日中韓トップ棋士と囲碁AIによる初の世界大会「ワールド碁チャンピオンシップ」が開催され、注目を浴びています。AIも含めた世界No.1囲碁プレイヤーを決める本大会で、日本最強棋士として出場している井山裕太さんは、AIにどのような可能性を感じ、どう付き合おうと考えているのでしょうか。井山裕太さんの『勝ちきる頭脳』より紹介します。

*  *  *

人工知能が拓く可能性

 人工知能にはまだ明らかにされていないことが多く、開発側も試行錯誤の部分があるようです。

 そうしたなかではっきりしているのは、李 世乭(イ・セドル)さんとの対戦でアルファ碁が打った手が世界的に流行しているように、人工知能が新たな囲碁の世界観を示してくれることは間違いないということです。

  対戦相手ということでは脅威ですが、そういう意味では囲碁の奥深さを教えてくれる存在でもある──Zenと対戦した後に趙治勲(チョウ・チクン)先生がおっしゃっていたように「人工知能から学ぶべきところは学んで、人間もさらに強くなっていけばいい」のではないかと、僕もそのように考えています。

 常識とは常に変化するものであり、それこそが囲碁の深遠な部分なのですから。

 

 現在、一般社会に普及している囲碁のソフトといっても、せいぜいアマチュア高段者レベルで、プロの域には達していません(一年ほど前のZenもそうでした)。

 ですから棋士が囲碁ソフトを使うといっても、詰碁判定のソフトを使って正解を知ったり、余詰め(複数の正解があること。詰碁では正解が一つに限るという絶対条件がある)がないかどうかを確認してもらうことができる程度です。

 つまり部分的に正解がある分野に関してはしっかりしているのですが、全局的な配石を入力し、どちらの形勢が良いかとか、次の一手はどこがいいかを表示することはできません。ちなみに将棋では、コンピューターの見解を聞くことができ、活用できる段階に入っているそうです。

 ですので、僕も現在、囲碁でコンピューターを使うとしたら、パソコンのインターネット中継で国内や海外の対局を観戦したり、自分の打った碁を棋譜として入力して保存しておくくらいです。将棋の世界のように、コンピューターを使って勉強しているわけではありません。囲碁はまだその段階にきていないのです。

 

 しかし人工知能の登場で、それが覆るかもしれません。もし今後、アルファ碁やZenが一般に市販され、研究材料として使えるようになったら、おそらく僕も勉強の一還として使うでしょう。そういう未来が来たら、それを受け入れて活用すると思います。

 ただし僕は、いくら人工知能が強くなろうとも、すべてを盲信することはしません。大前提として自分の考えがあって、そのうえで人工知能の見解を聞いてみるというスタンスをとることになると思います。

 要は、研究会とのかかわり方と一緒です。他人の意見はあくまで「新たな気づき」を得るためのヒントで、他人の考えを丸ごと拝借することは、僕のなかではありえません。自分では気づかない発想のヒントをもらうという活用法になることでしょう。

そのヒントも鵜呑みにすることはなく、自分なりに理解できなければ実戦で使用することもないと思います。ただし、人工知能のほうがケタ違いに強くなってしまったら、その方法も変わってくるのかもしれませんが……。

 このように、人工知能をめぐって様々な思いが錯綜しています。そうしたなかで、僕がはっきり心に決めているのは「それでも自分はやっぱり、少しでも進歩したい」ということです。今の僕が抱いている気持ちは、これに尽きると言っていいでしょう。

 どんなに人工知能が発達して強くなったとしても、僕の囲碁に対する興味が途切れてしまうことはありません。そしてこの気持ちが続く限りは、今よりちょっとでも囲碁がわかるようになりたいと思うのです。

 長くトップ棋士でいたいと思うし、世界戦で勝ちたいとも思いますが、やっぱり一番の想いは、この「一歩でも前へ」という探求心以外にありません。

 そしてプロ棋士として囲碁を打っていくためには、誰に何と言われようと「自分はこうなんだ」というものを持っていたい──それを失ったら、もう自分じゃなくなってしまうという自分の「核」を、もっともっと強く確立していきたいのです。

 そうした部分で「自分はまだまだ弱い」と感じることも多いので、進歩していくためには、自分をしっかり持ちながらも、それでいて自分を変えていく必要があるでしょう。

 非常に難しい作業であることは承知していますが、成長していくためには変化を恐れてはなりません。変えていかなければならないし、変わっていきたいと思っています。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

井山裕太『勝ちきる頭脳』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

囲碁界史上初の七冠同時制覇を成し遂げた最強棋士が、初めて明かす勝利をモノにする思考法。
「常識外」「独創」と言われる一手は、どのように生まれているのか。
そして、これからの囲碁界をどう捉えているのか。
9歳でプロを目指し、12歳でプロになり、26歳で七冠を達成した囲碁棋士の頭脳と思考、そのすべて。