シリーズ累計ダブルミリオンの『ビッグ・ファット・キャット』が産声をあげて16年。シリーズ最新作『ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の大百科事典』が発売。幻冬舎plusでおなじみ『ニワミヤさん』のイラストレーターたかしまてつを氏の描く愛くるしいイラストとともに、世界一簡単な英語を学びましょう。


「fix」って実はこんなイメージ!

fix は「直す」と訳されることが多い単語ですが、実際には「本来あるべき状態に戻す」という意味です。 set 、 place なども何かを設置する時に使う矢印ですが、 fix はその中でも「固定」の仕方が一際強いものです。
set → place → fix の順番に固定のイメージがどんどん強くなっていきます。



fix が「直す」という意味になるのは 「本来の状態に固定したので、もう壊れることはない」からです。壊れたものをただ「使えるようにする」のではなく、「本来あるべき状態にする」ことこそが fix の本質です。同じ「直す」という意味でも、 repair よりも fix の方がどこか頼りがいを感じます。そのせいか、 repair は物理的なものに用いられることが多いのですが、 fix は精神的なものや状況にもよく使用されます。

 

「fix」ってこんな時に使うよ!

 fix a lunch

 日本語で言うなら「昼食を用意する」に近い
 言い方で、「昼食」には正しい形式があって、
 それを整えるというイメージです。
 複雑な料理ではなく、サンドイッチ、ポテト
 チップス、りんご、ミルクなどを組み合わ
 せたような、典型的なアメリカのランチを
 作るのによく使われます。

 


 

 fix a price

「値段を固定する」という意味です。色々と
 変動する価格を、検討の末、もっとも適切
 なものに固定するような時に使います。
 生鮮食品のように値段が毎日変わるものに
 はあまり使われません。

 


 

 I am fixing to do something.

 A=BB の箱に fix を使った場合です。
 言い回しで、何かをするために「決意を
 固めている」状態です。ここで fix して
 いるのは自分の意志です。
 是が非でも何かをやる、といった時に使
 われる表現です。



 

 eyes fixed on the pie

 fix は視線や意識などにも使われます。
 何かに「fix」することは意識の照準が
 そこにしっかり合っているということで、
 揺るがない意志を表現しています。
 fix と似た言葉である fixate は、さらに
 強い執着を表します。

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

向山貴彦『ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の大百科事典』
→書籍の購入はこちら(Amazon)


向山貴彦『ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本 』
→書籍の購入はこちら(Amazon)