毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2017.07.15

不倫のご縁は成就するのか?

真木あかり

不倫のご縁は成就するのか?
 

 占いのご相談の中でもかなりの割合を占めるのが、不倫のお悩みです。『ボヴァリー夫人』『肉体の悪魔』といった古典から、『美徳のよろめき』『失楽園』、最近では『昼顔』『あなたのことはそれほど』に至るまでさまざまな作品で題材とされるように、結婚制度あるところに不倫あり。タレントやアーティストの不倫騒動も、連日のようにメディアを賑わせています。

 不倫の是非については、パートナーの心理的瑕疵や子どもの問題、法的な視点などさまざまな問題がありますが、ここでは多くの方のお悩みに接してきた占い師という立場から見た「ご縁」という視点で語らせていただきます。不倫している方もされてしまったパートナーも、お辛いのは存じ上げているつもりです。どなたも傷つけるつもりはありませんし、断罪するつもりもありません。実は、いろいろなご相談をお請けする中でも胸を痛めずにはいられないのが不倫のお悩みです。占い師が辛くなっても意味はないのですけれども、ちょっとだけお話しさせてくださいね。

不倫相手と結婚できる可能性はあるのか?

 不倫の縁もご縁です。出会ったからにはすべて縁があります。占い師に悪縁と言われて悩みを抱える人も多いのですが、縁そのものに良し悪しがあるわけではない、というのが私の見方です。
 実際、私が鑑定とアドバイスをさせていただいた中でも、思いを貫いて離婚し、成就に至った方々もおられます。私の実感値ではだいたい数%。決して多くはありません。シングル同士の恋がすべて結婚に至るものではないように、縁には強弱があります。それに加え、すでになされている結婚という契約、子どもというかすがい、世間体や慰謝料といったものが抑止力となってご縁を弱いものにしているのですね。海外のスピリチュアル系の書籍では「不倫をして結ばれても幸せになれない」という論旨がよく見られますが、これは多分にキリスト教的な価値観が影響しているのではと私は考えています。

 W不倫の場合は、また別の困難があります。「パートナーの愛情を感じられない淋しさや心の穴を埋めたい」という欠乏感ですね。「まだまだ男(女)としていける」「忘れていた恋のときめきを思い出した」も同様です。セックスレスに悩んでいる場合は特に深刻で、女性(男性)として見てもらえない、このまま終わってしまうのかという欠乏感は過酷なものです。愛し合って結婚したはずのパートナーも半分は責任を負っているのに、ひとりで苦しみを抱え続けなければいけない。これがどれほど辛いものか。精神的には半分死んだような、そんな思いを抱えて生きている方も少なくありません。

 ただ、欠乏感から始まったご縁というものは、とてもはかないものです。無意識のうちに「愛情で満たして欲しい」「一番に思っていて欲しい」と相手に求めてしまうのですが、人をコントロールしようとすると残念ながら縁は切れやすくなってしまう性質があります。淋しい時はそう思うのが人の心理としては自然なことと思いますが、誰かの欠乏感を埋めるために生きられる人は多くありません。不倫の場合はなおさらです。埋められない穴は無意識のうちに怒りから執着へと変わり、相手を遠ざけていくことになるのです。

“思い”が目を曇らせることもある

 困難があっても結ばれたご縁です。「これは特別な縁なのだ」「真実の愛だ」とご自分に言い聞かせるように語ってくださる方もたくさんいらっしゃいます。実際に鑑定をさせていただくと、確かに強いご縁をお持ちの場合もあります。ただ、多くは普通か、弱いかどちらかです。

 酸いも甘いも噛み分けてから経験した愛は、若い頃にしたフレッシュな愛とは違っていることでしょう。それは確かですが、不倫というものはいわば、ときめきや情熱、かっこいい自分やカワイイ態度など、恋のおいしいところだけを味わうもの。人生や生活に関するつまらない雑事は“それ以外”の時間でやることです。そうなると、どうしても特別な時間に思えますよね。

 心理学的にも、制限があるものに人は価値を見出しやすいことは明白です。さらには、これは女性側に顕著ですが「これが最後の恋になるかもしれない」という恐れもあります。不倫というのは、かくもいろいろな条件が絡み合ってバイアスがかかりやすいもの。そしてはじまりの頃の「一緒にいるだけでも楽しかった」「目が合うだけでも嬉しかった」という気持ちは執着に変わり、どんどん辛いものになってしまいます。

大切にすべきなのは、自分の人生を生きること

 不倫を推奨するわけではありませんが、ご縁という観点から見るならば、不倫は「わかりやすく愛し愛されること」を求めないほうが良いのです。相手を信じ、今を楽しみ、相手に執着せずに自分の人生を生きるのが一番の選択となります。実際、鑑定させていただいた中でも成就した方というのは、そのようなスタンスでいらした方が多いです。

 それでは「都合のいい存在」になるのではと心配される方もおられます。ただ、それで終わってしまう関係ならその程度のもの。今ある時間と気力をすべて注ぎこんで尽くしたとしても、追いすがったとしても、同じことです。人は幸せになるために生きているのですから、わざわざ不幸になるようにハンドリングしてご縁まで切れる方向に仕向けることはないでしょう。今日、縁が切れてもいいと思えるほどに一瞬一瞬を過ごしていく覚悟が、不倫のご縁には必要だと私は考えています。それにはやはり、誰に依存するでもなく自分の人生を生きるという姿勢は不可欠なのです。

 本コラムの始めのほうで「成就するのは数%」と書かせていただきました。これを読んで、少なからず落胆した人もいたかと思います。ごめんなさい、傷つけるつもりはなかったのです。ただ、ここで「そんなに少ないのか。もう無理だ」と思われる方は、占いという観点から見ると成就しにくい方といえます。こういう方の場合「だめな理由」「だめになりそうな証拠」ばかりに目を向ける傾向があるので、たとえ相手に愛があったとしても、次第に壊れていきやすいのですね。逆に「可能性はゼロではないんだ。じゃあ頑張ろう」と思える方であれば、恋人との関係も長続きしやすく、結果的に成就する可能性が高いです。

 ところで、今は関係が始まっていなくとも、秘めた思いを胸に抱えている方もいらっしゃると思います。それもまたお辛い状態であるとお察ししますが、どうぞ慎重に、とお伝えしたく思います。相手に告げることなく、その存在をぎゅっと抱きしめたまま生きるという道も、あるのですから。出会えただけでもご縁です。どうぞ、大切にしていただきたいと、願ってやみません。

「泥棒だからやめなさい」という占い師さんは……

 不倫で苦しむ方が多いのは事実です。占い師としてたくさんのご相談者様の声に耳を傾けて参りましたが、全身で声なき叫びを上げているような方に接するたびに胸が痛んでなりません。実は、不倫というテーマは占い師でも対応はさまざまで、絶対に受けないという方もおられれば、「不倫は泥棒だから今すぐやめろ」と一貫した意見を述べる方も多くおられます。「お説教はやめてください」と書き添えてご依頼をくださるご相談者様は少なからずおられますが、この方はどれだけ傷つきながらも希望を探してさまよってきたのだろうと、傷の深さを思わずにはいられません。

 私個人は、不倫はお勧めはしませんが肯定も否定もしませんし、お説教もしません。「ご相談者様が悩みを抱えている以上、どのような内容でも向き合わせていただく」というのが占い師としての務めと自分に決めているためです。その上で、見えたものをすべてお伝えしています。ただ、お説教をする占い師さんも、たくさんの苦しむ人々を見てきたからこそ敢えて厳しいことを言って止めようとなさるのかもしれません。どちらが良いのかはわかりません。私もいつか、憎まれてもいいからお説教がベストと考えるようになるのかもしれません。ただ、今、苦しみ続けている方の一助となればと思ってこれを書きました。

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 不確かな未来と冒険の物語を、その情熱で捕まえて、前へ進め!!
  • 異世界に転生した冒険者の視点から、経営のコツとビジネススキルが学べる、異色のビジネスライトノベル。
  • ワケあり男女がシェアハウスに!
  • 人気芸人の、笑って、共感して、思わず沁みるエッセイ集。
  • 物語が、海を超えてつながった——!
  • 専門知識不要、伸び続ける投資法のしくみがわかる
  • シンギュラリティに向かう時代のビジネスチャンスを読み解く、必読の一冊。
  • 神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
美人かどうかは目元で決まる。
学生限定 全商品10%キャッシュバック中!
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!