毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2012.03.01

2012年3月

辛酸 なめ子

2012年3月

 2012年3月1日 スピリチュアル料理

 仕事関係の打ち合わせを兼ねてスピリチュアル系食事会が湯島食堂で行なわれました。湯島食堂は運気上昇を念じて作られたおいしい料理(野菜メイン)が食べられるお店で、岩崎弥太郎の庭園が近くにあったり、コロボックルや龍のたまり場でもあるパワースポットです。
料理に添えられている葉っぱも、そこはかとなくコロボックル感が。見える人には見えるそうです。そして龍も、龍のハブ空港みたいにどんどん増えていて、好きな龍を連れて帰って良いと言われましたが、イルカのスピリットとの相性が心配です。

いつもメニューを決めないで、お客さんを見て自動的に手が動いて料理が作られるそうですが、今回は紫色の食材が多く、高貴な色で光栄です。しかし紫は欲求不満の色という説もあります。どこの寺の誰がイケメンかとか、僧侶について邪心まみれで盛り上がっているのが聞こえてしまったのかもしれません。あとは、地震予知サイトの話で盛り上がりました。コースのシメは、ビーツで煮込んだ赤い「ラブリゾット」と呼ばれる品でした。下半身のチャクラが活発化しそうです。
最初の品は、海藻みたいなものの上に白いゴマっぽいものがかかっている料理だったのですが、あとからそれが非加熱のヘンプシードだったと聞いて、もっとイヤシロチのエナジーを味わえばよかったと後悔。食材や調理法が良いからか、苦手だったサトイモ、シイタケ、ヒジキなども残さず食べることができました。満月or新月の日に収穫したひじきはベチョッとしていなくてみずみずしかったです。
ここで素材の味を生かした料理をたくさん食べたからか、化学的な味に敏感になってしまいました。あとで、冷静になってクッキーを食べたら、小麦粉の塊でしかないことがわかり、味蕾にしみわたる軽薄なテイストに本性を見た感じで、お菓子の洗脳が解けそうです。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

【電子オリジナル書籍】辛酸なめ子『次元上昇日記 ベストセレクション50』
→試し読み・電子書籍の購入はこちら
→Amazonでの電子書籍の購入はこちら


辛酸なめ子『辛酸なめ子の現代社会学』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)


辛酸なめ子『次元上昇日記』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!