人気作『超現代語訳 戦国時代』の続編が、こちら「超現代語訳 幕末物語」です!まだお読みでない方はぜひこちらを→
外国は追い出せ!の「尊皇攘夷」か、どんどん交流を持ちましょう!の「開国」か。
2人の将軍候補、どっちがいいか。
何から何まで対立し、永い間穏やかだった江戸時代は、たちまちぐちゃぐちゃになっていくのです。
そんなときに登場した、悪名高き(!)「ある人物」が、日本を一気に変えてしまうのです。

   *   *   *

【剣を取るか、ペンを取るか。そんなことより私の王子様はどっち?】

 幕末エピソード4になります。
 前回のおさらいからお付き合いくださいませ。

 吉田松陰センセー、「松下村塾」開いたよー。
  ↓
 島津斉彬さん、「集成館事業」やったよー。西郷さんも見つけてるよ。
  ↓
 ハリスさん、将軍と会見。
  ↓
 で、幕メン(幕府のメンバー)に大演説。
  ↓
 日米修好通商条約の条文まとまる。
 
 ハリスさんとの交渉が進むにつれて、比例して大きくなっていったのが……
「開国だと……(ワナワナ……)!? 外国人を受け入れて貿易……(プルプルプル……ピタ!)反対に決まってんだろがーーーーーー!!」
 という反対派の声。
 各地の大名が「勝手なことすんな!」と反対したんですが、そのリーダーともいうべき人が、“とっても攘夷おじさん”
 前水戸藩主・徳川斉昭(またまた登場)
 です。
 この水戸藩ってとこには、徳川光圀(あの水戸黄門さんだよ)の時代から始まったとされる学問、
「水戸学」
 ってのがありましてね(ちょっと聞いてってください)。
「日本古来の伝統を追い求めるぜ!」がベースにある学問なんですが、そんな「水戸学」のいろいろな研究の中にあったのが……いきますよ……エピソード0でふれた……やっと出てきますよ……
 尊王攘夷(そんのうじょうい)
 です(ちょっと振りかぶりすぎました。『王(天皇)を敬うんだ! そして、外国人は追い払うんだ!』というアレです)。

 流行は、時代と事象との大衝突。「外国来ちゃった! 幕府は頼りにならねー!」という感情があふれ出した幕末に、尊王攘夷の考えが、ガシャーーン!! とぶつかり、大スパーク。
 現代なら流行語大賞とレコード大賞とグラミー賞とバロンドールを取るほどの大流行を巻き起こしたんです(ちょっと言い過ぎました)。

 そして、この流行は、尊王攘夷の考えを持って政治運動をする
 志士(しし。「幕末の志士」とか「維新志士」みたいな言葉聞いたことありません?)
 という存在を作り出したのでした。
 一応、初期メンバーご紹介しときまーす。
  梅田雲浜(うめだうんぴん)
  梁川星巌(やながわせいがん)
  頼三樹三郎(らいみきさぶろう)
  吉田松陰
 って人たち(松陰センセーも、尊王攘夷だよ。密航しようとしたのは、「敵の強さを知るため」みたいなトコです)。

 そんな尊王攘夷な志士たちと、斉昭さん率いる各大名が、「条約結ぶの反対反対、大反対!」と叫びまくっていたので、幕府は身動きがとれなくなっていたんです。

 このとき、交渉はほぼ終わりに近づいていた日米シューツージョー(日米修好通商条約。略したらヘンになった)。爆裂する反対派の声に、

幕府「あの……さぁ……。調印(署名とか捺印ね)なんだけどさ……。ちょっと待ってもらえないかな?」
ハリス「え……なんで? あとはサインするだけじゃん? ねぇ……なんで?」
幕府「オレたちの関係に反対する人がたくさんいて……」
ハリス「なにそれ……意味わかんない……。じゃ、この条約はなかったことになるってこと!?」
幕府「そんなことさせない! そうはさせないけど……調印は待ってもらえないかな? オレに考えがあるから……。必ず反対してる人たちをダマらせてみせるから。だから……お願い」
ハリス「………わかった。私、待ってる……」

 周囲に望まれてないため、婚姻届にハンコを押してくれない彼氏を持った、女子ハリス(おっさんすけどね)。
 どうにか周りの反対を押し切って、サインをしようとする彼氏の幕府(おっさんたちですけどね)。
 彼氏は彼女を悲しませないためにも、踏ん張ります。だって彼女がスネちゃうと……大砲撃ってくるかもしれないから。
 反対派をダマらせる幕府の考えとは……。老中首座の堀田正睦さん、決めました。

反対派「おい堀田コノヤロー! なに国開こうとしてんだよ! 勝手に条約とか結ぼうとするんじゃねーよ! おい堀田! 聞いてんのか堀田!!」
堀田正睦「……フフフフフ……今のうちに騒いどけ……お前らを一発でダマらせる秘策がこっちにはあるんだよ……。それはな……勅許(ちょっきょ。天皇の許可)だ! 天皇の許可があれば、反対派のお前らも納得せざるを得ないだろう……。今に見てろ……フフフフ……ハハハハ……ハーーハッハッハッハッハッハッ!!!!!」
反対派「うわ、ブツクサ言ってたら、急に笑い出した! ちょっとイジメすぎたか……?」

 そう、天皇が許可すれば、反対派を納得させることができると考えたんです。
 条約の許可をもらうだけなんで、簡単です。朝廷は政治に関わっていないので、許可してくださいってお願いすればいいだけ。おみやげとして、お金がない公家さんたちにワイロを持っていけば、もう完ペキ。

堀田「勅許ください」
朝廷の人「あ、ダメです」

 ダメでした。
 勅許なんてチョロいと考えていた堀田さん。思いっきり断られてしまいます。
 それもそのはず、公家さんたちは「外国人はケダモノだ!」って決めつけちゃってる連中ばかり。おまけに志士たちが

志士たち「マジ、いま朝廷が全然アツイっすから。幕府オワコンですし。ちょー朝廷アリっすよ」
朝廷「そ、そぉお(エヘヘ)?」

 と、おだてるもんだから、強気のスーパー攘夷になっていたんです。
 最初、関白(ちょーエラい)の九条さんて人は、「許可してあげようよ!」と、朝廷の会議で話し合おうとしたんですが、
「………は?」
 と、キレた人がいました。
 岩倉具視(いわくらともみ。幕末で一番有名な公家さん)。
 さんていう公家です。

岩倉具視「条約を……? 認める? ないでしょww。おい、デモするぞ」

 公家たちがババババ!っと座り込んで条約反対アピール。
 その数、88人という大抗議でした(廷臣八十八卿列参事件(ていしんはちじゅうはちきょうれっさんじけん)。すっごく事件て感じのする名前)。
 さらに、公家さんたちも反対ならば、時の帝(みかど)である
 孝明天皇(こうめいてんのう)
 も、外国人のことが大っ……キライ。
 当然のように、条約結ぶことには大反対だったんです。
 というわけで、堀田さん、イージーに考えてた勅許をゲットすることがキャンノットでした。

 堀田さんの勅許をもらいに行ったという行為、実は……かなりやらかしてしまってるんです。しかも”お2つ”。
 一つは、シンプルに条約の許可をもらえなかったこと。
 もう一つは、幕府だけでやっていた政治に、朝廷の意見を求めてしまったこと。さらには幕府のやり方を朝廷に否定されてしまったこと。つまり……
 今後、朝廷の決定がないと、政策を進めることができないという事実を作ってしまったんです。

堀田「………しまったーーーーー!!!」

 またまた幕府の力がガクン! っと弱まることになってしまったのでした……。

幕府「ごめん……朝廷にさ、お願いしに行ったんだけど……ダメだったんだ……」
ハリス「……じゃあ、どうなるのよ?」
幕府「……どうしよう……。朝廷がまさか断ってくるとは思わなかったか……」
ハリス「さっきから朝廷朝廷って、ナニよ! あなたはその朝廷ってヤツの言いなりなの? 幕府が政治をやってるんじゃないの? そんなにその朝廷の許可がいるんだったら、私が直接話すわ!」
幕府「そ、それは困る! ごめん、オレが悪かった! 絶対なんとかするから! だから、あと3ヶ月待ってほしい! お願いだ! 3ヶ月たったら、どんな状況であろうと、条約にサインする! 約束する!」
ハリス「…………わかったわ。約束よ」 

 調印のリミットは迫っています。
 条約だけでこんなにピンチなのに、このとき幕府が抱えていたトラブル……これだけじゃなかったんです。
 それは、跡継ぎ問題——。
 13代将軍・徳川家定は、体が弱くて、優秀とは真逆の人(って言われてます)。
 平和な世の中なら、周りが支えてりゃなんとかなる。でも今は、日本が大ピンチ。
 本当に国がヤバいとき、誰しもが優秀なリーダーを求めます。
 みんな共通の思いは……
「この将軍じゃダメだ!! マジで!!!」

 さらに、家定には子供がいません。ならば「優秀な将軍候補を決めとかないと!」ということになったんです。
 そこで、白羽の矢が立ったのが
 一橋慶喜(ひとつばしよしのぶ)
 という、デキる若者です。
「若くて、賢くて、才能あるってウワサだよ!」ってウワサされるウワサの彼は、ウワサ通りの優れたウワサでした。じゃない、若者でした。
「次の将軍はゼッタイ慶喜くんだよ!」と、彼を推しメンにしていたのはこんな人たち。
  阿部正弘(たびたび登場)
  四賢侯のみなさん(島津斉彬、松平春嶽、山内容堂、伊達宗城)
  条約交渉デュエット(岩瀬忠震、井上清直)
  とっても攘夷おじさん(徳川斉昭)
 ちなみに慶喜くんは、
「一橋家(御三卿)」に養子に出された、攘夷おじさん・徳川斉昭の実の子供です。
 力のあるいろんなおじさんが、うりゃおいジャージャーと、慶喜くんを推していますから、14代将軍は、彼で決まりま……

「ちょっと待ったーーーー!!」
 入るわけですよ。ちょっと待ったコールが。
 ストップをかけた代表者、それが
 彦根藩藩主・井伊直弼(いいなおすけ。ケッコー知ってる人多いあの人)
 です。

井伊直弼「慶喜くんは認められません。一橋に養子にいってるとはいえ、水戸家の人間でしょ? かつて水戸から将軍を出したことはないんだ。前例がないんだよ、前例が。それに将軍というのは、血・統・優・先! 13代将軍家定さまと慶喜くんは、初代家康さままでさかのぼらないと、血がつながらないだろ? えぇ? これはもはや他人だよ。赤の他人! そこで、私がオススメしたいのは……」

 紀州藩藩主・徳川慶福(よしとみ)
 です。
(”13代将軍"家定。慶喜"くん"。慶福"ちゃん"。ややこしいので、"13代将軍"、"くん"、"ちゃん"で、見分けてね)

井伊「慶福ちゃんは、13代将軍家定さんの従兄弟にあたる。血統申し分なし! それに紀州藩だから前例もある! 慶福ちゃんにケッテー!!」

 慶福ちゃんを推しメンにしていたのは、井伊直弼さんの他に、
 たくさんの譜代大名(昔から徳川さんに仕えてる人たちね)と、
 大奥(あの)です。
 大奥の人たちは言います。

大奥の口悪い人「慶喜くんはダメよ。何がダメって、あの斉昭の息子ってとこ」
大奥の辛い人「それな。斉昭、マジ最悪だかんね」
大奥の口悪い人「自分が節約家だか知んねーけど、大奥にそれオシつけてくんのとか、意味わかんねーし! 『大奥が金使いすぎ』って言うけど、使うに決まってんだろ! そんなこともわかんねーのか、あのうすらハゲ!」
大奥の辛い人「こちとら着飾ってナンボなんだよ! 将軍周りの女子がビンボーくさいと、なんかダメだろ!」
大奥の口悪い人「慶福ちゃんはいいのよ」
大奥の辛い人「イケメンだもんね」
大奥の口悪い人「で、あの斉昭とかいう枯れヘビジジイさぁ、女グセ悪いって知ってる?」
大奥の辛い人「え?…………バリキモいんだけど」
大奥の口悪い人「金使わないけど……女大好き……」
大奥の辛い人「やめてやめてやめて! 今、毛穴レベルで拒否ッてるから」
大奥の口悪い人「慶福ちゃんはいいのよ」
大奥の辛い人「ぎゃんかわだから(すごくカワイイ)」
大奥の口悪い人「とにかく斉昭ムリだから、慶喜くんムリ。もし慶喜くん将軍になったら、私、裏返って果肉絞って果汁だす」
大奥辛い人「ナニそれ」
大奥の口悪い人「wwwwwwwww」
大奥辛い人「wwwwwwwww」

 という(というじゃないです。でも、斉昭、嫌われてたらしいです。で、慶福ちゃんはイケメンで好かれてた説ってのがあるんです)感じで、大奥の意見は、「斉昭キラいだから、息子の慶喜くんはナシ」でした。
 ただ、慶喜オタも、黙ってません。
 もちろん、慶福ちゃん反対には、理由があります。

慶喜オタ「いや…………………まだガキじゃねーか!!」

 そう、慶福ちゃんまだ子供だったんです(この問題が騒がれはじめたときで、8歳。一番白熱してるときでさえ、13歳です)。
 平和な世の中だったら子供でもいいけど、国がヤバいときは……というあの理論。
 理由聞いたところで、双方一歩も引かないジョータイ。
 慶喜くんを推す人たちは、今までの幕府のやり方を変えていこうとする”改革派”で、その名も「一橋派」!
 慶福ちゃんを推す人たちは、今まで通りの幕府がいい、いわゆる”保守派”な感じの人たちで、題して「南紀派」!
 ここに、
「一橋派VS南紀派。いったいドッチが将軍になるんでしょーか!」
 対決がボッ発したのでした(将軍継嗣問題(しょうぐんけいしもんだい)って名前がついてます)。

 おさらいすると、”条約結ぶ結ばない”というドタバタ問題に、”将軍の跡継ぎ問題”というゴタゴタがミックスされたわけです。
 チーム分けで見ると、
 条約結ぶ結ばない問題は、
 攘夷派 VS 開国派。
 将軍の跡継ぎ問題は、
 一橋派 VS 南紀派。
 となる感じですね。
 しかし、同じ一橋派の中で、攘夷派と開国派に分かれてたり(例:徳川斉昭は攘夷派。島津斉彬は開国派。でも二人は同じ一橋派)、考えは違うけど、優秀な将軍を立てることがまず優先………………
 もうやめましょう……。
 書いててもややこしい……。よしましょう……。
 この辺は「グチャっ!」としてた、と感じてもらえればそれで十分です。本望です。
なにはともあれ、チーム一橋と、チーム南紀は、お互いが推す若者を将軍にしようと躍起になるわけです。
 というわけで……将軍の座を巡って、各チームの策略が、ヨーーイ……
 ドン!!!!!(実況スタート)

 さぁ、まず最初に動きを見せたのは「チーム一橋」の島津斉彬さん。13代将軍家定+大奥を、切り崩しにかかります。
 家定さんと結婚が決まっていた、斉彬さんの養女の
 篤姫。
 こちら、2008年NHK大河ドラマ「篤姫」で、宮崎あおいさんが演じられた、あの篤姫のことです。彼女に、

斉彬「篤姫ちゃん! 家定さまと大奥に、次の将軍を慶喜くんにしてもらうよう説得して!」

 とお願いをします。
 勘違いされては困るのですが、"跡継ぎ問題が起こったから"篤姫さんを送り込もうと決めたのではありません。"縁談話があったあと"に、跡継ぎ問題が起こったらしいとのことです。
 どちらにせよ、結婚と同時に政治的な任務を受けた篤姫の心中に去来する思いとは、一体どのようなものだったのでしょう……。
 さぁ、少しばかりセンチメンタルな気分に浸っていただいたところで、「チーム一橋」の動きをさらに追っていきましょう。
 一橋派のみなさん、お次は朝廷にも仕掛けてまいります。
「次の将軍は慶喜くん」という天皇の命令が書かれた文書—つまりは勅書というものを出してもらうため、あの手この手でアプローチ!
 そのアプローチに全力で挑み、あちらこちらを駆けずり回るのが、松平春嶽さんの優秀な家臣
 橋本左内(はしもとさない)
です。
「だったらウチにはコイツがいる!」何も優秀な家臣を持っているのは、あなたばかりじゃないんだと言わんばかりに、斉彬さんが朝廷のもとに走らせたのは
 西郷隆盛
 その人です。
 殿のため、国のため、2人は走りに走ります。舞台となるトラック競技場の名前は”日本”。インターバル無用のレースは、「将軍の座」というトロフィーを慶喜くんに届けるまで続きます。
 滴り落ちる汗を拭い去る時間も惜しむ2人の姿は、今まさに、大ピンチを迎えた”幕府”というセリヌンティウスのために、走ることをやめない福井と薩摩のメロス。江戸の世を駆け抜ける幕末のWメロスであります!
 多忙スケジュール極めた2人の努力。斉彬さんの「篤姫ちゃん大奥大作戦」。その結果は………

 ダメでした!
 なんと、どれもこれもギリギリのところでうまくいきません! そればかりか、幕府の中の頼りになる存在・阿部正弘さんが途中で亡くなってしまうという事態まで起こってしまいます。阿部さん、これでホントに「僕も疲れたんだ。なんだかとても眠いんだ……」ジョータイになってしまいました。
 さぁ、お次は「チーム南紀」。彼らがおもむろに取り出したとっておきのカードは、この対決に思わぬ結果をもたらすことになるのです!
 幕府には、
「大老(たいろう)」
 という、臨時におかれるポストがあります。
 そのランキングは老中の上で、幕府の中の最高職。
 絶対的な権限、自分一人で決めちゃえる決定権を持つという、説明聞いてたらなんだかとってもカッコよく感じるポジションでございます(権限の強さで言うと、「老中首座」は”総理大臣”、「大老」は”大統領”に近いかもです)。
 そして……将軍家定がつぶやきます。

家定「井伊直弼、大老ね」
(大奥の人や紀州藩の人に吹き込まれたとかって説があります)

 大老・井伊直弼
 誕生。

 ここで、チーム南紀、超特大逆転サヨナラ満塁ホームランを打つことに成功!
 大老・井伊直弼が産声をあげたことにより、今までもめてたことが、オギャっ!と終わりを告げるのです。井伊さん、大老の絶大な権力を生かし、将軍・家定さまの許可をもらい大発表。

井伊「次の将軍は、慶福ちゃん」

 決まったーーーー! 
 最後の最後は、チーム南紀が”大老”というスペシャルカードを利用し、「ドッチが将軍になるんでしょーか!」対決を制したのでした(これにて実況を終わります)。
 将軍の跡継ぎ問題は終わって、残るは条約の許可問題……。

井伊直弼「勅許はまだもらえないのか?」
岩瀬忠震「まだムリです」
井伊「とりあえず、ギリギリまでネバって……」
岩瀬「もうそのギリギリです! 時間がありません!」
井伊「じゃ、ちょっとだけ期限伸ばしてもらって……」
岩瀬「何回も伸ばしてもらったわ!」
井伊「!」
岩瀬「イギリスとフランスも迫ってるらしいんだって! 今アメリカと条約結んどかないと、ボロボロにされっぞ!」
井伊「口の利き方……もうしょうがない! 勅許ナシだけど条約結んじゃう! 大老だからやっちゃう!」

 結んじゃいました。
 勅許ナシで。
 日米修好通商条約、ポーハタン号(アメリカの船ね)にて調印。
 こうして、条約問題と、将軍跡継ぎ問題は、一応のゴールを迎えたことになったのでした。
 しかし、一件落着かというと……
 もう、まったくそんなことはありません。
 政局という天気は大荒れ。降り注ぐ雨の中に、赤い液体が混ざるような事態に発展していきます……。
 井伊さん的には仕方がなかったんですが、問題の解決の仕方は強引な力技そのもの。
 尊王攘夷を掲げる人の目には、すべてを無視した極悪人に映ったことでしょう。
 憎しみの炎は増大するばかり……。
 しかし、大老・井伊直弼の剛腕は止まるとこを知りません。
 幕末の世に、”粛清"という言葉が顔をのぞかせ始めるのでした。

 さぁ、幻冬舎plusの会員登録お願いします! この連載がキッカケで会員が増えたとなれば、表彰されるかもしれません! いや、されないと思います!

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定