パリ在住20年に及ぶ著者・野口雅子さんが出会った55人のフランス人マダムたち。彼女たちに教わった人生の知恵を集めたのが『フランス女性は80歳でも恋をする』です。自分を卑下しない、毅然と「ノン」と言う、幸せは隠す、結婚していなくても幸せ、不倫は贅沢と心得る…など、私らしさにこだわる生き方の秘訣が満載です。そんな本書から、エピソードをいくつかご紹介していきます。

緊張感とリラックスをバランス良く

「マサコ~!」

 22時を回った頃、サンジェルマン・デ・プレの裏道を歩いていると、どこからか私の名前を呼ぶ声がします。辺りを見渡してみると、角にあるレストランにドレスアップした人々が大勢集まっていて華やかな雰囲気。どうやら、パーティーが開かれているようでした。面白いのはお店の外にまで、たくさんの人がいること。パーティーはレストランの中で開かれているのですが、皆、外で立ったまま、ワインを飲みながら語り合ったりしているのです。

 

 私の名前を呼び、手を振っていたのは、ワイングラスを手にしたオリヴィアでした。

 ヴェルサイユで開かれた友人の結婚式で会って以来、1年ぶりの再会です。黒のスキニー・ジーンズに黒のピンヒールのサンダル、相変わらずスタイル抜群の彼女。全身を黒で統一したファッションが、若さと華やかさを引き立てています。彼女は今、36歳のはず。去年、35歳で彼女の親友レアは結婚し、一方、オリヴィアは恋人との別れを選んだ、という話を聞いていたのです。

 その後、いいことがあったのでしょうか。3、4人の男性とカウンターで立ち話をしていたオリヴィアは、華やいで見えました。

 

 フランスでは、こんな風に、パーティーやバーやカフェなどで、立ったまま飲んだり、食べ物をつまんだり、人々が談笑したりしている光景をよく目にします。外国映画でもよく出てくる光景ですが、本当に欧米人は座らないのです。

 座る場所はいくらでもあるのに、敢えて立ったままでいるのです。ホーム・パーティーでも、ソファに腰を下ろさず、立ったまま話している人がたくさんいます。彼らは間違っても、われさきに、と座る場所を確保して「ドッコイショ」と座ったりはしないのですね。ピンと背すじを伸ばし、同時に寛くつろいでいるのです。

 

 私には慣れない習慣でしたが、今では椅子を探さないでいられるようになりました。あなたも、社交の場で「座らないでいること」をぜひ試してみてください。例えば、コンサートの幕間でバーに行く時などはどうでしょう? 電車の中でも、座らないで立っている、お洒落で目立つ女性を見かけます。

 そうです。家を1歩出たら、社交の場です。

 

 座らないでいると、ちょっとした緊張感が生まれます。他人から見たら、頭から足先までトータルに全身が見えます。あなたの姿を見せるチャンスですし、お洒落のしがいもあるというものですよね。

 この〝少しだけ緊張感を持つこと〟は、間違いなくあなたの女っぷりを上げるのです。

 

 そして同時に、人を観察すること。素敵な人を探すのです。男性でも女性でも。若い人でも年配の人でも。「あの人って素敵!」そんな人の真似をしましょう。何事も練習です。そうすれば、程よい緊張感を持ちながら、同時にリラックスしていられます。オリヴィアのように。

 

「聞いて。私、この秋、日本に行くことに決めたのよ」

 オリヴィアは弾んだ声で、そう言いました。

「旅行?」

「そう。トーキョーとサド(佐渡島のことでしょうか)と、キョートと。今からすごく楽しみ。ちょうど良かったわ。日本のこと、色々教えてほしいから」

「もちろんよ。喜んで。ところで、今日は何のパーティーなの?」

 すると、オリヴィアは肩をすくめました。

「それが私もよく知らないの」

 隣のギャラリーで開かれていた初日の催し、ヴェルニサージュに出ていたら、その流れで、ということ。

 何だかわからずにパーティーに出ているって、面白い。狭いパリの街では、あり得ることでしょう。

「マサコ、あなたもどう?」

 と言われましたが、私はバスで帰りたかったので、オリヴィアと立ち話をしただけで自宅に帰ることにしました。

 

 こういうところが、日本人なのです……。

 

 せっかく面白い流れでパーティーに誘われたのに、断るなんて。それも、バスで帰りたいからという理由で! 遠くに住んでいるわけでもないし、タクシーで帰れば良かったのです。

 もし、パーティーに出席していれば、そこに人生を変えるような出会いがあったかもしれない。それとも、ただ退屈なだけだったのかもしれない。

 どちらもいいではありませんか。ぜひ、あなたには偶然を面白がってほしい、チャンスを逃さないでほしいと思います。

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

野口雅子『フランス女性は80歳でも恋をする』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)