9歳でプロを目指し、12歳でプロになり、26歳で囲碁界史上初の七冠同時制覇を成し遂げた囲碁棋士・井山裕太さんの勝利をモノにする思考法とは? 井山さんが「打ちたい手を打つ」という信念を貫くようになったのは、19歳で経験した張栩さんとの名人戦による敗北がきっかけでした。『勝ちきる頭脳』より紹介します。

*  *  *

打ちたい手しか打たない覚悟

 このままでは張栩(ちょう う)さんには勝てない。
 一年後にもう一度、名人戦七番勝負の舞台に戻ってきて、今度は互角以上の勝負をする──そう決意した僕でしたが、思っているだけでは張栩さんとの差が縮まるはずもありません。

 そこで、僕が自分に対して誓い、実行したのは「たとえ結果が悪くなったとしても、自分が納得できる手を打つことを徹底する」ということでした。

 先の名人戦で最も不甲斐なく感じたのは、前述したとおり、自分を信じきれなかったことです。本当に後悔し、自分を情けなく思いました。七番勝負で負けたこと以上に、その点が悔しかったのです。二度とこういう思いはしたくない。そのためにはどうすればいいかを突き詰めて考えました。

 囲碁というゲームは、200手を超えて終盤を迎えた場面でも、たった一手のミスで優勢をフイにしてしまうことがあります。そうした痛い目にもたくさん遭ってきました。しかし人間である以上、ミスを100パーセント防ぐことはできません。どんな名手・高手でも、その確率を減らすことはできても、いつかどこかで必ずミスはしてしまうものなのです。

 ですから棋士である以上、ミスは付き物。それに伴う敗戦も、避けて通ることはできません。ならばそれを踏まえたうえで、自分には何ができるのか? 名人戦での自分を信じきれなかったことによる敗戦を根本的な大問題として、自問自答を繰り返した結果「あとで後悔するような手だけは打たない。常に自分が納得できる手だけを打つ」という、自分に対する決め事を作ったのでした。

 

 では、納得できる手というのは具体的にどういう手を指すのか? 説明が非常に難しく、適切な言葉が見つからないのですが、あえてひと言で表現するなら「今」という単語に集約できるでしょうか。

 一手一手、目の前にある局面で最善を尽くすということです。

 後悔しないようにすると言っても、しょっちゅうマズい手は打ってしまいます。でもその時に、「ああ、こうしておけば良かったのに……」とは決して思わないということです。

 覆水盆に返らずではありませんが、打ってしまった手は、もう打ち直すことができません。ですから、結局また「今この局面でどうすればいいか?」の繰り返しになるわけです。

 

 しかしそこで、犯してしまったミスを悔やみながら次の一手を考えるのと、やってしまったものは仕方がないと気持ちを切り替えて考えるのでは、当然ながらその後の進行に違いが出てくるでしょう。そのためにも、着手をする際「この後どんなことになっても、それを受け入れる」という覚悟を持つようにしました。

 これが「納得した手を打つ」ということで、仮にその手が原因で形勢が暗転しても、その手を悔やむのではなく、訪れた局面でベストを尽くすことを心掛けるようにしたのです。

 一局の碁はとても長い道中で、簡単に結末は訪れません。過去ではなく、今、目の前で求められている一手一手に全力を尽くし、自分なりの最善を追い求めることが、一局の碁における勝利に最も近づけるのではないか──そう思うようになりました。

 囲碁には正解が存在しない局面も多々あります。そうした時でも「まあ、この程度でいいか」ではなく、「自分はこれがベストと思うのだから、この後どんな結果になろうとも、それを受け入れる」という覚悟を持つ。この覚悟が「納得した手を打つ」ということの、僕なりの定義付けです。

 

 そしてこの考えは、一局の碁という範囲にとどまらず、タイトル戦やリーグ戦という長丁場の勝負においても言えるでしょう。目の前の一手一手に全力を尽くすのと同様、目の前の一局一局に全力を尽くすことが、結果的にタイトル戦での勝利やリーグ戦での優勝に繋がるのです。従って、ミスをした時と同じように、一局の碁に敗れた時も「この一局に全力を尽くしたのだから後悔はない」と考えようと自分に誓いました。

 そして、負けてもそう思えるだけの勉強と準備を怠らないこと──名人戦で張栩さんに敗れたことでこのような考えに至り、以降の対局ではひたすら、この実行と繰り返しに心を注ぎました。

 僕は現在に至るまでの囲碁人生のなかで、自分の棋風(囲碁のスタイル)を変えようとしたことはほとんどないのですが、名人戦に負けた後の一年間くらいだけは例外で、意図的に棋風を変えたと言っていいでしょう。

 そうしないと、張栩さんという壁は超えられない。自分の打つ手に納得して覚悟を持ち、自分を信じることが、張栩さんに追いつくための唯一の道だ。そう自分に言い聞かせながら、名人戦敗戦の一カ月後から始まった次期リーグ戦に臨みました。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

井山裕太『勝ちきる頭脳』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

囲碁界史上初の七冠同時制覇を成し遂げた最強棋士が、初めて明かす勝利をモノにする思考法。
「常識外」「独創」と言われる一手は、どのように生まれているのか。
そして、これからの囲碁界をどう捉えているのか。
9歳でプロを目指し、12歳でプロになり、26歳で七冠を達成した囲碁棋士の頭脳と思考、そのすべて。