毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2012.02.01

2012年2月

辛酸 なめ子

2012年2月

2012年2月3日 ひとり豆まき

 豆を買おうと思いながらも何度も忘れ、先日成城石井でついにいい感じの豆を購入できたので、年に一度の豆まきの儀を執り行いました。自分の中に潜む鬼も追い出す勢いで、家でひとり「鬼は外〜、福は内〜」と言いながら豆をまいて歩きました。
 昔、ベランダに体が緑色の鬼が座っているビジョンを見てから、鬼は実際に存在しているということがわかり、毎年豆まきは欠かすことができません。(今思うと緑色で爬虫類人っぽかったです。低波動の四次元にうごめき、人々の欲望を駆り立て拝金主義に導く爬虫類人も鬼の仲間なのかもしれません)
 忘れられない豆まきといえば、たしか一昨年くらいに芸能人が豆をまくお寺の節分会に行ったら、みのもんたの前のポジションになり、みのさんが投げた豆袋が顔にヒットして痛かったことを思い出します。また、さらに数年前増上寺の豆まきに行って豆まきの最中写真を撮ったら、豆よりも大量のオーブ(白い霊球)がデジカメに写り込んでいました。寺社のイベントには霊も集まってくるんですね。たしかに霊になったら、ミッドタウンやアクアシティお台場でやっているイベント情報なんてキャッチできなさそうだし、昔から決まっている伝統の祭の方が行きやすいです。ジョブズが霊界でも使える通信システムやデバイスをそのうち開発してくれると良いのですが……。

まき散らした豆を拾うときが少しわびしいです。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

【電子オリジナル書籍】辛酸なめ子『次元上昇日記 ベストセレクション50』
→試し読み・電子書籍の購入はこちら
→Amazonでの電子書籍の購入はこちら


辛酸なめ子『辛酸なめ子の現代社会学』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)


辛酸なめ子『次元上昇日記』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
朝礼ざんまい詳細・購入ページへ(Amazon)
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!