毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2017.02.08

第1回

「日本会議」は政権を牛耳る黒幕なのか?

菅野 完/古谷 経衡

「日本会議」は政権を牛耳る黒幕なのか?

日本会議の研究』(扶桑社新書)で、「日本会議ブーム」の先鞭をつけた菅野完さんと、『左翼も右翼もウソばかり』(新潮新書)などの著作で気鋭の論客として注目される古谷経衡さん。問題意識や関心領域は重なるところが多そうなお二人ですが、実は今回の対談が初顔合わせ。
 いまお二人に語り合っていただくならこれしかない! ということで、「日本会議」「憲法改正」「天皇退位」の3大テーマで、ガッツリ議論していただきました。
 第1回は「日本会議」。その実体は? そしてその影響力とは?
                       (構成:岡田仁志 写真:牧野智章)

* * *

■実体は弱小団体だが侮ってはいけない理由

古谷 菅野さんの『日本会議の研究』、大変おもしろく読みました。今日はお話しするのをとても楽しみにしていました。よろしくお願いします。
 日本会議(*1)は、僕の中では老人ホームみたいな印象の存在だったんですよ。僕は数年前まで「日本文化チャンネル桜」(*2)に出入りしていましたが、当時そこから見ていると、彼らはネットが使えなくて携帯すら持っておらず、「YouTubeって何?」という人ばかりだった。使うのは、基本はハガキでせいぜいファックスまで。まるで火縄銃で戦っているようなイメージでした。
 僕だけでなく、チャンネル桜の中では、みんな(日本会議を)バカにしてましたね。「これからのネット時代はチャンネル桜が切り開く。日本会議は近代化できていない未開の部族だ」、的な印象があった。
 ずっとそんなイメージがあったので、最近になって、「日本会議こそ安倍政権を牛耳っている黒幕だ」などと注目されるようになったことには、少し違和感がありました。
菅野さんも、『日本会議の研究』(扶桑社新書)の「むすびにかえて」で、最初は巨大組織というイメージを持って調べていったら、実は小さい団体だったと書いています。そこが、世間が誤解しているところでしょうね。

*1 日本会議――日本最大と言われる、保守系の市民団体。1997年設立。
*2 日本文化チャンネル桜――保守系の、テレビ番組制作・動画配信運営会社

菅野 日本会議を饅頭(まんじゅう)にたとえたら、いまは「皮」の部分が発酵して大きくなっているだけで、「あんこ」の部分はずっと変わらず、すごく小さいです。
 ただ、だからといって侮ってはいけない。テクノロジーの部分で、僕は古谷さんと逆の評価をしてるんです。たとえば、日本会議の実務を担っているのは日本青年協議会という団体なのですが、そこが最初にホームページを開設したのは1996年でした。

古谷 それはむちゃくちゃ早いですね。

菅野 ええ。その一方で、日本会議はいまでも、「こんなこと電子化すればいいじゃん」と思うようなことを延々と「紙」でやっています。それは、あえてそうしているような気がするんです。というのも、お年寄り相手の情報伝達には紙を使うのがいちばん確実ですし、集会に動員をかけるようなオペレーションでも紙が強い。
 もちろん、いまの時代にSNSやYouTubeを使って空中戦を展開しない手はありません。でも、たとえば武道館で憲法改正を訴える1万人規模の集会を開くといったような場合、武道館の狭い駐車場で地方組織から動員された多くのバスをさばいたり、駅から参加者を誘導したり、物販コーナーを設営したりといった、地上戦で役に立つノウハウは、すべてアナログの世界。
 駅前の街宣活動でのビラ配りもそうです。渋谷のハチ公前で、ティッシュ配りのアルバイトは受け取ってもらえなくて苦労しているのに、日本青年協議会の活動員が配るビラだけがどんどん受け取られる光景も見たことがありますよ。こういうときにモノを言うのは、主張の内容でなく、ビラを受け取ってもらうノウハウなんです。彼らには、そういうノウハウの蓄積がある。
 昔は左翼にもそれがありましたが、ノウハウを持つ人たちが高齢化して、次世代に受け継がれていません。しかし日本会議はそれができている。日本会議の実体は弱小なものですが、そういう足腰の部分が彼らの強さでもあります。

古谷 それは重要なご指摘ですね。たしかに、2014年1月の東京都知事選で、チャンネル桜やネット右翼(以下ネトウヨ)勢力が支持した田母神俊雄氏が勝てなかったのも、そういう基礎がなかったことが一因かもしれません。
 実はチャンネル桜も、2004年の創業当初は、日本会議の有形無形の人脈に頼らざるを得なかった部分があるわけですよ。あるいは保守運動の「先輩格」として遠慮している部分もあったのかもしれない。
 でも2009年に民主党政権が誕生し、「民主党政権へのアンチ」という形でインターネットを使って自力で輝けるようになったことで、日本会議を超克できる存在だと自覚するに至った。しかし一方、日本会議ほどの歴史や「格式」、そして組織力がないことも自覚しているから、後ろめたさもあって、日本会議を「時代遅れ」とバカにするようになったんでしょう。
 ……って、こんな話は世間一般には何のことかわからないかもしれませんね。日本会議もチャンネル桜も、ふつうの人から見れば同じ「右の人たち」でしょうから(笑)。アマゾンの原生林で発見された新種のイモリやカエルみたいなものです。研究者にとっては驚きの新種でも、ふつうの人にとっては同じイモリやカエルにしか見えない。

菅野 その微妙な違いが重要なわけです(笑)

★がついた記事は無料会員限定

◎菅野完さんの最新刊

『日本会議をめぐる四つの対話』(K&Kプレス)
ご購入はこちら(Amazon)


◎古谷経衡さんの最新刊

『「意識高い系」の研究』(文春新書)
ご購入はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人は運命を共にし、男を一人殺すことにした
  • 激動の戦後政治を牽引した田中角栄の、生き様
  • 全五巻構想、大河小説第一弾!!
心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!