季節は、夏に向かってまっしぐら。お気に入りの本を持って旅に出たい。それてすごく贅沢! ……とはいえ、なかなかお休みがとれない人もいるかもしれません。

そこで、幻冬舎文庫は
旅に出たい人のお供にも最適だし、
旅に出られない人にとっては、旅気分を味わせてくれる。
そんなエッセイを集めました。

6月9日より書店に並びます。

探検家の読書エッセイ 毎日出版文化賞書評賞受賞作

探検家の日々本本

角幡唯介

人生をつつがなく平凡に暮らしたいなら本など読まないほうがいい。しかし、本を読んだほうが人生は格段に面白くなる――。人類未踏の地に分け入り、暗闇の中で氷雪を踏み歩く探検家にしてノンフィクション作家が、古今東西の書物を通して、「なぜ、探検するのか?」を切実に模索する、爆笑にして深遠な読書エッセイ。毎日出版文化賞書評賞受賞作。

必ず笑っちゃう! 「別世界」への入り口を探す旅

そこらじゅうにて 日本どこでも紀行

宮田珠己

退屈な毎日を抜け出して、どこか別の世界へ行ってしまいたい! だから今日も旅に出る――。本州の西の端っこに見つけた“ハワイ”。絶対撮影禁止のご神体の、意外すぎる姿。何の変哲もないところが、変哲な湖……。「異世界への入り口」は、いつもちょっとだけおかしい。そして、そこらじゅうにある! まだ知らぬ日本を味わいつくす、爆笑旅エッセイ。

他に類を見ない、5年半のパリ滞在記

パリの国連で夢を食う。

川内有緒

チャンスを摑んだのは31歳の時。2年前に応募した国連から突然書類審査に合格との知らせが舞い込んだ。2000倍の倍率を勝ち抜き、いざパリへ。世界一のお役所のガチガチな官僚機構とカオスな組織運営にビックリしながら、世界中から集まる野性味あふれる愉快な同僚達と、個性的な生き方をする友人らに囲まれて過ごした5年半の痛快パリ滞在記。

10年間で地球2週半! 世界でいちばん長いハネムーン

88ヶ国ふたり乗り自転車旅 中近東・アフリカ・アジア・ふたたび南米篇

宇都宮一成 宇都宮トモ子

5年前に始めたタンデム自転車旅も後半戦に突入。トルコやシリアを回り、居心地がよくてずるずると5週間も滞在したエジプトのサファリホテルをあとにするといざアフリカ大陸へ。キリンの親子が悠々と歩くサバンナや、まるでおとぎの国のようなマラウイなど、野宿の日々を重ね走り続ける。地球2周半、10年に及ぶハネムーン旅の記録[完結編]。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定