毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2017.03.11

「会社行きたくねー!」というあなたのための処方箋

ブラック企業で働く社畜男子&ラーメンオタクの美形剣士(3)

蒼月 海里

ブラック企業で働く社畜男子&ラーメンオタクの美形剣士(3)

 



朝起きて、「あ~、会社行きたくねー!」「今日、電車止まんないかな?」なんてつぶやいたことはありませんか? ついでに、「あのウザい上司がドラゴンにさらわれちゃえばいいのになー」なんて妄想したりして。え、「ドラゴン」とかそんなのありえないて? でも、もし「ありえないはずの願望」が叶ってしまったら――?

舞台は、ある日突然、人間のストレスが生み出す魔物でダンジョン化した新宿駅。ブラックなゲーム制作会社に勤務する社畜男子・浩一は、魔物に襲われたところをラーメンオタクのイケメン剣士・ニコライに助けられ、一緒にドラゴンを追うことになるが――。

元ブラック企業勤務の著者が描く、超リアルな社畜描写も必見。
「プレミアムフライデー? それどこの異世界の話?」「このままでいいのか、おれ(わたし)の人生?」という疲れ切ったあなたを癒して元気をくれる処方箋小説!
3回にわたってお届けした『もしもパワハラ上司がドラゴンにさらわれたら』の試し読みも最終回! どうぞお楽しみください!
 

              *    *    *

 おれは犬か!
 頭の中が冷静になるにつれ、ニコライの態度に腹が立ってきた。どうにかして、このわけの分からない状況を説明させてやる。
 そう思って、スマホを突きつけた。
「どうやら、秘密にしたいことがあるようだな。だが、さっきのスライムの画像はばっちり撮ったんだぜ! こいつをSNSに上げて欲しくなければ、何がどうなっているかを話したまえ!」
 しかし、ニコライは涼しい顔をしていた。いや、冷ややかに一瞥をしただけだった。
「その画像をアップロードして、お前が『スライムに会った』というメッセージを添えて、本気にする者がいると思うか」
「えっ。うーん……」
 改めて画像を見る。
 どう見ても、床に巨大な求肥が落ちているようにしか見えない。このままでは、「食べ物を粗末にするな」というお叱りの言葉を多数頂く炎上案件となってしまう。
「ぐ、ぐぬぬぬ」
「画像は消して、全て忘れろ。そうした方が、お前のためだ」
 ニコライは踵を返す。
 いけない。このままでは、何の話も聞けないまま別れることになってしまう。
「そ、そうだ。ドラゴンは――」
 その一言に、ニコライは足を止めた。
「ドラゴンを、見なかったか? こっちに来たはずなんだけど」
「……さあな」
「マジか。あんただったら知ってそうだと思ったんだけど……」
「ドラゴンとやらも、そのスマホで写してウェブにアップロードする気か?」
「そ、それもやりたいけど、上司がそいつにさらわれたんだよ」
 それを聞いたニコライが振り向く。深紅の瞳を、真っ直ぐこちらに向けた。
「それは本当か」
「う、嘘を吐くなら、もっと面白い展開にするっての」
 第一、ドラゴンや魔王にさらわれるのはお姫様やヒロインの役目で、嫌な上司の役目ではない。そんな展開では、助ける側のモチベーションも上がらない。
 ニコライは、値踏みをするようにこちらを見つめる。おれは、ドキドキしながら、そっと目をそらす。見つめ返す勇気はなかった。
「ふむ。嘘を吐いているようではなさそうだな」
「あ、ああ」
「そうとなれば、話は別だ。お前の話も聞きたい。しかし――」
 ニコライの鋭い視線が周囲に向く。
 辺りに集まっていた人は、すっかりいなくなっていた。皆、自分の時間を惜しむように、せかせかと構内を往く。
「ん? どうしたんだよ」
「……しっ」
 ニコライは人差し指を立てる。
 一体、通行人が何だというのか。その足元に視線を向けた瞬間、己の目を疑った。
 構内の床から、水が染み出すようにじんわりと、あの求肥スライムが現れたではないか。皆、前を向いているので気付かない。そんな彼らの足元で、スライムが一体、二体と増えている。
「あ、あ、あれ……」
「やはり、発生源をどうにかしなくては……」
「発生源? 新宿駅に、そんなものがあるのか?」
 モンスターを発生させるものと言えば、魔力の泉とか、召喚の魔法陣とか、そういった類だろうか。まさか、そんなものが現実に存在するなんて。
「おい。スマホをしまえ」
 ニコライの視線が、おれのスマホを突き刺す。
「いやいや。マジで魔法陣やら何やらがあるなら、それも撮らないと。勿論、今度は動画で。動画だったら、みんな信じてくれるだろ」
「肖像権侵害で訴えられるぞ」
「肖像権? 魔法陣にそんなものが発生するの?」
「いいから、黙ってろ」
「ハイ……」
 明らかに苛立った声を投げられ、口にチャックをした。これ以上喋ったら、一刀両断にされそうだった。
 ニコライの剣は鞘に納められていたが、柄には手が添えられていた。いつでも抜ける状態である。そうして、彼は再び、周囲を見回した。
「先ほども何体か滅した。こいつらは、一定の範囲内に出現しているはず」
 ニコライは、「おい」とおれに声をかける。
「な、なんだよ」
「スマホを貸せ」
「はぁぁ? さっきから、スマホをしまえとか貸せとか。おれはお前の家来じゃないっつーの!」
「ならば、別にいい」
 ニコライは素っ気なくそう言うと、自身のコートの内ポケットを探り出した。急に不要とされると、寂しくなるのが人間というものである。
「ちょ、ちょっと待って。おれの方が早く用意できるし。ほら、ほら!」
 スマホをぐいぐいと押しつける。ニコライは、手のひらでそれをやんわりと押し戻した。
「地図を表示してくれ。新宿駅構内図を」
「え、あ、はい」
 そんなの、今、この状況で何に使うんだろう。スライムの様子をちらちらと気にしつつ、ニコライに言われたとおりに地図を開く。
「これでいい?」
「上出来だ。感謝する」
 ニコライはスマホを受け取らず、シャシュカに手を戻して、画面を覗き込む。
「新宿駅の構内図は、完全にダンジョンマップだよな。複雑過ぎて、何処が何処だか分からないっつーの」
「黙ってろ」
「申し訳御座いません」
 初対面の相手だというのに、大変手厳しい。というか、もうスマホを下ろしてもいいだろうか。相手に見せる姿勢を保つのも、意外と辛い。
「成程な。大体の位置は把握出来た」
「腕を下ろしていいですか」
「ああ。ご苦労だったな」
 無駄に尊大に、ニコライはおれを労う。ぷるぷるしていた腕を引っ込め、ひきつった筋肉を優しくさすってやった。
 それにしても、一体何を把握したというんだろう。
 おれもニコライに倣って地図を見るが、さっぱりだ。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

蒼月海里『もしもパワハラ上司がドラゴンにさらわれたら』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

「このままでいいのか、おれの人生?」そう思いながらブラック企業で働く浩一。このパワハラ上司さえいなくなれば! そんな願望を抱いた時、突然ドラゴンが現われ、上司がさらわれてしまい――。人間のストレスが生み出す魔物で新宿駅はダンジョン化!?
謎の毒舌イケメン剣士ニコライとヘタレ男子浩一 コンビは、上司を無事に連れ戻せるのか?

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 自然の力とバリの魅力に満ちた心あたたまる物語。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 不確かな未来と冒険の物語を、その情熱で捕まえて、前へ進め!!
  • 「もう、冒険者やめたほうがいいんじゃないですか?」
  • ワケあり男女がシェアハウスに!
これは日本の悲劇でもある。
最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
全商品ポイント50%還元中<電本フェス>
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!