毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2017.02.13

第3回

看護師さんの食事介助の技術に舌を巻く

中山 祐次郎

看護師さんの食事介助の技術に舌を巻く

福島第一原発から22キロ、福島県双葉郡広野町にある高野病院は、震災後も1日も休まず診療を続けてきました。病院でただ1人の常勤医として、地域の医療を担ってきたのは高野英男院長。その高野院長が、2016年末に火事でお亡くなりになり、病院の存続が危ぶまれる事態になりました。その報に接し、2017年2月~3月の2カ月間、高野病院で常勤医として働くことを決めた中山祐次郎さん。中山医師が、高野病院での日々を綴ります。

* * *

【Day2】

早めに家を出て「ロッコク」で病院に向かう。冷たい空気を強い陽射しが突き刺す、少し寂しさを感じる朝。

車を運転しながら、ぼんやりとFM福島が聴こえる。そういえば鹿児島にいた頃もFMを聴いていた。地元の有名DJ、名前なんて言ったかな。DJポッキーだ!思い出した。南国らしい名前。

7:40には家を出たはずなのに、ずいぶんとひどい渋滞に巻き込まれた。何千人もいると言われている、復興の作業員さんの車だ。トラックもたくさんいる。己保理事長が「朝晩はロッコクはひどい渋滞です」と言っていたのはこのことだったのか。車内の暖房がきいて眠くなって来たので、車の窓を開ける。

のろのろと車の列が進むと、途中、車の事故があった。軽自動車のフロントが大きく凹んでいる。

待てよ……怪我人はどこ?

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

 ■中山祐次郎さんの本

『幸せな死のために一刻も早くあなたにお伝えしたいこと―ー若き外科医が見つめた「いのち」の現場三百六十五日』
ご購入はこちら(Amazon)

 

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!