整理収納アドバイザー、村上直子さんの手で新米美容師Yさんのライフスタイルはどう変わるのか? 今回は動線整理(第5回)小物整理(第6回)と紹介してきたリビング篇の最終回。リビング内のスペース分けについてです。

*   *   *

整理前:すべてを部屋の中心で

整理前のリビング

食事スペース、化粧スペース、くつろぎスペースが分かれておらず、すべてを部屋の中心でしてしまっています。そのため、さまざまな目的のものをごちゃ混ぜにして棚に置いてしまい、物がどんどんあふれていってしまう原因となっていました。

もの置き場になっている棚は、収納として機能しているとは言えません。

 

食事、化粧、くつろぎスペースが一箇所に集中

リビングの中でも生活の場面場面で、使うスペースを分けるようにします。物の置き場所を目的別に分けておくことで、部屋全体に無理なく収納ができます。またメリハリをつけた生活ができるようにもなり、気持ちに余裕がでてきます。

 

食事・カフェスペース

棚の手前側にはカフェ関連のグッズをまとめました

リビングの中でも目的別のスペースを作ります

リビングで休んでいるときにすぐお茶が飲めるように、手前側の棚には電気ポットやマグカップ、紅茶のティーバッグなど、お茶関連のグッズをまとめ、食事・カフェスペースとしました。

必要に応じて、折りたたみのテーブルを出すこともできます。

 

もともとキッチンに置いてあったこれらのグッズを居間に移動させることで、狭い割に物が増えがちなキッチンを広く使えるという効果もあります。

※キッチンの収納については第2回を参照

<使った収納グッズ>
OSTBIT マグスタンド, 竹 - IKEA 899円(税込)
※商品名・価格等は記事公開時のものです。グッズの詳細は各メーカー・小売店にお問い合わせください

 

メイクスペース

リビングの奥側はメイクスペースに

窓に近く自然光の入りやすい居間の奥側は、メイクスペースとしました。

奥側の棚に鏡を置き、脇には折りたたみの椅子をすぐ出せるように置いています。

メイク用品は使う頻度によって一軍、二軍に分け、よく使う一軍のほうは棚の下段にボックスに入れて置き、すぐ取り出せるように。

 

←一軍 二軍→

一軍は取り出しやすいボックスに収納

二軍はベッド下の引き出しに

使用頻度の高いドライヤーは、吊るすだけのらくらく収納で、出したらしまうというクセをつけるようにしました。

 

ドライヤーは出し入れしやすい、吊るす収納へ


<使った収納グッズ>
KARMSUND テーブルミラー, ブラック - IKEA 1,499円(税込)
※商品名・価格等は記事公開時のものです。グッズの詳細は各メーカー・小売店にお問い合わせください

 

今回の相談者・Yさんの声

メイク台の高さが合わず、苦労していたのが改善されました。鏡も大きくなり、身支度がしやすくなりました。ドライヤー、ティッシュ、メイク道具、スタイリング剤が揃っているので、メイクスペースで身支度が全て済むのはとても便利です。

*   *   *

1つの部屋の中でも、スペースごとに目的を意識して物を収納することで、生活スタイルも整理されていくんですね!次回、生まれ変わったYさんのお宅の全容をまとめます。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

【お知らせ】

本連載では、取材させていただけるお宅を募集しています!
詳細・応募要項はこちら→ プロと一緒にお部屋の片付けしませんか?整理収納モニター募集