毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2013.11.30

土人たちとの夏(後編)

会田 誠

土人たちとの夏(後編)<br />
堤防からフェリーを見送るやまやろう

 僕の記憶が確かならば、酒井くんはほぼ初日から「謎の先住民」の格好のまま、午前8時40分に着く始発フェリーのお出迎えと、午後5時に出る最終フェリーのお見送りを始めた。彼がそれをやる定位置は、港をぐるっと遠回りし、さらに長い防波堤を延々と歩いて行った突端。そこで無言のまま、手に持ったオリジナルの盾のようなものを船客に向かって大きく振る。けっこう時間と労力がかかるその日課を、彼はそれから最終日までの1ヶ月半、欠かすことなく続けた。しかもそれは完全に自発的なことで、僕は一言も「やってくれ」とは言ってない。どうやらそれは「ヤーガン族のような格好をしたい」と僕にメールで申し出た時――島に来る前から抱いていた、確固としたイメージのようだった。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

この連載の人気シリーズ「『色ざんげ』が書けなくて」が待望の電子書籍化!
→電子書籍の詳細・予約・購入はこちら(Amazon)


会田誠『美しすぎる少女の乳房はなぜ大理石でできていないのか』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)


会田誠『カリコリせんとや生まれけむ』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
春の幻冬舎plus感謝祭
結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!