7回にわたってお送りした、整理収納アドバイザー村上直子さんによる新米美容師Yさんのお部屋整理。劇的に変わったお部屋とライフスタイルのビフォア&アフターをまとめます。

※それぞれの詳細は本連載のバックナンバーをご覧ください

*   *   *

リビング

全体的に不要なものを処分。ベッドの向きを変え、洗濯ものを干すベランダへの自然な動線を作るとともに、ベッド自体をソファーがわりにすることでくつろぎのスペースを増やしました。

整理前のリビング

▼▼▼

整理後のリビング
動線の変更

 

もの置きがわりになり、収納として機能していなかったリビング左手の棚も整理。それぞれのモノの置き場所を区切ることで、使ったものは元に戻す、そして新しいものを買ったら古いものを捨てる、というサイクルを作ります。

整理前の棚

▼▼▼

整理後の棚

 

ベッド下の収納は仕切りなどがなく、さまざまなものが混在した状態でした。中に間仕切りを設け、種類別に居場所を作り、ひと目で何があるのかがわかるように。

整理前のベッド下収納

▼▼▼

整理前のベッド下収納

 

リビング内でも、奥はメイク用品を集中させる、手前にはカフェ関連の物を置く、など生活のシーンごとに使うエリアを分けて物を配置します。これによって物が散らばってしまうのを防ぎ、さらに生活のメリハリをつけやすくします。

メイクスペース(リビングの奥側)
整理前は食事、化粧、くつろぎスペースがすべて1箇所

▼▼▼

整理後は生活シーンに合わせてエリアを分ける

 

リビング手前側にある、モノが詰め込まれただけだった押入れ。奥には、使っていない布団を立てて入れるようにし、またラベルをつけて外から見ても中身がわかるようにしたボックスに水着などの季節物をしまっています。高さと奥行きを最大限に活かし、きちんとモノがしまえ、取り出しやすい仕組みをつくりました。

整理前の押入れ

▼▼▼

整理後の押入れ

奥には使っていない布団を立てて入れています

 

⇒次ページ[キッチン~玄関、Yさんのインタビュー]に続く

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

【お知らせ】

本連載では、取材させていただけるお宅を募集しています!
詳細・応募要項はこちら→ プロと一緒にお部屋の片付けしませんか?整理収納モニター募集