夕暮れの高野病院

福島第一原発から22キロ、福島県双葉郡広野町にある高野病院は、震災後も1日も休まず診療を続けてきました。病院でただ1人の常勤医として、地域の医療を担ってきたのは高野英男院長。その高野院長が、2016年末に火事でお亡くなりになり、病院の存続が危ぶまれる事態になりました。その報に接し、2017年2月~3月の2カ月間、高野病院で常勤医として働くことを決めた中山祐次郎さん。中山医師が、高野病院での日々を綴ります。

 【Day 12】

東京で過ごす日曜日。福島にいて東京に戻ると、やっぱり人が多くて大きな建物があるな、と驚く。そんな数日だけ福島に行っただけで何を、と言われそうだが、実感としてそうなのだからしょうがない。

東京には食事をするところもたくさんあるし、いろんな人がいる。外国の人もいるし、よく分からない人もいる。日本は多様性のない均一な国家だという意見があるが、東京にいる限りはそんなことはないと感じる。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

 ■中山祐次郎さんの本

『幸せな死のために一刻も早くあなたにお伝えしたいこと―ー若き外科医が見つめた「いのち」の現場三百六十五日』
ご購入はこちら(Amazon)