毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2017.02.17

第1回

鳥鍋

牧野 伊三夫

鳥鍋
豆腐、ちくわぶ、はんぺんの白い肴のつわものどもがゆれる「白白鍋」

 東京の湯島に「鳥栄」という、昔ながらの木造の一軒家でうまい鳥鍋を食べさせる店がある。たたずまいも素晴らしく、僕はこの店が好きでたびたび行きたいと思うのだが、人気でなかなか予約がとれないうえ、住んでいる国分寺の家からも遠い。それで、その店風にゆでた鶏肉を大根おろしとうずらの生卵、醤油を入れた椀につけて食べる鳥鍋を家でよくやる。
 まず、鶏肉のいろいろな部位を一口大に切り分けてバットに並べていく。もも肉、むね肉、ささみ、砂肝、さらにハツやレバーなどの内臓も好みであれば加えるといい。そしてひき肉もあるといい。これはボウルで葱と生姜のみじん切り、片栗粉と混ぜ合わせ塩、コショウ、酒をふっておくとよい。次に、白葱を一本ばかり二センチくらいの輪切りにしておく。あとは湯をたぎらせた鍋に少しずつ入れて、ゆでながら食べるだけだ。ひき肉はカレースプーンを二本用意して、一本でボウルから掬いとって、もう一本でスプーンから鍋にたぎった湯に落とし、そのままの形でゆでる。薬味には七味や山椒、柚子こしょうなどがいい。
 食べ終えて鍋に残ったスープは酒、塩、葱のみじん切り、生姜汁を加え、ごはんにかけて食べるとおいしい。

 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

牧野伊三夫『かぼちゃを塩で煮る』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!