これまでの人生で、「早起き」を持続することができていれば、今の私はもっと全然違う景色が見れていたのではないのか?と思うことがあります。

 元々低血圧ぎみで朝が苦手な私は、これまで早起きが定着したことが一度もありません。絶対起きなければいけない用事がある時は起きますが、フリーで仕事をしているので決まった時間に会社に出社しなければならないわけでもなく、日によってまちまちなのです。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

ペヤンヌマキ『女の数だけ武器がある』

ブス、地味、存在感がない、女が怖いetc.……。コンプレックスだらけの自分を救ってくれたのは、アダルトビデオの世界だった。働き始めたエロの現場には、地味な女が好きな男もいれば、貧乳に興奮する男もいて、好みはみなバラバラ。弱点は武器にもなるのだ。生きづらい女の道をポジティブに乗り切れ! 全女性必読のコンプレックス克服記。