窓から見えた飛行機雲

福島第一原発から22キロ、福島県双葉郡広野町にある高野病院は、震災後も1日も休まず診療を続けてきました。病院でただ1人の常勤医として、地域の医療を担ってきたのは高野英男院長。その高野院長が、2016年末に火事でお亡くなりになり、病院の存続が危ぶまれる事態になりました。その報に接し、2017年2月~3月の2カ月間、高野病院で常勤医として働くことを決めた中山祐次郎さん。中山医師が、高野病院での日々を綴ります。

* * *

【Day 6】

病院に泊まり朝起きると6時半。昨日たくさん歩いたせいか足が痛む。昨夜から民医連の支援の先生が来てくれている。ありがたい。

病院が用意してくれていた朝食を食べた。東京にいた頃は歩きながらサンドイッチを食べていたので、こちらのご飯はとても健康的だ。しかもとてもおいしい。

7時半ぐらいに私の席へ向かう。私の席は個室ではなく、事務の方たちが座っているスペースと1階のナースステーションがつながっており、ちょうどその間に私のデスクが位置している。その部屋には大きな机が置いてあり、今は亡き高野先生のデスク、椅子が置いてある。椅子には高野先生の白衣がかけてある。その机の脇に、私のデスクはある。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

 ■中山祐次郎さんの本

『幸せな死のために一刻も早くあなたにお伝えしたいこと―ー若き外科医が見つめた「いのち」の現場三百六十五日』
ご購入はこちら(Amazon)