大事なのは「何を食べるか」よりも「いつ食べるか」だったんです! いつでもラクラク2kg痩せできて、しかもきれいな体型になれるノウハウがぎっちりと入っているのが『12時前にランチを食べれば太らない。』です。食べながら痩せたい人、必読!

 

ちょこちょこ食べが痩せないのは食間が短いから

「カノンさん! 私、食べてないんですよ、ちょっとだけしか。ご飯も減らしているし、おやつだってちょっとだけなんです。でも、全然痩せないんです。どうしてでしょう?」

 私のサロンでは、ダイエットはもちろん下半身痩せ、バストアップなど、体重&体型の悩みを個人カウンセリングしています。そのなかでとても多いのが、「食べるのを減らしているのに痩せない」という悩みです。
 その気持ち、とてもよくわかります。
「ちょっとしか食べてないのに」という言葉の裏には、「そりゃ、たくさん食べたら太るのはわかっています。でも、ちょっとだけなら太らないはずなのに……」という気持ちがあるのです。

 個人カウンセリングでは、最初に身体のサイズ計測とあわせて4日分の食事の報告をしてもらっています。朝起きて、いつ、何を、どれくらい食べたかを記録して提出してもらうのです。
 そこで、「ちょっとだけしか食べてない」という人たちの食事について分析してみると、実は約2時間おきに、ちょっとずつ何かを食べているパターンが多いのです。

 例えば、Aさんは48歳で、お子さんが2人いるワーキングママ。若いときは痩せていましたが、出産のたびに10kgずつ体重が増え、現在67kgです。
 Aさんの食事内容を確認すると、「ちょっとだけなら太らないはず」と、朝食は軽くして、おやつをちょっとだけ……。そしてお昼ごはんの前にも、いただきもののお菓子を、これまた「ちょっとだけ」と食べています。お昼ごはんも軽めにして、3時のおやつを食べて、夕食の準備をしながらちょっとおかずをつまんで、夕食のあとテレビを見ながら、またおやつをつまむという生活でした。

 このように、太ってしまう人は、食べていないつもりで実は食べているのです。そして問題は食べている回数、とくに間食の多さです。
 そんなAさんに私が最初にお伝えしたことは、「一回の間食を2週間続けると、体重が2kg増えますよ」ということでした。

 私がこれまで4000人以上の女性の身体をリサーチしてきてわかったことは、ほんの少しでも食べると、どうやら身体は食べ物を消化するほうを優先する仕組みにできているらしい、ということです。そしてその間は、その先の「出す」という排泄の働きをやめてしまうようです。ですから、ちゃんと食間をあけて出すことを優先させてあげなければ、いくら食べる量が「ちょこっと」でも、痩せないのです。
 よくダイエットというと、「食べない」ことばかりに目がいってしまいますが、「出す」ことのほうがもっと重要なのです。

 そして、身体から排泄する一番の方法は「おしっこ」です。食事をとったあと一定の間隔でおしっこが出ていれば、それ以上は太りません。

 そこでAさんには、まず2週間、間食を控え、朝・昼・夜の食事をちゃんと食べてもらうようにアドバイスをしました。もちろんランチは12時前に食べ、食事の間隔を5時間あけ、2時間おきにおしっこが出ているかチェックしてもらったところ、3カ月で、なんと7kgも痩せることができました。

「なんで3食きちんと食べているのに7kgも痩せるの? 食べないほうが痩せるに決まってるんじゃない!?」なんて思う人も多いと思います。

 でも、本当に食べないほうが痩せるのでしょうか?
 疑問がわいたら試してみないと気が済まない私は、自らの身体を使って以下のような実験をしたことがあります。

 まず、1日目は朝から食事をとらず、水分も一切とらずに過ごしました。その日は、一日中カウンセリングの仕事です。トイレには一度も行きたくなりませんでした。朝一番に体重を量り、夜8時に再び計測したところ、体重はまったく減っていません。

 一方翌日、朝食と一緒に水分をとり、間食はせずに軽くお茶を飲むようにしました。すると、2時間おきにトイレに行きたくなり、午後3時には、なんと体重が1.2kgも減っていました。
 このような実験からも、「出せば痩せる!」というのが私のダイエット方法の基礎の一つになったのです。

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

蓮水カノン*『12時前にランチを食べれば太らない。』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)