パリ在住20年に及ぶ著者・野口雅子さんが出会った55人のフランス人マダムたち。彼女たちに教わった人生の知恵を集めたのが『フランス女性は80歳でも恋をする』です。自分を卑下しない、毅然と「ノン」と言う、幸せは隠す、結婚していなくても幸せ、不倫は贅沢と心得る…など、私らしさにこだわる生き方の秘訣が満載です。そんな本書から、エピソードをいくつかご紹介していきます。

本を読みにひとり旅をする

 パートナーや家族、友だちと行く旅もいいけれど、ひとり旅には、また別の良さがあります。

 短い時間でも、ひとりで旅に出ることで、また新たに頑張ろうと気分がリフレッシュされたり、心に栄養を与えてくれます。

 大人の女のひとり旅は、あそこに行って、あれも見て、あれも買って……とバタバタするのではなく、もっとゆったり過ごしたいもの。

 

「本を読みに旅をする」ことを教えてくれたのは、カロリーヌ。

 

 土曜日の夜、サル・プレイエルでのコンサートのチケットがあったので、カロリーヌを誘ったところ、

「誘ってくれてありがとう。でも、残念。この週末はロンドンに行って来るの。帰ってきたら会いましょう。チャオ!」

 というメッセージが入っていました。

「大丈夫、気にしないで。ボン・ヴォヤージュ! 良い旅を」

 私もメッセージを返しました。

 

 パリ-ロンドン間はユーロスター(電車)が走っていて、2時間30分ほどで到着、多くの人に気軽に利用されています。いつか私もユーロスターに乗ってみたいと思いながら、翌週、カロリーヌとランチタイムに会いました。

 

 エッフェル塔近くにある待ち合わせのビストロで黄色いフリージアの花束を私に、と差し出してくれたカロリーヌ。

「ありがとう。わあ、嬉しい」

 誕生日でも祝い事があったわけでもないのに、お花を贈られるなんて嬉しいものです。

 互いの近況報告をした後、

「ロンドンの旅はどうだった? どこに行ったの? いいレストランは見つかった? 何か買った?」

 と私は矢継ぎ早に質問しました。

「とってもいい旅だったわ。でも、どこにも行っていないし、何も買っていないけれど」

「ええ? それって、どういうことなの?」

「本を読みに出かけたの」

 

 彼女のお気に入りは、ひとりで高級ホテルに数日間ステイすること(シーズンによって、高級ホテルでもリーズナブルな値段で泊まることができます)。

 旅の目的は「本を読むこと」なので、ホテルの部屋で読書、というのがメイン。

 だから、ホテル選びが大切。

 雰囲気も居心地も良いところ。静かで女性がひとりでいても違和感がないところを選ぶそうです。

 でも、せっかくロンドンに行って、流行りのレストランにも行かず、買い物もせず、ルームサービスかデリの食べ物で本を読むだけ?

 ちょっともったいない、と最初は思いましたが、カロリーヌの話を聞いているうちに私もワクワクしてきました。

 

「まず、自分の好きなエリアのホテルを選ぶことね。チェック・インしたら近所を散歩して、お花を買ってホテルの部屋に飾るの」

 短い滞在でお花を飾るのはもったいない、とまたもや私の貧乏心は反応しましたが、

「別に豪華なブーケを買うわけじゃないのよ。一輪だけでもいいし」

 と聞いて納得です。

 花が一輪あるだけで、気持ちが華やいで幸せな気分になるものですよね。

 それに、ホテルの部屋を自分の部屋にカスタマイズできます。

 こうして数日間、本を読む以外は、

「近所のお店を覗いたり、公園を散歩したりするの」

 インターネットにも繋ぎません。

 カロリーヌは仕事では専門書を読む必要があるのですが、オフタイムには自分の好きな本を読みたいのです。

 好きな作家のミステリー小説や、とりわけ、彼女が愛してやまない考古学の本を。本を読んでいると、そこがどこであれ、彼女を古代バビロニアやインカ帝国に連れていってくれるのです。

 

「今度はベルリンか、ビアリッツ(スペインに近いフランスの地方)に行こうかな」

 彼女の話を聞いてすっかりその気になった私は、どこに行こうか、どの本を持って行こうか、と夢想し始めていました。

 持って行く本は、ずっと読みたいと思って去年買ってあった本、まだ読んでいないあの本にしようかな。

 想像するところから、旅は始まっています。

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

野口雅子『フランス女性は80歳でも恋をする』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)