『笑って泣いてドラマチックに学ぶ 超現代語訳 戦国時代』が大人気の房野さんの、新連載です!
さて、黒船の来航で、ペリーがやってきて、日本は一気に近代化していきます。突然大きくて真っ黒な船がやってきて、何をしゃべってるかわからない人が現れたときの様子、想像できますか?
それまでの日本が、大きく変わっていく「瞬間」をお楽しみください!

*   *   *

【暗黒、漆黒、黒魔術。ネエ、オトモダチニナリマショ】

 鎖国(さこく)。
 よく聞くこのワード。”国を閉ざしちゃてた”と言われるアレです。

 海外との貿易を一切行わない——的なイメージが強いかもですが、これは正確ではありません。
 正解は、
「鎖(とざ)してないけど、鎖されてるって言われても、まぁ……しょうがないね」
です。
 幕府、”場所”と、”相手”を絞って海外貿易やってたんです。こちらをご覧ください。

  長崎(ながさき)口——オランダや中国
  対馬(つしま)口——朝鮮
  薩摩(さつま)口——琉球
  蝦夷(えぞ)口——アイヌ

 こちらをご覧いただきましてありがとうございました。こんな感じの限定キャンペーンです(ちなみにこの4つの場所を、”四つの口(四口)”なんて呼んだりします)。
 
 さて、幕府が鎖国をする、その理由とは?

◆理由その1
 かつてはポルトガルやスペインも、日本に来てました。
 でもそこでネックになったのが、”キリスト教の布教”ってやつ。幕府、ふと思ったんです。
「ん? あいつら、この国でキリスト教徒増やしてるけど、あとで侵略にくるんじゃ ね?」と恐れ、「しかも日本人のキリスト教徒が増えて、団結されたら、厄介じゃね?」と考え、結果、「禁止、禁止、禁止! キリスト教も、外国の船が来るのも禁止!!  日本人が勝手に海外へ行くのも禁止! すでに行っちゃってるやつが日本に戻って来るのも禁止!」となったわけです。

◆理由その2
 もし大名が、勝手に外国と貿易しちゃったら……。幕府、ふと思ったんです。
「そこの藩がお金もうかって、力つけちゃって、幕府に歯向かってくるんじゃね?」と恐れ、「逆に言えば、外国との貿易を幕府が仕切ったら、幕府だけ潤うんじゃね?」と考え、結果、「禁止、禁止、禁止! 外国と勝手に貿易するの禁止!!  幕府が許した貿易だけは認める!  認める、認める、認める!!」となったわけです。
 中国や朝鮮はキリスト教を信仰している国じゃないのでオッケー。
 んで、オランダは……

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定