毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2017.02.17

第5回

映画だって観る。美談にされるのは真っ平だ。

中山 祐次郎

映画だって観る。美談にされるのは真っ平だ。

夕暮れの高野病院

福島第一原発から22キロ、福島県双葉郡広野町にある高野病院は、震災後も1日も休まず診療を続けてきました。病院でただ1人の常勤医として、地域の医療を担ってきたのは高野英男院長。その高野院長が、2016年末に火事でお亡くなりになり、病院の存続が危ぶまれる事態になりました。その報に接し、2017年2月~3月の2カ月間、高野病院で常勤医として働くことを決めた中山祐次郎さん。中山医師が、高野病院での日々を綴ります。

 【Day 12】

東京で過ごす日曜日。福島にいて東京に戻ると、やっぱり人が多くて大きな建物があるな、と驚く。そんな数日だけ福島に行っただけで何を、と言われそうだが、実感としてそうなのだからしょうがない。

東京には食事をするところもたくさんあるし、いろんな人がいる。外国の人もいるし、よく分からない人もいる。日本は多様性のない均一な国家だという意見があるが、東京にいる限りはそんなことはないと感じる。

これまで多分1000人以上の人と東京で出会ってきた。自慢ばかりする人、謙遜してばかりなのにすごい人、お金を無限とも言っていいほど持っている人……東京でいろんな人に会って思ったのは、「人は自分の人生を生きていい」ということ。好きなように生きていいということだ。

映画を観に行った。いまさらだが、去年の夏に流行った「君の名は。」だ。とても面白かった。興行収入が100億円を超えて驚いていたら、もう200億円も超えたそうだ。これで監督ほかクリエイターの方々の中には、億単位の収入を得る人もいるだろう。だとしても、一生遊んで暮らせるほどの額ではない。こんな、空前絶後の映画を作って、日本中、世界中で見られても一生食えるだけの金は手に入らないのか。

映画を観たことなんて日記に書いて公開したら、必ず「そんな時間があったら仕事しろ、患者さんのところへ行け」と批判されるだろう。しかしちゃんとバランスをとらないとね。滅私奉公のような美談にしたがるメディアは多いが、それに乗っかるのは真っ平だ。友人の、テレビ番組を作る人が「世間の、美談として消費しようとする欲望」という言葉を使っていた。なるほど、まさに。

夜の最終電車で福島へ戻る。ぼんやりと特急「いわき」に乗っていると、不思議な気持ちになる。だって、2時間ちょっと座っているだけで、全く別の土地に行くのだから。これはワープだ。そんなことを考えて幻想的な気持ちになっていたら、土浦(つちうら、上野の次の駅)で隣におじさんが座ってきた。そのおじさんのいびきがひどくて、幻想から現実へと戻された。

いわき駅で降り、向かいに止まっている常磐線に乗り換える。ボタンを押してドアを開け、乗ったらボタンを押してドアを閉めるのにはもう慣れた。そのドアシステムのおかげか、電車の中はとても暖かい。東京にいる時のほうが寒いような気さえする。

部屋に戻り、テレビを観ていたらいつの間にかコタツで寝てしまっていた。

アマゾンから届いた、フットマッサージプラスヒーター。院長デスク下でこっそり足をほぐします。

★がついた記事は無料会員限定

 ■中山祐次郎さんの本

『幸せな死のために一刻も早くあなたにお伝えしたいこと―ー若き外科医が見つめた「いのち」の現場三百六十五日』
ご購入はこちら(Amazon)

 

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人は運命を共にし、男を一人殺すことにした
  • 激動の戦後政治を牽引した田中角栄の、生き様
  • 全五巻構想、大河小説第一弾!!
心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!