最近「うまく恋愛できない」という人が多いようです。
 その表現の仕方はいろいろあるんですが、根本にあるのは「人が怖い」ということのようです。
 治療院に来る人たちのケースを見ている限りでは、やっぱり今、家族が少ないっていうのが大きいんだろうなぁ。親の愛の取り合いをした経験も、おやつやおかずの取り合いも、きっと兄弟が少ないからやってないだろうし。
 それが最後に、彼氏彼女って言うところにものすごい巨大な期待となってしまって、破綻するケースが多いのかな。練習なしでいきなり本番っていう感じでしょうか。
 兄弟とか親だと、まだ自立できないメシも食えない状態のときに逃げ場なく向き合っていかなくちゃ相手との理不尽な触れ合いは、実は彼氏・彼女、夫や妻といった関係と同じなんです。理不尽だって頭に来ても、結局お互い様だから……という感覚が、恋愛にはとっても重要なのです。

 

秘密の入り口・今回の相談

北アメリカ
ころりん(83年生まれ、大学生)
体型:平均

 今、私が悩んでいるのは、エッチが怖くて、彼氏ができないという事です。
 と言うのは、付き合ったら、自然とそういう雰囲気になって、エッチしようと思うに違いない……。こういう気持ちが、私の「彼氏が欲しいな」という気持ちに、ストップをかけてしまうんです。
 私の場合、エッチ自体は、したいという願望はあるんですが、避妊がうまくいかなくて、子供ができてしまったらどうしよう? この事ばかりを考えてしまいます。
 そのため、恋をしたくてたまらないのに、いざデートとなると、真っ先に「エッチするかな?」と思ってしまって、そのデートを断ってしまうという……。
 どうしたら、こういった問題を克服できるのでしょうか??

回答

 ころりんさんは、正しい。
 そういう雰囲気になる、そういう状態になっちゃう自分を予測して、つきあわないようにしてるんですね。
 自分でコントロールして彼氏を作らないようにしている、これは彼女が非常にクレバーで冷静だからだと思います。
 するのがこわいということは、その裏に「今のうちは勉強」とか、「大学を卒業するまでは」とか、自分でブレーキを踏める要素があるんでしょうね。
 ん? 大学生で北アメリカに住んでいるんですね。そうか、やっぱりそうですね。留学しているんでしょうか。仮に彼が出来て、万が一妊娠しちゃっても、捨てられちゃったらとか、結婚するのかとか、留学までしたのに学業は……とか、いろいろありますから。逃げ帰る場がないので、ころりんさんは冷静なんだと思います。
 多分、日本に帰ってきたらはじけますよ~! ころりんさん、あなたは弾けます!
 こういった問題を克服できますかという問いについての回答は、帰国しましょう、ということですね。あなたが冷静なのは、北アメリカにいて、多分留学中で、ひとりだということが大きな理由です。現実問題として、アメリカの大学生活って、日本の大学生からは想像つかないくらいハードですよね。しかも留学生となれば、本当に厳しいはず。そういう状況下で、彼がほしいと思っても、やっぱりそれどころじゃないでしょう。
 もし卒業して就職してアメリカに残る予定なら、卒業に必要な単位をすべて取得すれば、そこからは頭で考えなくても自ら弾けるでしょう。
 とにかく、今は恋愛や、ましてや妊娠なんかしている場合ではないという、ころりんさんの現在の心の動きは、とても正常です。
 やらなくてはいけないことはあるけれど、それはそれとして走ってしまって、後から慌てるっていう子のほうが多い今、僕はころりんさんは本当に素敵だと思います。
 あなたはこのままでよし!

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定