本サイト連載「かけこみ人生相談」で、大胆にして慈愛あふれる回答が人気の三砂ちづるさん。三砂さんの新刊『死にゆく人のかたわらで~ガンの夫を家で看取った二年二カ月』が発売になりました。
 誰にとっても切実な介護・終末期医療の不安に応えてくれる教科書にして、豊かな生と死のあり方を問う人生の教科書でもある本書。
「生き死に」に関わるふるまいのような、人間のからだにしみついている本源的な知恵も、たった三世代で忘れ去られる、と三砂さん。
 死を家族の元に取り戻すのか、永遠に手放してしまうのか、私たちはいま、その瀬戸際に立っています。

 * * *

助けてくれる人はたくさんいる

 やってみて、周囲に話すにつけ、現在の日本で「家でガンの家族を看取る」経験は、まだまだ多いとは言えず、ある意味、とりくみが始まったばかり、と言えることもわかってきた。わたしがそういうことができたのは、家から徒歩五分のところに訪問診療の草分けのようなカリスマ医師、新田國夫先生がいたからだ、ということも、わかってきた。

 わたしはものを書いている人間なので、どんな経験をも文字にすることは自分への励ましとなり、書いていることで励まされる。亡き夫との最後の日々を思い起こすことで、それを文章にすることで誰より自分が励まされるのはわかっている。そしておそらく、それだけではなく、わたしの経験を文字にすることは、少なからぬ「家で死にたい」とか「家で看取りたい」と思っている人たちへの励ましにもなりそうなのである。

 いまの日本で、看取る側が働いていても、看取られる側がワガママでたいへんな奴であっても、周囲にはたくさんの助けてくれる人のシステムができあがっていて、なんとかなる、ということを言いたいのかもしれない。

 医療や介護のシステムにはつい批判ばかりをしたくなるし、日本というのはひどいところだ、医療のシステムはなってない、フィンランドがいい、みたいな議論ばかりされているし、まあ、たしかにそれはそういうところもあるのかもしれないが、現今のシステムだけでもけっこう、いけます、ということも言いたいのかもしれない。

 それはとりもなおさずこの国では、どのような仕事でもいったん職業として確立されると、そこに関わる人には必ず心を尽くして全身全霊で仕事をする人が出てきて、できあがったシステムをよきものにしていこう、とする人たちが少なくなくて、それによって、よく運用されていることが多い、と示すことでもある。

 医療や介護に関わる人たちは、最もよくそれを体現している。この国ではなかなかどうして、すばらしいシステムができあがりつつあることの言及にもなるだろう。「家で看取る」ことは特別なことではなくなりつつあるし、これからもっと増えていく。増えてほしいと思う。施設が足りないから在宅医療推進、という方針ももちろんあるだろうし、団塊の世代が高齢化してもその後に人口は減るから、もう高齢者施設をつくることはペイしない、と思われていることもあるだろう。だから政策的に「在宅」が推進されるだろう、というところもある。

 しかしそれよりなにより、「死」を家族の元に取り戻すことができるかもしれない、という機会は、とても大切なことにみえるのだ。
 

⇒次ページ[身体知は三世代で失われる]に続く

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

【三砂ちづるさんの本】

『死にゆく人のかたわらで――ガンの夫を家で看取った二年二カ月』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)


『三砂ちづるのかけこみ人生相談』
「子供が可愛くないと思います」→「可愛いと思わなくて結構です」
「人間嫌いなのに嘘を重ねてきました」→「もう偏屈なオッサンになりなさい」
「夫に浮気を疑われ離婚。悔しくてたまりません」→「悔しさはお金で解決しましょう」
「幻冬舎plus」で好評連載中の三砂ちづるさんの人生相談が電子書籍になりました!

→試し読み・電子書籍の購入はこちら(幻冬舎plus)
→電子書籍の購入はこちら(Amazon)