やはりイノベーションの中心は技術革新だった

 さて、ここで、経済発展において、「新結合の遂行」と「技術革新」が誤って混同されてしまう理由を考えてみたい。

 それは簡単だ。なぜなら、技術革新を伴わずに、既存の市場支配者を押しのけて、新規参入者が成功することは難しいからである。経済が衰退局面、量的にも縮小している局面であれば、既存のプレーヤーの消滅もありうるだろう。しかし、量的拡大の局面で断絶が起こるということは、何か「事件」がなくては不可能だ。その「事件」の一つが技術革新なのである。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定