毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2017.03.15

縁結びの神社に参拝するだけじゃ意味がない!?良縁のためにできること

真木あかり

縁結びの神社に参拝するだけじゃ意味がない!?良縁のためにできること


 占い師という仕事柄、私のもとには日々さまざまなご相談が寄せられます。恋や仕事、人生のこと、その多くに共通するのが「縁」というテーマです。自分と誰かをつなぐ縁を見たい、確かめたい、手に入れたい。縁が目に見えないものだからこそ、余計に不安や想像を煽るのかもしれません。人間関係に限らず転職や就職、保育園の落選通知に受験、はたまた失くしものをしたときなど、思うような結果が得られなかったとき「ご縁がなかったと思おう」と考える人も多くいます。言葉遊びのようですが、縁と無縁のテーマはないと言えるでしょう。ご縁とは何か、どうすれば良いものにできるのか。私が占い師として経験を積む中で見えてきた「ご縁の法則」をご紹介しましょう。

 その前に……この縁というものは、運命とよく似たとらえ方をされていることが多いようです。つまり「決まっているもの」「変えたり動かしたりすることはできず、受け止めるしかないもの」ということですね。でも、実はご縁は自分で作っていけるし、変えていくこともできる。困難を求めるような人生もそれはそれでアリですが、できれば限りある人生、できるだけ良い人に囲まれて過ごしたほうがハッピーなことも多いでしょう。恋も仕事も人生も、良いご縁を引き寄せていこうではありませんか。

 

「ご縁がない」と言うと縁は減る

「まったくご縁に恵まれなくて」「やりたい仕事とはなかなか縁がなくて」なんて言葉は日常的によく聞かれます。ただ、いきなり怖い話をして恐縮ですが「ご縁がない」と口に出せばご縁は減ります。「言霊」という言葉の通り、言葉には力があります。いわば自分に呪いをかけているようなもので、どんどん縁のない体質になっていってしまうんですね。

 そもそも論として、縁は目に見えないもの。本当はあっても気づこうとしなければ、その人にとっては「ない」ものになります。ないと思っていたら見出そうという気持ちも生まれないでしょう。だったら、ないと決めつけてしまったらもったいないですよね。ご縁は見えないだけで、ちゃんとあるもの。そうマインドセットした上で「こういうタイプの人が好き」「こんな仕事が嬉しい」なんて表現をしてみると理想的です。

 

 必要以上に意味を見出そうとしない

 人と人が出会えば、そこには縁が生まれます。恋やあこがれなど特別な気持ちが生まれたら、本気であればあるほど「この縁を信じてもいいのか?」と考える人も多いでしょう。でも、出会った意味は?これは良縁か、それとも悪縁か?といったことは、神経質に考えないほうがベターです。縁自体には意味も、良いも悪いもないからです。

 出会ったことは「縁ができた」ということであって、それ以上でもそれ以下でもありません。良い縁にしていきたいなら、見るべきは縁ではなくて相手なんですね。相手の目を見て話を聞いて、価値観をたくさん共有しましょう。信頼の気持ちを持ちましょう。そうすることで、良縁にしていけます。

 

 良い縁を引き寄せるには、小さな縁からつなげていく

 できれば良い人とつながりたい、願ったように生きたい。そう思うのは決して私だけではないでしょう。たとえば片思いの人と結ばれたいと思ったとき、どうするか。縁結びの神社に行っても、それで恋人ができたという人はそう多くないでしょう。神様に楯突くつもりはないのですが、合格祈願をすれば志望校に合格するわけではないのと同じです。自分が願う縁を得るためにできる一番の基本は、小さな縁からつなげていくこと、と私は考えています。

 たとえば朝、服を選ぶときは一番好きな服を選ぶ。「毛玉がついてるけど、来客もないからこれでいいや」と妥協せず、ちゃんと好きなものとの縁をつなげていくわけです。ランチのときも、「面倒だからいつものお店でいいや」ではなく、一番好きなものを食べる。好きなお店、好きな食べ物との縁をつなげます。そのランチで一緒に過ごす人も、会社帰りにしたいことも、そんな発想で縁をどんどん強化していくのです。

 好きなものを選ぶということは、縁をつなげることです。同時に、自分にとってより嬉しい、大きな縁をつないでいくためのレッスンでもあります。練習もせずいきなりバイオリンを弾ける人はいませんよね。まずは弓の持ち方を覚え、ボウイングを習ってから初めて音を出せるようになり、音階をマスターしてからメロディーを奏でられるようになります。 

 同じように、身の回りの小さな縁をおろそかにしていては、パートナーや夢の実現といった大きな縁はつなげません。日々のなかで縁があることを意識し、自分が欲しいものをつなげていきましょう。そうすればだんだん、自分にとって嬉しいものや人が身の回りにあふれ、望んだご縁もやってきます。何より、自分が嬉しいのもいいところです。

 夜空にまたたく星々は、見上げただけでは点在する光の粒です。でも、人は星々をつなぐ線を見つけ、星座を作って楽しむようになりました。「ごらん、あれがオリオン座だよ」と指差してくれた人のおかげで、冬の夜空に煌々と輝く3つの星を中心とするその星座を見つけられるようになった人も多いでしょう。

 縁はつなごうと意識すれば、つないでいけます。目指す星や好きな星をしっかりつないで、あなたが望むかたちの星座を描いていっていただけたら。占いを通して縁を見つめる者として、こんなに嬉しいことはありません。

 

 次回、『2017年4月の恋愛運』は3月31日公開予定です。

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
春の幻冬舎plus感謝祭
結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!