毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2017.03.18

2017年3月17日 王族を探して

辛酸 なめ子

2017年3月17日 王族を探して

 今週はサウジアラビアの王族を探して二日間銀座を歩き回っていました。サルマン国王の威厳とカリスマ性に、ひれ伏したい、を通り越して、ぬかづきたいくらいでした。

 最初の日は帝国ホテルのロビー、ペニンシュラのロビーをぶらぶらしました。サウジアラビア人用カウンターと国旗を確認。あの、かぶりものをしていないので、普段着だとわかりにくいです。収穫としては、普通のコーヒーショップでテイクアウトしたドリンクを高級ホテルのロビーで飲むと、かなり優雅な気分になれる、と気づいたこと。サウジアラビア人のご一行さまの乗ってきたと思われる、黒い車を中央通りで何台か確認。でもスモークがかかっていたりで中が見えませんでした。

 二日目は、銀座駅を出たところですごい強風で冷たくて、人生が辛くなっていたら、視線の先に黒い車が。三越の紙袋をいくつか持った細身のしゅっとした若いアラブ系男性に気を取られましたが、その人は荷物持ちで、実際はそのご一行のメガネのおじさんが王族関係だったのかもしれません。

 Google翻訳で調べていた、「お金をください」のアラブ語「オータニーナクダ」は結局言えませんでした。でも46年前来日したとき、街の人にもお金を配ったという噂があるので、言えばもしかしたら……。ちなみにそんなに大量に爆買いはしていないようでした。

 王族男子は貫禄ありましたが、妻とか女性は一切出歩いているのを見かけないので、女性に自由がなく厳しい環境なのでしょう。安易に第○夫人になりたいとかいう願望を抱かないほうが良さそうです。

 でも本当にお金を恵んでほしかったりしたわけではなくて、王族の残したオーラというか気を吸収したかったんです。

 

銀座に停まっていた黒い車。王族センサーが反応しました。


 ところで、森美術館が最近スピリチュアルというか、村上隆展、宇宙と芸術展など、高次元に連れて行かれそうな展示が多いです。

 今開催のN・S・ハルシュ展は、インドの神様とかサドゥーとか宇宙がでてきて、魂の琴線に触れる内容でした。

 インドの神様がたくさん描かれている絵も。

 シヴァ、ヴィシュヌがいてブラフマーの姿がなかったのが気になりました。火を焚いて神に祈るインド古来の儀式の背後にチャレンジャー号が描かれている、象徴的な絵や、大地でヨガをするサドゥーの絵にも惹かれました。火を焚く儀式、去年インドで参列した記憶が…、とか言ったら同行者に「インドに行った人はすぐインド自慢をする!」とたしなめられました。

 期間中、絵に囲まれた会場でヨガイベントがあるそうで、ぜひまた参加して魂を高めたいです。ちなみに会場内の動画で見たハルシュ氏はすごく徳の高そうな顔立ちでした。名声と人徳を高い次元で保てるなんてすごいです。

 作品の中に、カレーの食品サンプルがたくさん並んでいるものがありました。たぶん会期中六本木ヒルズのカレー屋が集客率高まるのではないでしょうか。

 ヨガといえば、最近女性の憧れ職業となりつつある、ヨガインストラクター。女優やモデルさんでも転向される方が多いです。hitoeさん、チバレイさんにはじまり、吉川ひなのさん、内山理名さん、松本莉緒さん、田中律子さん……。内側からも満たされ、人徳も高まった感でイメージアップです。江角マキコさんとかもヨガインストラクターでみそぎの修行後、再出発とかどうでしょう?

 まわりの美女にヨガを教えている人が多くて私も内心憧れています。先日もヨガインストラクターの美女の取材で「あの、体が固くてもヨガインストラクターになれますか?」と聞いたら、自信のなさから声が小さかったみたいで、2、3回目でやっと伝わりました。体が固くても大丈夫だそうですが、10代で50代の固さを言われた私とではレベルが違いそうです。

ヨガの先生の元祖、ヨグマタさんの新刊と、畏れ多くも、最近共著で出しました「あの世の歩き方」を並べさせていただきました。あの世を見た体験がある方々に取材した本で私は漫画を担当しています。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

【電子オリジナル書籍】辛酸なめ子『次元上昇日記 ベストセレクション50』
→試し読み・電子書籍の購入はこちら
→Amazonでの電子書籍の購入はこちら


辛酸なめ子『辛酸なめ子の現代社会学』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)


辛酸なめ子『次元上昇日記』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

なかしま2017.3.22

新刊が出たのですね! イベントはないのでしょうか。 私はなめ子さんの著書のお陰で、ヨグマタ相川さんを知り、興味をもちました。ついには入門しちゃうかもしれません^^;。ディクシャに至るかどうかは分かりませんが(高いから^^;)。 なめ子さんの影響力は甚大なのです。 ライトワーカーの極みに達していると思います。いつか、また「いるみな亭」みたいな機会があったら、今度こそこんこんと膝を詰めてお話したいですwww

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!