(photo : 齋藤陽道)

 本屋にとっての特別な時間は、大抵は本が売れた時から始まります。どんな本が売れても嬉しいのですが、ずっと長い間そこにあり、「どうしようかな」と思っていた本が売れた時など、気持ちの良いものです。棚を見ている時に「ずっとこの本ここにあるけど、そろそろ返品しようか……」とぼんやり思った日に、その本が売れていくような、ジンクスめいたこともしょっちゅうあります。

 その本のことをどこかで気にかけると、それが不思議と手に取られるということはあるものです。この間も「植本一子の本を買う人は、大概が一人で来店した女性、それも決まって静かにそっと本を出される……」という書評文を書いている横から『家族最後の日』(太田出版)をお持ちになる女性がいたので、「見てたの?」と一人で可笑しくなってしまいました。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

お知らせ

 

◯2018年2月24日(土)〜3月11日(日)12:00 〜 21:00  Title2階ギャラリー

ほんの風景

書籍や雑誌等でイラストレーターとしても活動する花松あゆみの版画展。暮らしのなかに本があることで現れる小さな風景を描く。手製本やポストカードも並びます。

 


◯2018年3月13日(火)〜3月19日(月)12:00 〜 21:00  Title2階ギャラリー

ぬまのう まき個展 ねどこさがし

さみしさとぬくもりを感じる絵本原画展。新作絵本「ねどこさがし」と、絵本のイラストがパッケージされた紅茶も販売。

 


『365日のほん』辻山良雄(河出書房新社)

春、夏、秋、冬……過ぎゆく毎日に1冊の本を。Titleの店主が紹介する、スタンダードな本365冊。どこでも、どこからでも楽しめる、完全書きおろし。

 

 


『本屋、はじめました―新刊書店Title開業の記録』辻山良雄(苦楽堂)

<5刷!ロングセラー>
「自分の店」をはじめるときに、大切なことはなんだろう? 物件探し、店舗デザイン、カフェのメニュー、イベント、ウェブ、そして「棚づくり」の実際。事業計画書から、開店後の結果まですべて掲載。堀部篤史さん(誠光社店主)との特別対談を収録。