毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2017.07.18

第4回

どこか色っぽい雰囲気の女性は、眉の色づかいが上手かった

西日本ヘアメイクカレッジ

どこか色っぽい雰囲気の女性は、眉の色づかいが上手かった

 感じのいい人か悪い人か、仕事ができそうな人かできなさそうな人か、美人かイケメンか……第一印象の9割は「眉(まゆ)」で決まる! プロのメイク講師たちのメソッドがつまった『まゆで9割決まる 美人メイクのつくり方』から、やってはいけない“NGセオリー”を全6回でお届けします。ちょっと気をつけるだけであか抜けるポイントはこちらです。

 ふわっと柔らかいのに大人っぽい雰囲気に演出するには、ストレート眉×レッドブラウンカラーにすると、いい感じに仕上がります。レッドブラウンペンシルで眉のラインを決め、同じ色のパウダーで眉を大人色にします。

 ただし、レッドブラウンの眉メイクが濃すぎると奇抜に見えるので注意しましょう。

 キツイ色の眉マスカラは塗りすぎに注意が必要です。キツイ色はサッと塗りが基本。しっかり塗ると眉の存在感が際立ちすぎて、眉だけが目立ってしまいます。

 

 ちなみに…

◆まつげのNG  目尻には、マスカラでボリュームを持たせるのが色っぽのポイントですが、ヒジキまつげになるほどは塗り重ねすぎないようにしましょう。

◆チークのNG  チークも塗りすぎには注意です。ほっぺが真ん丸で真っ赤な「おてもやん」になると、色っぽからは遠ざかる結果に。

◆ヘアのNG  ランダムな外ハネ・内巻きが魅力の色っぽヘア。毛量が多いと軽やかな雰囲気に仕上がりません。色っぽのヘアは毛量を調整してからトライしましょう。

 

★がついた記事は無料会員限定

『まゆで9割決まる 美人メイクのつくり方』
→試し読み・電子書籍はちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

まゆが決まれば、メイクはカンタン!
もっときれいになるための、毎朝の基本からプロの㊙ワザまで!
メイクのお悩みファイル、気づかずやっているNGメイクもイラスト入りで大解説!

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 不確かな未来と冒険の物語を、その情熱で捕まえて、前へ進め!!
  • 異世界に転生した冒険者の視点から、経営のコツとビジネススキルが学べる、異色のビジネスライトノベル。
  • ワケあり男女がシェアハウスに!
  • 人気芸人の、笑って、共感して、思わず沁みるエッセイ集。
  • 物語が、海を超えてつながった——!
  • 専門知識不要、伸び続ける投資法のしくみがわかる
  • シンギュラリティに向かう時代のビジネスチャンスを読み解く、必読の一冊。
  • 神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
美人かどうかは目元で決まる。
学生限定 全商品10%キャッシュバック中!
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!