ヒット作『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』の房野さんがお送りする、「超現代語訳 幕末物語」ですよ!要チェックです!
松下村塾。吉田松陰。高杉晋作。西郷隆盛。……いずれも、耳慣れた、憧れの響き。スーパーヒーローが次々登場するのも、幕末の魅力です。
この当時の日本は、“狡猾で経験豊富なライオン”に目をつけられた“無知で純朴なウサギちゃん”のようなもの。悪名高き(!?)「不平等条約」が結ばれてしまったの、必然でしょう。
こんな大混乱の日本だからこそ、他の時代にはありえない、比類なきヒーローが、次々と生まれるのです!

   *   *   *
【チャイムにサイレンが重なった頃、魔法の契約が始まる】

 幕末エピソード3となります。
 本編に入る前に一つ注意点が。
 幕末には、本名の他に”通称”や”雅号(がごう。風流な別名)”など、複数の名前を持つ人が、いっぱい出てきます(”松陰”や”海舟”も雅号です)。
 ただでさえ大量の人物が登場するのに、「この人はこのとき、こんな名前でした」みたいなことをやると、馴染みがない方を大混乱に陥れる危険性があります。
 話の流れを理解してもらうことを最優先に考えて、この連載では、その人物の表記を”一番有名であろう名前”で統一させていただきます(例外もありますが)。
 ……ごめんなさい、「読者のためを思って」的な書き方をしましたが、要は僕自身のカロリーを抑えるためです。あと、「房野さん、優しい!」と思われたかったんです。
 しのごの言いましたが、前回のおさらいをやらせていただきますね。

 ペリー、お手紙の答えもらいにもう一回日本にくる。
  ↓
 で、日米和親条約結ぶ。
  ↓
 そんな中、吉田松陰さんがペリーの船に乗り込んで、密航失敗。
  ↓
 阿部正弘さん”安政の改革”で頑張る。
  ↓
 いろんな外国と”和親”結ぶことに。
  ↓
 アメリカから今度はハリスさん登場。
  ↓
 ハリスさん、将軍と会うこと決定。
 
 今回最初のトピックは、中心地より離れたところからお届けです。
「日本にアメリカが来て、幕府あわててるよー!」の頃、西日本ではこんなことがありました……。
 ロックな密航失敗先生、吉田松陰さんのことを覚えていらっしゃいますか?
 渡米を企てた罰として、長州(山口県)の野山獄(牢獄だね)に閉じ込められることになった松陰さん。
 囚人生活は、彼の体と精神をボロボロにむしばん……

松陰センセ「やったー!! 大好きな読書や執筆がたくさんできるー!」

 ちょっとはしゃいでました。
 プリズンライフを、まさかのエンジョイの方向に持っていき、さらに、

松陰センセ「本おもしろーい! 誰かとしゃべりたーい!」

 と、なり……。

 読書で吸収した知識や自分の考えを、他の囚人にしゃべり始める。
  ↓
 最初は「なんだコイツ……キモっ」と思っていた囚人たちも、だんだん「おもしろいかも……」という反応に変わる。
  ↓
 囚人たち、松陰センセーのお話の虜に。まさかの、見張りの役人までもが、松陰センセーの生徒になる。
  ↓
 しばらくすると、今度は逆に「え! あなたは詩の才能があるんですね……僕に教えてください!」とか、「あなたは字がキレイですね……教えて!」と、松陰センセーの方から、他の囚人に弟子入りしちゃう。
  ↓
みんなが、生徒でもあり先生でもある状態になっちゃう。その結果……
  ↓
 牢獄が学校に変わっちゃった。

 松陰センセー、牢屋を、誰も見たことのないニュースクールへと、モデルチェンジさせてしまったのです。

 これは、長州の明倫館(めいりんかん)という学校で先生をしていた経歴もデカかったんだと思います。
 ただ、松陰さん、どこまでいってもフツーじゃないというか……。
 まず、先生に就任した年齢が……
 9歳です。
 今でいう、小学3、4年生で、もう教える側……。想像してみてください。子供を教えてる、子供の姿……。”大人が絶滅した世界”という設定の、アニメや小説みたいな世界観です。
 さらに、11歳のときに、藩主(殿だよ)の前で、講義を行ったことがあるんです。現代なら『私の町のスーパーキッズ』っつって、確実にTVに出てます。
 そんな天才少年が成長し、希望なんて言葉を捨て去った囚人たちに、学ぶ楽しさを伝え、生きる喜びを与える……。映画だったら、
「奇跡が降り注ぐ場所 ――松陰先生と過ごした365日――」
 なんてタイトルで上映されそうな出来事でした(どこかで聞いたことあるワードを組み合わせてみたら、とてもチープな仕上がりになりました)。

 やがて、野山獄を出ることになった松陰センセー。まだ自由の身にはなれず、今度は実家で謹慎処分。
 彼はここでも近所の人たちに講義をおこない、やがて、叔父さんがやっていた塾を受け継ぐことになります。
 その塾の名前は、
 松下村塾(しょうかそんじゅく)
 幕末、明治にかけて活躍した、超有名人たちを育てたミラクルスクールです。
 松陰センセーのもとで学びたい若者が、どんどん集まってきた松下村塾のホームページには、一体何が書いてあったんでしょう(もしもシリーズ。幕末に、もしもホームページがあったとしたら……)。
  
  先生も生徒も共に成長していこう!
  ——私もあなたと一緒に学んでいきたい。

  松下村塾はこれだから、人が育つ!

  ・入塾希望者の身分や年齢は問いません! みんなウエルカム!
  ・好きな時間に来て、好きな時間に帰って大丈夫!
  ・松陰先生の教え方は一方的じゃない!? 例えば、本の一部分を読んで、そのあとに一人づつ自分の意見を発表。さらにそこからディベートへと発展していく、というような授業。物事への理解がより深くなりますよね!
  ・松陰先生は、生徒の長所を見つけるのが大得意! 在籍中の生徒さんへの松陰先生の評価の一部を紹介します。

  久坂玄瑞(くさかげんずい)くん——「防長(山口県)の若手の中でも、一流の人物です。もちろんこの国の中で見ても、とんでもない才能の持ち主」
  高杉晋作(たかすぎしんさく)くん——「正しい判断力と、力強い精神力は、他の誰も勝てないでしょう。人の下につく器じゃありません」
  などなど…。

  松下村塾の扉はいつでも開いてます。
  みんな…今こそ立ち上がろう!
  
 と、こんな感じになるんじゃないかと(あくまで『HP風にまとめたなら』だよ)。
 久坂さんと高杉さんは「松下村塾の双璧」なんて呼ばれてますが、他にも、

 吉田稔麿(よしだとしまろ。久坂、高杉、吉田で「松下村塾の三秀」です)
 入江九一(いりえくいち。久坂、高杉、吉田、入江で「松下村塾の四天王」です)
 伊藤博文(いとうひろぶみ。初代内閣総理大臣だね)
 山縣有朋(やまがたありとも。「日本陸軍の父」なんて呼ばれたりしてます)

 みたいな人もいたり、他にもまだまだ優秀な人がわんさか。
 松下村塾に集った“まだ何者でもない若者たち”は、やがて、”何者”かになっていきます。
 心の芯の部分を震わせるものが、この塾にはあったんじゃないでしょうか。

 ところ変わって、お次は、長州からさらに離れた"薩摩(鹿児島あたりだよ)"での出来事。
 ここの藩主さんは
 島津斉彬(しまづなりあきら)
 という人。
幕末の時代、「勢いあるね!」「経済力も政治力もあるね!」って感じの藩を"雄藩(ゆうはん)"と呼んでいました。そんな雄藩の中で、特にまわりから一目置かれる大名が、4人いたんです。

 ドドーーーン! 薩摩藩 島津斉彬
 ドドーーーン! 福井藩 松平春嶽(まつだいらしゅんがく)
 ドドーーーン! 土佐藩 山内容堂(やまうちようどう)
 ドドーーーン! 宇和島藩 伊達宗城(だてむねなり)

 この4人を
「幕末の四賢侯(しけんこう)」
 と言います(ワンピースの四皇みたい。かっけー)。
 斉彬さんは、この4人の中でも断トツにすごかったんじゃないかといわれる人物。
 同じ四賢侯の春嶽さんも、「大名の中でトップだよ。自分も含め、他の誰も敵わないよ。うん」と、のちに語っているくらいなんです。
 じゃ具体的に、斉彬さんの一体何がスゲーのか?
 みんな外国の新しい技術や、大砲がほしいこのご時世に、

斉彬「自分たちで作ればよくね?」

 って言って、作っちゃいます。
 なんと"海外式の工場群"を、薩摩の中に作っちゃったんです(最先端オブ最先端)。
 溶鉱炉(ようこうろ)や反射炉(はんしゃろ)っての造って、鉄や大砲造っちゃう。
 ガラスも作って、ついには……日本初の蒸気船もこしらえてしまいます。
 島津最新テクノロジー斉彬です(違います)。テクノロジー斉彬エンジニアリング島津サイエンスです(何もかも違います)。
 この”斉彬スーパープロジェクト”、
「集成館事業(しゅうせいかんじぎょう)」
 と言いました。
(ちなみに、「旧集成館」って名前の建物は現在も残ってて、国の重要文化財として指定されてるよ。さらに「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の一部として、世界遺産にも登録されています。スゲー)

 さらに、斉彬さん、人の才能を見抜く力もスゴかった(松陰センセーとの共通点かもね)。
 幕末ヒーローの中でも、知名度抜群の"あの人"のことを、斉彬さんは見つけてるんです。
 身分の低かった”その人”の能力を見出し、熱心に教育し、斉彬さんの手足となって、すこぶる働いた人物。
 薩摩が生んだ幕末のちょー有名人と言えば……もうお分かりですね。そう、
 西郷隆盛
 です。
 斉彬さんを尊敬し、彼からいろんなものを吸収した西郷さんの活躍は……もうちょっとあとにしときましょう。

 さて、薩摩や長州で優秀な人材が育ち始めた頃、江戸では何万という見物人が集まる騒ぎが起こっていました。
 その原因は、
「将軍に会ってナンボっしょ」
 でおなじみのハリスが、江戸の町に登場したからです。
 ハリスの希望通り、13代将軍・徳川家定(いえさだ)との会見が江戸城で行われ、

ハリス「これからもお友達でいましょ。あ、大統領のお手紙持って来ました」
家定「お手紙ありがとう。これからもお友達でいましょ」

 しゅーりょー(もうちょっとやり取りありますが、ギュっとすると、こんな感じ)。
 会見から数日後、ハリスっちは、堀田っちへ言います。

ハリス「ねぇねぇ。今度堀田っちの家行っていい?」
堀田「うん! いいよー」
ハリス「じゃみんなに声かけといてー」

 というアポがとられ(かわいいね、こんなんだったら)、堀田正睦邸に、ハリスと幕府のメンバーが集合します。
 ここでハリスは、彼らの心を掴み、脳に直接語りかけるような、スピーチ&プレゼンをおこないました。

ハリス「いいですか、今世界は蒸気機関などの登場によって、ガラリと変化しました。日本が望むと望まざるとにかかわらず、今のやり方を捨てなければならない日がくる……。しかし、日本国民の器用さと勤勉さを自由に使えれば、近い将来、日本は偉大で強い国になるでしょう。そのためには!!」
幕府メンバー「(ビクッ!)」
ハリス「いいですか………我々との貿易です」
幕府メンバー「(ゴクリッ)」
ハリス「お分かりになりますね?」
幕府メンバー「ぼうえき……」
ハリス「貿易は日本に大きな収益をもたらしそれによって立派な海軍を持つこともできる! そして………ここからは忠告です」
幕府メンバー「(ドックン……)」
ハリス「日本は今、(次のセリフはゆっくりと……)いろんな国から狙われています」
幕府メンバー「(ドキッ!!)」
ハリス「(ここからまくしたてるように)もう少ししたら艦隊を率いて、無理やり開国を迫りに来るでしょう。それを断れば戦争の可能性もあります。他の国が出す条件は、私たちのように穏やかなものじゃありません。イギリスやフランスは今はまだ清(中国)との戦争(アロー戦争)で忙しいので、日本を訪れてないだけです。終われば必ずくる。(そしてゆっくりと……)これは、必ずです」
幕府メンバー「(ブルブル……)」
ハリス「さらに言うとロシアも来ます!」
幕府メンバー「(ブルブルブルブル……)」
ハリス「そして、過酷な条件を突きつけてくるでしょう。ただ……我々アメリカと平和な通商条約を結んでおけば、他の外国に口をきいてあげることが出来ます。(囁くように)『アメリカと一緒の条約にしようじゃないか』と」
幕府メンバー「!」
ハリス「アメリカと通商条約を……」
幕府メンバー「…………むす…べば……」
ハリス「それにアヘン戦争のようなことにならないよう、アメリカが日本の盾となって、アヘンがこの国に入ってくることを禁止したい!」
幕府メンバー「(うるうる……)」
ハリス「いいですか……私は、あくまで平和的に日本と交渉します。この国に迫る危険を回避して、強力で……幸せな国になる方法を説明しているまでです」
幕府メンバー「(しゃべるの……うまい……)」

 2時間以上の大演説を繰り広げたハリスさん。
 聞いていた幕メン(幕府のメンバー)も、

幕メン「刺さるわー」

 と、ハリスさんの言葉に、感心して、嘆いて、心を持っていかれっぱなしでした。
 そのまま江戸に残り、返事を待っていたハリスさん。すると、幕メンから……まさかの音沙汰ゼロ。
 感心して聞いてくれていたんじゃないのか? 手応え感じたぞ……。ヤベ、こうなってくると、今になって恥ずかしさが押し寄せてくる……(多少思ったんじゃないかな)。
 ナンダコレハ? 一体今、何の時間なんだ……?
 しびれを切らせたハリスさんは尋ねました。

ハリス「あのー……例の件どうなってます……?」
幕メン「例の件?」
ハリス「(言わせないでよ! 恥ずかしい!)大演説やった、あれのお返事……」
幕メン「あーあれね! あれ、響きましたよー! よかったなー。で、今ね、いろんな人に意見を聞いて、返信待ちなんですよ。少々お待ちください」
ハリス「はぁ……」

 てな感じ。そして何度目かの催促のある日。

ハリス「あの……まだですか?」
幕メン「今返信待ちで……」
ハリス「それ聞いたって(イラッ)。ではいつ返事をもらえるんですか?」
幕メン「こればっかりは……えぇ。日本は大事なことがあると、長い話し合いをしてようやく答えを出すんです。ハハッ。これは昔からある文化で、石橋を叩いて渡るというか……英語だとなんて言うんだろ? オランダ語ならちょっとわかるけど、英語だとちょっとわかんな……」
ハリス「バカタレが!」
幕メン「!」
ハリス「これだけ人を待たせるなんて、侮辱するにもほどがある! 丁寧なのは言葉だけで、誠実さのかけらもない! もういい、下田に帰ります! どこかの国が艦隊引き連れて脅して来て、初めて後悔すればいいさ」
幕メン「ごーーめーーん! すぐなんとかするから〜。ごーーーめーーーん!!」

 ハリスさんの剣幕にヘタッた幕府は、すぐに交渉を開始。
 担当したのは、
 幕府の優れたオジサン 岩瀬忠震(エピソード1で、阿部さんが”海防掛”にバッテキした人)と、
 下田奉行のオジサン 井上清直(いのうえきよなお。この人も海防掛だよ)。
 ハリス、岩瀬、井上は、議論、ディベート、駆け引き、説得を繰り返し、細かく細かく話し合い、談判(交渉だよ)すること14回……。
 日米修好通商条約(にちべいしゅうこうつうしょうじょうやく)
 と呼ばれるお約束の内容が決定したのでした。
 主な内容はこれだ!

  1、日本はワシントンに外交官おいていいよ。アメリカは江戸に外交官おくね。
  2、日本とヨーロッパの国のどれかがモメたら、アメリカが仲介に入るよ。
  3、下田、函館にプラスして、神奈川、長崎、新潟、兵庫の港開いてね。江戸と大坂は市場開いてね。開いた港にはアメリカ人も住むね。自由な貿易しよー。お役人さんとか入れないでおこうね。
  4、輸出品、輸入品は、全部日本の税関通そうね。アヘンの輸入は禁止しようね。
  5、外国のお金と、日本のお金は、同じ種類・量なら通用することにしよー。金は金と、銀は銀と交換できるってことね。
  6、日本人に犯罪やっちゃったアメリカ人は、”アメリカの法律”で裁くからね。アメリカ人に犯罪やっちゃった日本人は日本の法律で裁いてね。

 条約は全部で14か条ありました(”関税率”のことを書いた「貿易章程七則」ってのがついて全部です)。
 ”不平等条約”
 って言葉、聞いたことあります? その名前の通り、不平等な条約なんですけど、この日米修好さんが、まさにそれだと言われてるんです。

「アメリカ人に”領事裁判権(外国人が、自分の国の領事に裁判してもらうことだよ)”与えちゃったよ! 外国人が日本で問題起こしても、日本の法律で裁けないのヘンテコだよ!」
 だったり、
「関税自主権(関税を自由に決める権利だよ)ねーのかよ! 日本だけで税率決めらんないのキビーって! 税を決めるのに外国の意見が入ってくるのトンチンカンだよ!」
 というあたりが、不平等とされてるところです。
 ただ、ハリスさんがムリやり押しつけたかと言うと、一概にそうとも言えず……。

ハリス「日本の法律、『10両以上盗んだら死刑!』とかなんすよね……? さすがにヘビーすぎる……。これは、領事裁判権を認めてもらいたい!」
岩瀬忠震「あ、いいすよ」
ハリス「私には、アメリカ人を守……今、もしかしてオッケーしてくれました?」
井上清直「はい。日本は昔から外国のことは外国に任せる感じなんで。あと、なるべくそちらと関わらないようにしたいので、むしろそうしてください」
ハリス「……素直に喜べねーな……」

 だったり、

ハリス「貿易をするとなると、関税を決めないとですね!」
井上「カン……ゼイ……?」
岩瀬「そういうのがあるのは知ってるんですが、正直……疎いんすよね。教えてくれます?」
ハリス「りょーかいです。ではレクチャーします。まず輸入税というのは……」

 といった感じだったそうです。
 その後日本は、「…………あ、不平等だわ!」となり、この条約を改正するために駆け回ります。それは”明治”という時代が訪れてからのことでした……。

 条約の内容が整ったあとは、名前書いて、ハンコおせば(”調印”ってんだ)、条約ケッテー! になるんですが……またまた大きな問題が、シュルルルル! っと、絡みついてきます。
 それは、この条約に……もっというと“開国に反対を唱える人たち”と、“開国を進める人たち”との激しいバトルのこと。
 それだけじゃありません。そのバトルに、もう一つ”違うバトル”が乗っかってきて、「ネックレスのチェーンって、絡まったらこんなにほどけないの?」みたいな状態になります。チェーンをほどくことはできるのか? はたまた諦めてしまうのか? それとも……。

 幻冬舎plusに会員登録してね! これはオススメとかいう生易しいもんじゃありません。心からのお願いです!

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定