ヒマラヤの秘境にて修行をし、究極のサマディ(悟り)に達した、ヒマラヤ大聖者・ヨグマタ相川圭子さん。「多くの人に幸せになっていただきたい」という思いから著した新刊『ヒマラヤ大聖者のマインドフルネス』より、日常生活で今すぐ実践でき、悩みを手放し健康体質になれる「瞑想的生き方」をお届けします。

(刊行を記念して4月3日紀伊國屋ホールにて講演会を開催します)

 

 

 

 なりたい自分に向かって努力することや、手に入れたいものを目指して努力することは、楽しいことです。変わっていく自分、足りないものを補って満ちていく自分に、人は興奮を覚えます。

 しかし、その過程が楽しければ楽しいほど、その結果や成果を自分のものだと勘違いして、驕ってしまうことがあります。そして、その成果にこだわるのです。
「自分が努力して手に入れた成果なのだから、それは自分のもの」と、あなたは思うかもしれません。はたしてそうでしょうか。

 あなたは、宇宙の創造の源から分かれた個人の魂からのエネルギーで生かされています。あなたが考えられるのも、体を動かせるのも、その力が働いているからです。
 そのことを忘れ、自分がやった、自分が手に入れたと思い込むと、本質からどんどん離れてしまいます。

 たとえば、あなたの努力が認められ、マネージャーに昇格したとします。あなたは思うでしょう。「私はマネージャーなのだ。マネージャーは私のポストなのだ」。そして、あなたはそれを評価し、大切に思い、いつのまにか執着していきます。ところがそんなとき、ちょっとしたミスを犯し、降格したとしましょう。あなたは「マネージャーではない自分」を自分として認められず、苦しむのです。マネージャーだった過去の自分に執着し、現状を否定してもがきます。

 しかし、あなたが執着している過去のポストは、源の力があってあなたの心身が働いたことによる成果なのです。

 また、たとえば、部屋を掃除してきれいに片づいたという成果も、それに対するこだわりも、誰かが部屋を使って散らかれば消えてしまいます。成果は変化するもので、その場限りのものです。成果を自分のものだと思い込み、こだわり、失うことを恐れ、失って苦しむのは愚かなことです。

 最初は、こだわりを捨てたり、欲望を手放したりすることを怖いと感じるかもしれません。「成長できなくなるのではないだろうか」「何かが停滞するのではないだろうか」「貧乏になるのではないか」。いろいろな不安がよぎるでしょう。けれども、心配いりません。あなたは心を浄化し、本当の自分と出会うことで、もっと豊かになることができるのです。憎しみの人が愛の人になり、怒りの人が許しの人となり、無知の人が知恵の人となります。

 外側からものを必要以上に集めることの虚しさを知り、常に心の飢えと闘う人生に決別し、内側から満ちる幸せを感じましょう。

「成果は自分のものではない」
そう思えば失うのは怖くない。

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

ヨグマタ 相川圭子『ヒマラヤ大聖者のマインドフルネス』
→書籍の購入はこちら(Amazon)

心のとらわれを外し、悩みを手放す。そして、本当の自分に出会うーー。ヒマラヤ大聖者による「瞑想的生き方」指南、決定版!
この本を手にしたあなたは、気づき始めていることでしょう。外側の世界を探求し、他人と競い合い、物事に執着する人生の虚しさに。人が、奥深くからの安らぎを手に入れ、幸せに満たされて生きるために必要なこと。その答えは、外側の世界ではなく、あなたの内側にあります。「はじめに」より
世界に二人しかいない「ヒマラヤ大聖者」が伝授する、執着を手放し、本当の自分に出会い、マインドフルネスに健康に生きるための瞑想的心得。