伊豆天城山で女たちの駆け込み寺「サンガ天城」を運営し、たくさんの悩める女性を救ってきた尼僧・戸澤宗充さん。著書『すべてを喜びとする。駆け込み寺庵主の「引き寄せ」問答』より、頑張ってるあなたの小さなモヤモヤをすっきり解消する問答をお届けします。


「なぜ自分を犠牲にしてまで、困っている人を助けようとするのですか?」と聞かれることがあります。でも、それは私の修行なのです。

79年の人生で、私は戦争や夫の死など、たくさんの悲しい経験をしてきました。けれども、今になって振り返ってみると、そういう経験が今の私を育ててくれたのだと感じるのです。だから、私と同じように苦しんでいる人に出会ったら、手を差し伸べてあげようという気持ちになる。誰かの助けとなることが私自身の喜びであり、この世における修行なのです。

私の修行の目標は、『法華経』に登場する「常不軽菩薩(じようふきようぼさつ)」です。この菩薩は宮澤賢治が目指した菩薩でもあります。

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ怒ラズ
イツモシヅカニワラッテイル
……
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

有名な『雨ニモマケズ』に登場するデクノボーは、常不軽菩薩の精神を表したものだといわれています。デクノボーとは、決して役立たずという意味ではありません。お釈迦様や日蓮聖人の「操り人形」として、お題目をみんなに伝えていくという意味です。
この詩に自分自身の姿を重ね合わせ、デクノボーのような人間になりたいと私も思っています。

たとえ評価されなくても
困っている人を助けます。

人からどう思われようと、
使命を全うするために
ひたむきに歩む。
そういう人になりたい。

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

戸澤宗充『すべてを喜びとする。 駆け込み寺庵主の「引き寄せ」問答』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)