毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2017.03.27

最後のウンチとおしっこ

三砂 ちづる

最後のウンチとおしっこ

人の介護をする、ということは、要するに、食べることと出すことと寝ることに気持ちを寄せる、ということだ。生まれたばかりの赤ん坊を世話することと変わらない(本書より)。

 本サイト連載「かけこみ人生相談」で、大胆にして慈愛あふれる回答が人気の三砂ちづるさん。三砂さんの新刊『死にゆく人のかたわらで~ガンの夫を家で看取った二年二カ月』が発売になりました。
 誰にとっても切実な介護・終末期医療の不安に応えてくれる教科書にして、豊かな生と死のあり方を問う人生の教科書でもある本書。
 主治医から、もうあまり長くはないと言われながらも、淡々と続くいつもどおりの日常。それが「人生最後の〇〇」になることに、そのときは気づきません。言葉を交わすことも、食べることも、そしてウンチもおしっこも。


* * *

立派で使いやすいポータブルトイレ

 金蔵はすでに口からはものが入らなくなっていて、生命維持のためのぎりぎりの高カロリー輸液を使っていたから、最後の日々は、食べることについてわたしが心配することは、もうない状態だった。おしっこをどうするか、ウンチをどうするか、そして痛みに苦しんだり、体位がつらかったりして寝られないことはないか、不安でつらそうにしていないか、をチェックしてよく寝てもらうことがやるべきことだった。だから、彼のおしっこ、ウンチ、に関しては完璧に把握していた。自分がいなくてもヘルパーさんに記録してもらってまず確認することは、おしっこ、ウンチであったのだ。

 最後まで立上がれたわけだから、わたしが一緒に歩いて行ってトイレに行くか、介護ベッドのそばのポータブルトイレを使うか、どちらかが最後まで彼の排泄様式であった。この「介護ベッド」や「ポータブルトイレ」は、介護保険などの仕組みでまかなわれている。電動で高さも足の位置も頭の位置も変えられるハイテク介護ベッドは、すでに約半年前から、我が家のリビングルームの窓際、いちばん眺めがよい場所に置かれていた。

 フランスベッド、という有名なベッドメーカーさんは、介護用品市場にいち早く参入されていたようで、見事なカタログをお持ちで、その中でわたしたちが選べば、どのような介護ベッドでも速攻運んできてくれる。マットレスも、最初は普通のマットレスだったがそのうち体位が安定しやすい上等なマットレスに何度もかえ、最後は、床ずれ防止機能を備えた電動エアマットレスとなった。

 このあたり、一言相談すれば、文字どおり、その日のうちにマットレスが交換される。フランスベッドの営業さんがてきぱきと動いてこちらが使いやすいようにしてくれて、的確なタイミングでケアマネさんに連絡してくれたりして、とにかく手際がよいのだ。そのことにどんなに助けられたか知れない。そのような介護ベッドとマットレスは何度とりかえようが、介護保険のおかげで、我々は月々二〇〇〇円弱を払うのみであった。

 ポータブルトイレに関しては、さすがにパーソナルなものなので、レンタルはできないが、介護保険の制度として、一割負担で購入することができる。家具調で重くて、安定していて、リビングルームに置いていても全く違和感のないような五万円くらいするポータブルトイレも一割で購入できる。このトイレは一階に置いた。

 しかも、ヘルパーステーションの方が、「あら、それはうちにもありますからお貸ししますよ」などと気軽に言ってくださったので、お借りすることにして、二個目のトイレは二階のベッドの横に置いていた。わたしひとりでは持って上がれず困っていたら、フランスベッドの営業さんが、自分のところのものでもないのに、さっさと運んでくれた。こうして、排泄のための仕組みは整っていった。

*次ページ[最後のウンチとおしっこ]に続く

★がついた記事は無料会員限定

【三砂ちづるさんの本】

『死にゆく人のかたわらで――ガンの夫を家で看取った二年二カ月』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)


『三砂ちづるのかけこみ人生相談』
「子供が可愛くないと思います」→「可愛いと思わなくて結構です」
「人間嫌いなのに嘘を重ねてきました」→「もう偏屈なオッサンになりなさい」
「夫に浮気を疑われ離婚。悔しくてたまりません」→「悔しさはお金で解決しましょう」
「幻冬舎plus」で好評連載中の三砂ちづるさんの人生相談が電子書籍になりました!

→試し読み・電子書籍の購入はこちら(幻冬舎plus)
→電子書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
  • 山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 「日本3.0」時代を生き抜くための必読書
  • からだを若く保つ、整体の知恵
  • 10分以内で作れて、洗い物も少なめ、一皿で食べられるヘルシーレシピ集
神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!