にワシワシと食べています。
おお…なんたるエネルギーあふれる光景! いいねえ!

ここで食べるべきは、がちょうと豚肉のロースト。
看板メニューだけあり、これを組み合わせたセットがあったので迷わず注文。
きゃー、たまらんね。最高だね。
そして、「ビールあります?」と聞くと、半笑いで「メイヨー(ない)」…。
そうなのです。香港の人って、本当に食事中にお酒を飲まない。
周りを見れば、皆がごはんの上にローストをのせたものを食べつつ、
コーラやミルクティーを飲んでいる…おお、なぜそれで平気なのですか!泣

文句を言っても仕方ないので、おとなしく待つこと数分。
来ました! がちょうローストと豚ロースト。

下にあるのが豚で、皮は唇が切れそうなほどガリゴリ。
甘くとろける脂身とのコントラストがすばらしい。
添えてある甘酸っぱいプラムソースをつけて食べると、また新たな味わいに出会えます。

上にのったあめ色に輝く肉はがちょう。
「パリン」という音が聞こえそうなほどパリパリの皮がすごい!
そして、ふわっと五香粉の香りがする肉も超しっとり……。
いやはや、ローストは大好物なので日本の中華料理店でもよく食べるのですが、
これほどのものは食べたことがありません。絶句。

お粥もローストもデイリーに食べられているものなのに、この技術とクオリティの高さ!
さすがすぎる美食文化に、ここでも圧倒されたのでした。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

<ツレヅレハナコさんの好評既刊はこちら!>

ツレヅレハナコ『女ひとりの夜つまみ』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

ちょっと飲みたい夜のお供にぴったりの1冊。
夕飯がわりにもなる簡単レシピが満載です。

おいしいお酒とお手軽つまみで夜は完璧!
お酒とお酒に合う食べ物のことばかり考えている人気ブロガー・ツレヅレハナコさんによるつまみレシピ本。

本書の特徴は、なんといっても簡単!すぐ出来ること!
お酒索引もあるので、その日の気分に合わせて「今日のつまみ」を気軽に作ってみてください。
一日の最後がちょこっと楽しくなる、そんなレシピとエッセイが満載です。