毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2017.02.12

茅場町・長寿庵のカレー丼

菅野 完

茅場町・長寿庵のカレー丼

 初めてカリフォルニアロールを食べたのはいつ頃だろう? 確かあれは、父が「珍しいものを見つけた」と土産に持ち帰ったのではなかったか。

 何しろはっきり覚えているのは、あの外観に衝撃を受けたことだ。巻き寿司のくせにご飯が海苔より外にある。寿司の端を見ればレタスの緑がのぞいており、鮭なのかなんなのかわからない赤い魚が中に巻かれている。今でこそなんとも思わないあの姿だが、初見の時には腰を抜かすほどに驚いた。

 次に覚えているのは、「美味い!」と思ってしまった自分の味覚だ。周囲の大人たちはまるでゲテモノを食べさせられたかのようにしかめっ面をしている。口々に「気持ち悪い」だの「こんなの食べられない」だのと言っている。しかし、酢飯とマヨネーズの取り合わせや、アボガドと魚肉のとろっとした舌触りなど、私には大層美味しく感じられた。「これならもっとたくさん食べられる」と言おうとしたが、今にも癇癪を起こしそうな大人たちの顔を見て、言うのをやめたのを記憶している。

 カリフォルニアロールだけでなく、今、海外では次々に新しい「和食」が生み出されているという。聞くところによると、寿司の酢飯をワインビネガーで作ったり、釜揚げうどんにブルーチーズをかけたり、巻き寿司一本をフライにしたりと、なかなか自由奔放らしい。

「それでは日本食のイメージが崩れる!」と、最近お役所は躍起になって「トンデモ和食」の撲滅に動いているそうな。農水省は平成28年から「海外における日本料理の調理技能認定制度」をスタートさせた。外つ国で働く日本食職人の技能を指導監督し、「正しい和食」を伝導していくと意気込んでいる。

 しかし、これは困ったことになった。

 なにせ私はカレー丼が大好きなのだ。

 若かりし頃、私はひねくれ者であった。いや、今でもひねくれ者ではある。だがあの当時のひねくれ度合いは一種、形容のしようがないほど酷かった。陰鬱であり理屈っぽくあり、それでいて豪放磊落(ごうほうらいらく)を演じようとしていたのだ。そんな状態でサラリーマンをやってたのだから、当然のこととして、仕事はできても評価などされるわけがない。周りからも嫌われる。

 ある日、当時の上司が珍しく「おい。今日はサシで昼飯いこう」と誘い出してくれた。オフィスの隅で鬼のような形相をして仕事をしていた私を見かねたらしい。

 連れてこられたのは茅場町・長寿庵。テーブルに着くなり上司は「お前、今、『なんだ、蕎麦か』って思ったろう?」と言った。「だからダメなんだよ。こういう時は素直に喜ぶの。それにな、俺が今から蕎麦を食うと限ったわけじゃない。ここのカレー丼、美味いんだ。食ってみろよ。あ、お前、『なんで長寿庵で、丼なんだよ。もり一枚と、粋に頼めよ』とか思ったろう」

 上司の言うことはいちいち全部、図星だった。まさにその通りのことを思っていた。サシで昼飯とか偉そうなこと言うなら、もっと高いところ連れていけとも思っていたし、長寿庵ならサラッともり一枚でなきゃ粋じゃないと思っていた。

「そういうのがな、失敗の元。なんでも凝り固まっちゃいけねぇよ」と上司は付け加えながら、ビールを一本頼んだ。「仕事中だけど、大丈夫だよ。俺が頼んだんだ。さ、飲め」と、有無を言わせずビールを注いでくる。

「あのな」と一言発したあと、上司はビールをあおってグラスを置いた。「辞めるな。お前、辞めたいと思ってるだろう。だが、今お前に辞められたら困る。お前に仕事をさせたい。だから、みんなと仲良くなれ。そのためには、自分の仕事を誇るな。偉そうがるな。それだけでいい。そしたら、上手くいくから」

★がついた記事は無料会員限定

 『日本会議をめぐる四つの対話』(K&Kプレス)
ご購入はこちら(Amazon)

 

 

 

 

『日本会議の研究』(扶桑社新書)
ご購入はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人は運命を共にし、男を一人殺すことにした
  • 激動の戦後政治を牽引した田中角栄の、生き様
  • 全五巻構想、大河小説第一弾!!
心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!