“警察官連続殺人事件”をめぐる刑事と復讐犯の人生を描いた『宿命と真実の炎』が5月11日発売されました。
山本周五郎賞を受賞した『後悔と真実の色』の続編にあたる本作品には、発売前から書店員さんから感想が続々と届きました。
さまざまな感情が呼び起こされるようです。


◎SHIBUYA TSUTAYA 内山はるかさん

地道な捜査、刑事の勘、犯行動機。
犯人側、刑事側のどちらから読んでも面白かった。
いくつもの謎が解ける度に驚き、ページをめくる手は止まらず結末に驚愕した。
犯人も刑事も人間であること、人格を形成するのは環境なのか?
生まれもってのものなのか?
「生きる」ということを大いに考えさせられた。すばらしい傑作です。

 

◎七五書店 森晴子さん

現実にとても嫌な思いをさせられたので、根本的に私はあの組織を信じていません。
「警察における正義とは?」を考えさせられましたが、
衝撃的だったのは、やはり「巧みに組み込まれた真実に、全てをひっくり返される結末」。あり得ることなのに、ちっとも思いもつかなかったので呆然としました。
読みが甘かったです。
読了後、あわてて前巻『後悔と真実の色』を購入し、そちらもようやく読み終わりました。
前を知らなくても、知らないからこそ十分驚かされたのかもしれませんが、登場人物の今までの経緯を知った後に再読するとやはり細かい事実に重みが増しますね。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

貫井徳郎『宿命と真実の炎』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

人間の心を捨ててもずっと一緒にいたかった。
何が“警察官連続殺人事件"を引き起こしたのか?
山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編。渾身のミステリ長編!!

仕事にしがみつく女刑事と警察を離れた男の因縁。
復讐だけを生きる糧にするふたり――。
幼い日に、警察沙汰で離れ離れになった誠也とレイ。大人になって再会したふたりは、警察への復讐を誓い、その計画を着実に遂行する。
一方、事故か他殺か判然としない警察官の連続死に、捜査本部は緊迫する。事件を追う所轄刑事の高城理那は、かつて“名探偵"を呼ばれた西條の存在を気にしていた。スキャンダルで警察を去り、人生を暗転させた男。彼だったらどう推理するのか――。
止まらない面白さ、圧倒的読み応え。これぞ貫井徳郎の真骨頂!

 

貫井徳郎『後悔と真実の色』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

"悪"を秘めた女は駆除する――。
若い女性を殺し、人差し指を切り取る「指蒐集家」が社会を震撼させていた。
捜査一課のエース西條輝司は、捜査に没頭するあまり一線を越え、窮地に立たされる。
これは罠なのか? 男たちの嫉妬と裏切りが、殺人鬼を駆り立てる。
挑発する犯人と刑事の執念。熾烈な攻防は驚愕の結末へ。
第23回山本周五郎賞受賞作。