“そして母になる”があってもいいのでは、という思いで書き上げたという『貘の耳たぶ』は、出産直後の母親が、自らの子を「取り替える」場面から始まる衝撃的な物語。全国の書店員さんから続々届いた感想をお送りします。


本当に素晴らしい……言葉を失いました……この作家は、一体どんな高みにたどり着こうとしているのだろう……『貘の耳たぶ』によって描かれた世界は芦沢さんにしか到達できないと断言できます――
善と悪の葛藤……恐るべき後悔と懊悩……スリリングな時の流れが強烈に胸を締めつける……何と壮絶な親と子の物語なのだろう――生まれ持った人間の感情を率直に抉り出し、その裏側を暴き切った筆力は並外れている。深く閉ざされた心の闇を鋭利なナイフのような表現で切り裂き、読者を想像のその先へと誘っていく。極限にまで高められた純度は120%、感動を超越したラストは天からの贈り物としか思えない――まさに文学の醍醐味がここにある――
(三省堂書店営業企画室 内田剛さん)


追いつめられてとり返しのつかないことをしてしまった繭子。たった一言で人生は狂うのだ。「残念だったね」この一言がなかったら悲劇は起きなかったかもしれない。
(浅野書店 大宮和子さん)


繭子と郁絵。二人の母親が愛情をかけて子育てするが、片方は偽りの子育てだった。血の繋がりがない事が発覚した後の苦しみと悲しみの展開に胸が張り裂けそうになりました。郁絵たち夫婦が選択した事が正しかったのか、ラスト数ページでは判断つきません。子育ての大変さと出産時の母親の精神的不安をこれでもかと描き切ったのは、自らも二児の母である芦沢さんだからこそ。間もなく母親になる方と周りの家族の方々には、もれなく余すところなく読んで欲しい作品です。母親の孤独と慟哭が心に響きます!!
(MARUZEN名古屋本店 竹腰香里さん)


様々な親子の形がある時代だからこそ、読んでほしい一冊。常にこころをギュッと締め付けられる辛く切ない物語だけど、親子のあり方を考えさせられる話でもある。
(本の王国ZAZACITY浜松店 河口雅哉さん)


衝動的な行為の後に後悔し、精神的に追いつめられていくことは、日常生活において起こりうることです。子どもに対する愛情についても「血のつながり」と「一緒にいること」の対比が親子関係の複雑化する現代社会でリアリティを伴って、問題提起されています。冒頭から続く重苦しいトーンの中で、主人公と共に救いを求めていく読者の位置も新鮮でした。
(勝木書店KaBoS大桑店 海東正晴さん)

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定