初めてカリフォルニアロールを食べたのはいつ頃だろう? 確かあれは、父が「珍しいものを見つけた」と土産に持ち帰ったのではなかったか。

 何しろはっきり覚えているのは、あの外観に衝撃を受けたことだ。巻き寿司のくせにご飯が海苔より外にある。寿司の端を見ればレタスの緑がのぞいており、鮭なのかなんなのかわからない赤い魚が中に巻かれている。今でこそなんとも思わないあの姿だが、初見の時には腰を抜かすほどに驚いた。

 次に覚えているのは、「美味い!」と思ってしまった自分の味覚だ。周囲の大人たちはまるでゲテモノを食べさせられたかのようにしかめっ面をしている。口々に「気持ち悪い」だの「こんなの食べられない」だのと言っている。しかし、酢飯とマヨネーズの取り合わせや、アボガドと魚肉のとろっとした舌触りなど、私には大層美味しく感じられた。「これならもっとたくさん食べられる」と言おうとしたが、今にも癇癪を起こしそうな大人たちの顔を見て、言うのをやめたのを記憶している。

 カリフォルニアロールだけでなく、今、海外では次々に新しい「和食」が生み出されているという。聞くところによると、寿司の酢飯をワインビネガーで作ったり、釜揚げうどんにブルーチーズをかけたり、巻き寿司一本をフライにしたりと、なかなか自由奔放らしい。

「それでは日本食のイメージが崩れる!」と、最近お役所は躍起になって「トンデモ和食」の撲滅に動いているそうな。農水省は平成28年から「海外における日本料理の調理技能認定制度」をスタートさせた。外つ国で働く日本食職人の技能を指導監督し、「正しい和食」を伝導していくと意気込んでいる。

 しかし、これは困ったことになった。

 なにせ私はカレー丼が大好きなのだ。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

 『日本会議をめぐる四つの対話』(K&Kプレス)
→書籍の詳細・購入はこちら(Amazon)


『日本会議の研究』(扶桑社新書)
→書籍の詳細・購入はこちら(Amazon)