毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2017.03.11

第6回

8オンス

牧野 伊三夫

8オンス

 ウィスキーのハイボールは、ウィスキーを炭酸で割るだけなのだが、おいしく作るにはちょっとしたコツがいる。ハイボールは炭酸の泡がプチプチと立ちのぼっていないとうまくないのだ。  
 僕は、はじめにグラスにウィスキーを注ぐ。そのあと大きめの氷を二つ、三つグラスいっぱいに入れて氷の隙間から勢いよく炭酸を落として、そのまま混ぜずに飲む。マドラーを使わずに、炭酸を落とす勢いでウィスキーと炭酸を混ぜてしまうのだ。ウィスキーの分量は、大まかに言ってウィスキー1に対して炭酸3くらいだろうか。そのときどきによってちがう。よく食中酒として飲まれる日本酒や赤ワインの度数がだいたい13から15度くらいだから、40以上度数のあるウィスキーをこの比率で割ると、それらと同じく食中に飲みやすくなるという理屈である。食後に氷を入れずに、比率を2対1くらいに変えて少し濃いめのハイボールを作り、チョコレートなどつまみながら飲むのもおいしい。    
 グラスは、8オンスのタンブラーをいつも使う。手に持った感じが好ましく、一杯飲み終える頃に氷がほどよく溶けて薄まるのがいい。これより大きいと、氷が溶けて飲み終える頃に水っぽくなってしまう。また、小さいとすぐ飲み終えてしまい、おかわりが忙しい。ウィスキーハイボールを楽しむのに、僕にはこの大きさのグラスが丁度よい。

 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

牧野伊三夫『かぼちゃを塩で煮る』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 自然の力とバリの魅力に満ちた心あたたまる物語。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 不確かな未来と冒険の物語を、その情熱で捕まえて、前へ進め!!
  • 「もう、冒険者やめたほうがいいんじゃないですか?」
  • ワケあり男女がシェアハウスに!
これは日本の悲劇でもある。
最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
全商品ポイント50%還元中<電本フェス>
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!