毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2017.02.12

茅場町・長寿庵のカレー丼

菅野 完

茅場町・長寿庵のカレー丼

 初めてカリフォルニアロールを食べたのはいつ頃だろう? 確かあれは、父が「珍しいものを見つけた」と土産に持ち帰ったのではなかったか。

 何しろはっきり覚えているのは、あの外観に衝撃を受けたことだ。巻き寿司のくせにご飯が海苔より外にある。寿司の端を見ればレタスの緑がのぞいており、鮭なのかなんなのかわからない赤い魚が中に巻かれている。今でこそなんとも思わないあの姿だが、初見の時には腰を抜かすほどに驚いた。

 次に覚えているのは、「美味い!」と思ってしまった自分の味覚だ。周囲の大人たちはまるでゲテモノを食べさせられたかのようにしかめっ面をしている。口々に「気持ち悪い」だの「こんなの食べられない」だのと言っている。しかし、酢飯とマヨネーズの取り合わせや、アボガドと魚肉のとろっとした舌触りなど、私には大層美味しく感じられた。「これならもっとたくさん食べられる」と言おうとしたが、今にも癇癪を起こしそうな大人たちの顔を見て、言うのをやめたのを記憶している。

 カリフォルニアロールだけでなく、今、海外では次々に新しい「和食」が生み出されているという。聞くところによると、寿司の酢飯をワインビネガーで作ったり、釜揚げうどんにブルーチーズをかけたり、巻き寿司一本をフライにしたりと、なかなか自由奔放らしい。

「それでは日本食のイメージが崩れる!」と、最近お役所は躍起になって「トンデモ和食」の撲滅に動いているそうな。農水省は平成28年から「海外における日本料理の調理技能認定制度」をスタートさせた。外つ国で働く日本食職人の技能を指導監督し、「正しい和食」を伝導していくと意気込んでいる。

 しかし、これは困ったことになった。

 なにせ私はカレー丼が大好きなのだ。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

 『日本会議をめぐる四つの対話』(K&Kプレス)
ご購入はこちら(Amazon)

 

 

 

 

『日本会議の研究』(扶桑社新書)
ご購入はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
春の幻冬舎plus感謝祭
結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!