いよいよプロ野球が開幕しました! 今年はどのチームが優勝するのか、応援しているチームの動向に一喜一憂している方も多いのではないでしょうか。
華やかな舞台で、鮮やかなプレーを見せるプロ野球選手たち。しかし、一軍で活躍するヒーローたちの陰には、たくさんの「二軍選手」の存在があります。
プロ野球通でもなかなか知り得ない、そんな「二軍のリアル」を、現役監督である田口壮さんが解説してくださっているのが『プロ野球・二軍の謎』です。元メジャーリーガーだからこそ書ける日米ファームチームの違いや、二軍の試合の楽しみ方、監督としての苦労話など、プロ野球ファンなら読んでおきたい一冊です。
本書の発売を記念して、内容の一部を抜粋しお届けいたします。

 

 

* * *

 

■ 集中力のなさが「降格」を招く

 選手の昇格・降格をどのようにして決定しているのかというのは、野球ファンならば知りたいところではないかと思います。これは、一軍内での話し合いのあと、僕が西村徳文一軍ヘッドコーチか福良監督からその旨の連絡を受けて、その後、福良監督と球団本部長である長村裕之さんの間で決定されます。

 ときおりマスコミのインタビューにも登場する「球団本部長」とは、いったい何をする人なのか? と思っていらっしゃる方も多いことでしょう。「球団社長」が球団経営のトップであるのに対し、球団本部長は、球団現場の実務的なことを統括する立場で、そこにすべての報告が集まります。したがって、ドラフトやFAでの選手獲得も、本部長を中心として話し合いが行われます。

 また、球団内部には「編成部」という組織があって、その担当者が二軍のゲームを見たうえで、各選手の様子などを本部長に報告してくれるのです。球団本部長は、そういった情報をもとに選手個々の状況や性格をも把握し、僕ら現場の人間の目が行き届かない部分もカバーしてくれます。

 つまり、本部長は「編成部からの情報」「一・二軍監督(現場)からの情報」の2本立てで全体を見渡しているのです。この立場は、アメリカで言えば「ゼネラルマネジャー(GM)」であり、GMの集めた選手たちを監督が使う、という構図です。

 ですから、僕がノリで「おっ、キミ今日調子いいね! よし! 明日から一軍や!」と、誰にも許可を取らず決めるといった権利はありませんし、福良さんが、「あいつを二軍に落とす」と考えた場合は、必ず本部長との話し合い、もしくは報告を経ます。

 また、この一・二軍の入れ替わりに関して、がっちり一軍に定着している選手が二軍に来る場合は、必ずしも「降格」とは言えません。もちろん、調子が悪いというのがその理由ならば「降格」なのでしょうが、そのほかにも「ケガのリハビリのため」「一軍のゲームで出番が少ないので試合勘をキープするため」など、選手によってその理由はさまざまあるのです。

 しかし、二軍の選手が一軍に上がり、再び二軍に帰ってくる場合は、「降格」以外の何ものでもありません。

 多くの二軍選手に欠けているのは、試合に対しての「集中力」です。たとえば試合中、その流れを見極め、「今日は自分がどの場面で、どんな役割を担うか」ということを想像し、準備しておくのは、プロ選手にとって最低限必要なことです。にもかかわらず、一人前になりきれていない選手には、自分がいつ代打で登場するかを読むことができず準備が間に合わなかったり、代走で出るはずの状況なのに、なぜか素振りをしていたり、といった「試合の流れを読み切れていない」ということが起こるのです。こういった試合への集中力のなさは、出場した際のミスにつながります。それも、ゲームを決定的にひっくり返すようなとんでもないミスになるのです。野球の技術うんぬんの前に、こういった「試合に対する集中力」を養うために、二軍の選手は昇格・降格を繰り返し、その大切さを学んでいくのです。

 

■ 一軍に上がる選手はここが違う

「監督が一軍に推薦したいなと思える選手って、どんな選手ですか」「勢いに乗っている、いまキてるなと思う選手はどんなふうに見えますか」と聞かれることがあります。

 そう問われて、僕が最初に思い浮かべるのはやはり「目」です。目つき、顔つきが戦うモードになっている選手。そういう選手には、隙がないのです。ユニフォームを着ている間は、いかなる瞬間でも集中力を途切れさせないというのは基本です。一軍のレギュラークラスは、たとえ笑顔を見せていても、そこに隙は感じられません。しかし、二軍クラスはなんとなく「ゆるんでいる」ことが多く、そのあたりの集中力のなさが、ケガやミスにつながってしまうことも多々あるのです。

 昇格の条件がすなわち「いま、キてるから」「調子がいいから」というわけにはいかず、一軍のチーム状況に左右されるのは致し方のないところ。しかし、「心と身体の準備ができている」ということがわかる選手は、一軍から「誰かいないか」と問われたときに、「待ってました!」という気持ちで推薦することができます。

 たとえば昨シーズン、一度昇格したあと二軍に戻ってきた園部選手の例を挙げると、明らかに「一軍で何かをつかんできた」のがわかりました。自分に何が足りないのか、どういった練習が必要なのかを理解し、目つきが変わっていたのです。練習内容もおのずと変化し、ほかの選手と群れずにひとりで黙々と自分の課題に取り組むことが増えました。自分の世界に没頭するようになったのは、自分に向き合う必要性にかられてのこと。今年、春のキャンプでは初日に体重オーバーなどで二軍に送られてきた園部選手ですが、ほんの少しの油断も許されないことを、身をもって知る機会になったのではないでしょうか。たとえ本人は張りつめてやっているつもりでも、プロは結果がすべて。自分が戦う目を保っているかどうかは、意識の持ちようにかかってくるのです。

 僕と目が合っても、なんとなくふとそらす選手、目に覇気がない選手。目はその選手の内面のすべてを表しています。ギラギラとした「戦う目つき」を己の中に作り上げられるかどうかが、一軍昇格へのカギのひとつなのではないでしょうか。

 

次回の試し読みは、「日米プロ野球・ファームチームの違い」について。4月9日(日)の更新予定です。お楽しみに。 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

■田口壮さんの本

プロ野球・二軍の謎

這い上がるか、クビか。
奮闘する二軍のリアルを現役監督が解説!
一軍を支え、一軍を目指すプロ野球の二軍。各チームに所属する約70名の「支配下登録選手」のうち、一軍登録された28名を除く最大42名の彼ら二軍選手は、どんな日々を送っているのか? 一軍の状況次第で急遽昇格することもあれば、二軍戦への出場機会ですら一軍選手に奪われることも。調整中のベテランと新人選手が入り交じり、「プロの厳しさ」を肉体的・精神的に学ぶ「二軍のリアル」を元メジャーリーガーの現役監督が解説。さらには、日米ファームチームの違いや二軍の試合の楽しみ方、監督ならではの苦労や裏話も満載。


第一章 プロ野球の二軍は何をしているのか?
▶一軍と二軍の違い/二軍と育成の違い/二軍にはどんな選手がいるか/プロ選手の練習、その一例…
第二章 日本の二軍とアメリカのマイナー
▶ピラミッド型のマイナー、一軍の調整場である二軍/文字通り「ハングリー」なマイナー/身分が保証される日本と明日をも知れないマイナー…
第三章 二軍の試合が100倍面白くなる!? 観戦ガイド
▶ウエスタン・リーグ、各チームの特徴/二軍のオーダーの組み方/二軍の試合の特徴/ファンとの距離が近い二軍…
第四章 新人監督のマンスリー・ダイアリー
▶いまが這い上がるチャンス 「負け癖」が最大の敵/野球の基本が「勝負の鉄則」とは限らず/エネルギーは内に秘めるな 表に出せ…
第五章 二軍監督という仕事
▶時代によって変わるのはプロ野球界も同じ/「新人類」と「ゆとりど真ん中」世代のギャップ/選手を納得させるのも監督の仕事/監督には「瞬発力」が必要…