経済発展理論の体系を示そう。

 これはまったく私の独善的なものであり、学問的なあらゆる意味での検証を何一つ受けていない。したがって、居酒屋談義に過ぎないという批判は100%正しいが、それでもここに記しておきたいと思うほど、自分としては重要な発見、新しい発想へのきっかけなので、公にもしておきたい。

 

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定