不思議な深海生物について、最新研究からわかったことを美しい写真とともに紹介するビジュアルブック『深海散歩 極限世界のへんてこ生きもの』が発売になりました。
その中から今回は「逆立ち――ザラビクニン」を試し読みとして公開します。
ウロコがなく、ゼリーみたいにぶよぶよの体を持つ、逆立ち泳ぎの魚……。深海で出会ったら思わず叫んでしまいそうな強烈キャラです。

逆立ち

ほとんどの魚は背を上にして泳ぐ。カレイやヒラメなど、海底に横たわるものは横たわった姿のまま泳ぐし、タチウオやリュウグウノツカイは、頭を上にして縦になって泳ぐ。ところが、深海では不思議な動きをする魚も発見されている。

ザラビクニンは、日本海とオホーツク海の、200〜800mの深海に棲む魚。全身がほんのり桜色をしていてウロコはなく、体はゼリーのようにぶよぶよ。素手ではもちにくいほどぬめりがあり腹には小さな吸盤がある。

風になびくようにゆらゆらと泳ぐが、獲物を探すときは、頭を下にして逆立ちをしたような姿で泳ぐ。胸ビレの先と口の下に味を感じる器官があるので、頭を下にして海底の砂や泥の中にいる獲物を探す。獲物が胸ビレに触れると、素早く食いつくという。

 

ザラビクニン
Careproctus trachysoma
英名は「pink-bearded snailfish(ピンクのアゴヒゲのあるクサウオ)」。いくつかの研究所や水族館では、飼育下での孵化に成功している。成魚は体長が30cmほどになるが、生まれたばかりの稚魚は2cm足らず

写真/amanaimages​

 

最終回「第6回 足のトラブルとは無関係、深海のミズムシ」は7月19日(水)に公開予定です。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

藤倉克則『深海散歩 極限世界のへんてこ生きもの』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

深海をのんびり歩いてみれば、きっと彼らが寄ってくる。
最新研究でわかった、生きる工夫をわかりやすく解説


藤倉克則/Dhugal JohnLindsay『深海のフシギな生きもの 水深11000メートルまでの美しき魔物たち』
→書籍の購入はこちら(Amazon)

はずれるアゴ!メスに吸収されるオス!有毒熱水大好きエビ!死体で子育て!かわいくて、怖くて、おかしくて、とっても奇妙な深海の生きものたちを、美しすぎる写真満載で解説。


藤原義弘『深海のとっても変わった生きもの』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

深海ファン必携! 国立科学博物館の特別展「深海」でも展示されたJAMSTEC研究者・藤原義弘の写真を85点掲載。研究者である著者が深海調査船で、また自身の研究室で撮影した、生きたままの深海生物写真のみを載せている。地上で生存させることが難しく、標本撮影に頼ることが多かった深海生物の奇妙で美しい素顔とともに、最先端の深海情報をわかりやすく解説。一読すればあなたも深海生物のとりこに!