シリーズ累計ダブルミリオンの『ビッグ・ファット・キャット』が産声をあげて16年。シリーズ最新作『ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の大百科事典』が発売。幻冬舎plusでおなじみ『ニワミヤさん』のイラストレーターたかしまてつを氏の描く愛くるしいイラストとともに、世界一簡単な英語を学びましょう。


「make」って実はこんなイメージ!

make はかなり色々なレベルで「ものを作る」単語です。平和条約を結ぶことをmake peace と言いますが、一方でmake a cake のように、ありきたりなものを作る時にも使います。make はB の箱が二つある形の文でよく出てきます。make the cat apie のように単純に「ものを作る」パターンもありますが、make the cat angry のように「その状態を作り出す」意味にもなります。


make と似た単語にcreate があります。make はすでに存在するものを使って何かを作る感じですが、create は何もないところから新しいものを作り出すイメージです。


 

「make」ってこんな時に使うよ!

 make up

 メークアップはカタカナでは化粧を指します。でも、
 英語のmake up は「なくしたものの代わりを用意
 する」意味で、「仲直り」の時などによく使われます。
 多少マイナスのイメージがあり、仲直りのためなら
「うそをつく」ニュアンスも含まれています。

 


 

 make a bed

 ベッドを作ることではありません。ベッドの
 シーツを取り替える作業を指します。アメリカでは
 とても大切な家事のひとつで、早い時期から子供も
 お手伝いをします。

 


 

 maker

 make する人のことをmakerと言います。
 create する人はcreator です。日本では
 メーカーは製造業者、クリエイターは創作者を
 指すことが多いのですが、英語ではこの二つの
 単語はどちらかというと、もっとはるかに大きな
「神」という「作り手」を指すのが一般的です。

 


 

 make of

 よく分からないことから、何らかの解釈を抽出
 することをmake of で表現します。疑問として
 使われることが多く、What do you make of it?
 で「それをどう思う?」と聞くことがあります。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

向山貴彦『ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の大百科事典』
→書籍の購入はこちら(Amazon)


向山貴彦『ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本 』
→書籍の購入はこちら(Amazon)