毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2017.04.21

2017年4月18日 VIPに接近

辛酸 なめ子

2017年4月18日  VIPに接近

「オール学習院の集い」に行ったら、道で聞こえてきた親子の会話。
父「こっちが正門だよ」息子「なんでわかるの?」父「パパも通っていたから」息子「パパも最初から?」父「……」
 学習院の初等科の制服を着た息子と、大学から学習院という父の間に微妙な空気が流れていました。
 学習院では、整理券になってしまいましたが、最後の方、なんとか大合同演奏会を観賞できました。そして最後の全員参加の曲で愛子様がチェロを弾くお姿を拝見できました。
 「威風堂々」と「ラデツキー行進曲」有名な曲ですが、奇遇にも中高時代マンドリンで弾いたことがあって縁を感じました。脳内で合同演奏。
 学習院の女生徒は皆さん黒髪で品があって、遠目に皆愛子様に見えてきました。男子もスレてなくて良かったです。
 
 最近はセレブ運に恵まれています。先日も、お参りしたくて久しぶりに浅草寺に行こうとしていたら、仲見世に黒スーツの集団がいて、ただならぬ空気が。そのまま本堂の方に行ったら、人が少し集まっていました。
 近くにいたおじさんに誰が来るのか聞いたら、「トランプの次の大統領になる人。ナンバー2だよ」とのこと。その話の信憑性は微妙ですが、周りの外国人がしきりにViceと言っていました。改めてVice PresidentのViceという響きがかっこいいです。ともかく、アメリカの副大統領が来ているようでした。
 その、ペンス副大統領は浅草寺の本堂の建物の中にいるのでしょうか。さきほど私が参拝した奥で、特別な参拝でも受けていたのでしょう。私が仏様に祈ったつもりでいたら、実はペンス副大統領の後ろ姿にお参りしていたのかもしれません。
 シークレットサービスの黒スーツのメンズやヘリなど警備が厳重で、北朝鮮との緊張の関係もあり、いつ何が起こるか油断できません。もし群衆の中に少しでもあやしい行動をする人がいたら、SPたちはためらいもなく撃ってくることでしょう。巻き添えになることを想定し、どのように伏せれば良いか脳内でシミュレーション。最近FBIとか出てくる海外ドラマを観ていたので、現実がその続きのようです。もし銃を持っていたら「パーティはもう終わりだ!」とか言いながら撃ち返すことを妄想。
 しばらくして、本堂の横の扉から出てきた副大統領夫妻。笑顔で手を振られただけで、いい人かも、とさっそくマインドコントロールされかけました。
 

お手振りをするペンス副大統領と妻。


 浅草寺は結構パワースポットでセレブにも人気です。昔ブリトニーも参拝していました。オーランド・ブルームやフィフス・ハーモニーのカミラも浅草寺を観光。
 
 しばらくしてニュースサイトに、ちょっと副大統領のことが出ていました。
「約20分後に本堂から出たペンス氏は夫人と共に、集まった観光客らに向かって笑顔で手を振り、車に乗り込んだ。観光客らは驚いた様子でペンス氏らにカメラを向けていた。」と、「観光客ら」としてニュースに参加できたみたいでした。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

【電子オリジナル書籍】辛酸なめ子『次元上昇日記 ベストセレクション50』
→試し読み・電子書籍の購入はこちら
→Amazonでの電子書籍の購入はこちら


辛酸なめ子『辛酸なめ子の現代社会学』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)


辛酸なめ子『次元上昇日記』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
「数学的コミュニケーション入門」講座
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!