鑑定のご依頼で比較的多いのが、別れた恋人とふたたびやり直したいという「復縁」のご相談です。一度別れを選んで冷静になったからこそ相手の良さが見えてきた、やっぱりあの人しかいないと思った、などとご事情はさまざま。一方的に距離を置かれたけれど、悪いところがあるなら直すからもう一度……といった方もいらっしゃいますね。復縁を願う方は、真面目な方が多いのです。だからこそスッパリと「次の恋に賭けよう」などと思えず、反省もし、イヤなことも覚悟のうえで「もう一度」と復活愛を目指されるのですね。

 占いでは相手の現状やお気持ち、また復縁にベストなタイミングなどを読んで個々のアドバイスをさせていただいています。復縁が通常の縁結びよりも難しいのは、それなりにこじれた下地があるから。だから慎重に進めたほうが良いのですが、まずはご自分でもできることをご紹介してみます。

※大前提として、お別れになった理由や険悪さの度合いは人それぞれです。復縁したい方向けに書いてはおりますが、「私はこんなじゃない」と思われたら、それは当てはまらないケースとしてスルーしていただければと思います。また、すべてにおいて特定の方を非難するつもりはありません。しんどい思いをなさっている方は、どうぞご自分を責めないであげてくださいね。
 

別れたら連絡はいったんストップ。まずは追わないこと

 大好きな人から「別れよう」と告げられるのは辛いものです。なかなか現実を受け入れられず、寂しい、謝りたいなどと連絡をし続けてしまう人は少なくありません。ただ、一度別れることになったなら、いったん連絡するのはお休みしたほうが良いでしょう。たとえ愛情や誠意からだとしても、一生懸命だから通じるという時期ではないのですね。「話せばわかる」「とにかく謝るだけでも」といった気持ちは間違いではないんです。それでも、相手が受け入れる余裕がないところにグイグイいっても、かえって事態を悪化させてしまいます。

 これは相手がしつこさに嫌気がさす、というだけの話ではなく、根本はもう少し深いところにあります。つまり、相手は何らかの理由があって、これまでよりも距離を置きたくて「別れたい」と切り出したわけですね。この状態になっているところに連絡をし続けてしまうと、相手は「自分の気持ちを受け入れてもらえない」「何を言っても理解してくれない」と感じてしまうので、どんどんネガティブな気持ちを強めてしまいます。むしろ、いったん連絡をやめたほうが好印象なのです。

 ただし、

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

毎月2回更新!真木あかりさんの「ご縁の法則」バックナンバーはこちら

真木あかりさんの最新情報がわかるTwitterはこちら