『インカメ越しのネット世界』の出版を記念して書籍にも収録されている、はあちゅう×りょかちの特別対談「女の子がいつまでもネットの第一線に立ち続けるために〜」の一部を大公開します!

はあちゅう りょかちさんは今に至るまで、どういうネット経歴なんですか?

りょかち 私は小学校のときにパソコンを親からもらって、ジャニオタだったので2ちゃんねるの芸能系スレをずっと見ていましたね。あと、作家さんが好きだったので、吉本ばななさんの日記が毎日更新されるのを、楽しみに見ていたり。

小学生の頃にはガラケーを持って、高校でデコログとかを使って。大学生でちゃんとスマホを持ち始めて、ツイッターを始めてから急にSNSを見る頻度が上がって、大学時代はもうずっとネットに接続していました。そのうち、発信するのが好きになったという感じで。

はあちゅう 私のことはいつ頃知ってくださったんでしょうか?

りょかち 京都の学生イベントですね。私、関西出身なので。それからブログとかを見るようになって。

 はあちゅうさんっていう存在そのものがもうメディアじゃないですか。SNS就活ブームが落ち着きつつも、「個人がSNSを通して有名になる」というケースが流行って学生の中でもフォロワー数が多いやつがスゴイという風潮が蔓延する中で、社会人として生き方がメディアになっている、はあちゅうさんはすごく憧れでした。

 それに女の子って、ポッと出ては消えていく人が多いと思っていたんですね。アイドルがいつまでもヒラヒラしたスカートを履いていることが出来ないみたいに、同じようなキャラクターで、同じようなポジションで年をとっても成功し続けるって本当に難しいと思うんです。

でも、はあちゅうさんは大学生から社会人になってもブロガーとして成功して、次に作家としてキャリアを積んでいるという感じで、どんどん自分の服を着替えてますよね。ずっと誰かの第一線、憧れであり続けるってすごいなと思っています。

はあちゅう でもそれは、りょかちさんが私をずっと見ててくれているからであって。一般の人からしたら、私はまだ知名度がなくて、ずっとブレイクしたいって思い続けてるんですよね。いつ私のブレイクが来るんだろうって思いながら仕事してます。

 世の中に認められたいって気持ちが常にあるから、まだたどり着いてないって気持ちの方が大きいですね。例えば、書籍で何十万部、みたいなわかりやすいインパクトのある成功にたどり着いてないので、まだ認めてもらえてないって常に思っています。

りょかち はあちゅうさんにとってのブレイクって、書籍何十万部とか『君の名は。』みたいなことですか?

はあちゅう 例えばテレビに出ることがブレイクだと思う人がいるのであれば、それはブレイクと思われる活動をしてるかもしれないんですけど、私にとっては違うんですよね。テレビはPRの手段のひとつとか、新しい体験を得る場所であって、キャリア面での実績とはあまり思えないんです。

 私にとっては本で売れることが一番大事だし、本が好きな人に認めてもらいたいんですね。最終的な目標としては、本が好きな人、本で私を知ってくれた人をネットに持ってくることなんです。『月刊はあちゅう』のようなネットと紙を連動させた活動をこれからも継続していきたいです。今はネットで知ってくれてる人が多いので、本の人をもっともっとネットに引き込まなきゃっていう気持ちがありますね。

りょかち へえ、すごい! ネットの人からすると大スターだと思いますけどね。

はあちゅう そんなことないですよ。でもなんだろうな。本業がタレントでない場合は、ネットで発信している人の方がテレビだけで活動する人より、賞味期限は長いなって思いますね。

 テレビって呼んでもらうメディアだけど、ネットは発信さえしていれば誰かが見つけてくれたり、話題になったりしますよね。私は発信をやめないというのが一番強いと思います。

 学生時代にブログをやってたのにやめちゃった人って多くて。それぞれ幸せな人生を送っているけど、私は発信し続けていて、それが仕事につながっているから、ひとつの強みになっていると思います。

りょかち いや、それでも続けられるってことがすごいと思います。

はあちゅう そうですか? でもネットだから出来るんですよね。テレビってやっぱり事前準備やかかるプレッシャーのことを考えたら、常に旬でいられる人って今までの芸能界の中で少ないと思うんですよ。でも、ネットって家からパジャマでいても世界へ発信出来るので、そこはネットがやっぱり合っているということですね。

りょかち でも今っていろいろなメディアがあるじゃないですか。noteもあるしツイッターもあるしインスタグラムもあるし。めちゃくちゃ発信してて大変、という感じはないんですか?

はあちゅう 全然感じないです。全部趣味です。

りょかち へー! すごい!

はあちゅう ネットのないところに行くのが苦痛すぎて、ジャングルの奥とか絶対行きたくないです。

りょかち (笑)。それはめっちゃわかります。Wi-Fiつながらないだけで、憂鬱になります。ほんと。

はあちゅう なんかWi-Fiがないと……。

りょかち 生きてる心地がしない、あんまり。

はあちゅう そうですよね。ネット中毒です。私は、もともと人の生活見るのがすごい好きなんですけど、ネットにつながって誰かが生きてるのを感じたり、自分で発信するのも好きです。

りょかち めっちゃ発信してますもんね。

構成:ミノシマタカコ
撮影:菊岡俊子

(つづきは6月7日に公開予定です)
 

■■本対談の完全版も収録された書籍『インカメ越しのネット世界』好評発売中■■

インカメ越しのネット世界 りょかち(著)

◯内容紹介
IT企業で働く傍ら「自撮り女子」として人気の著者が、セルフィーアプリ、ネットレビュー、動画コミュニケーション、ネット広告の未来、マッチングアプリ、サブアカウント、SNS時代のブランディング、レガシーメディアとWEBメディアなどの新しいインターネット文化を独自の目線でエモく斬る! 幻冬舎plusので人気連載に書き下ろしコンテンツを加え、待望の書籍化。巻末には、はあちゅうとの15,000字を超える赤裸々対談「女の子がいつまでもネットの第一線に立ち続けるために」も収録。さらに購入者限定にりょかちからLINEであとがきが送られてくる特典付き! 

 

↓↓購入はこちらから↓↓
◯電子書籍版(5/26発売)
Amazon Kindleストア
https://www.amazon.co.jp/dp/B0728BJBNK/

楽天kobo
http://books.rakuten.co.jp/rk/fddc2bcfbfc731678efe2d0dbd4f64bd/

iBooks
https://itunes.apple.com/jp/book/id1237523367?mt=11

◯紙書籍<プリントオンデマンド版>(5/26発売)
Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B071HV6CS3

 

↓↓刊行記念イベントもします!↓↓
◯6月5日(月)トークイベント@下北沢「本屋B&B」 
「U-25が思うインターネットカルチャー」
『インカメ越しのネット世界』刊行記念
※スペシャルゲスト 矢島光氏(漫画家)
ご予約・詳細は以下から
http://bookandbeer.com/event/20170605_eve/

◯6月8日(木)りょかちと一緒に飲もう!
「りょかちBAR」@渋谷「Craftbeer Gau's」
詳細は以下から
http://www.gentosha.jp/articles/-/7923


幻冬舎plusでの連載「インカメ越しのネット世界」はこちら
http://www.gentosha.jp/category/ryokachii

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定